就職情報卒業生からのエール

県大で学んだこと

永平寺町消防本部
消防総務課
宇野玄太さん
経済学部 経済学科(2015年卒)

profile福井県出身。お金の流れに興味があり本学へ。在学中は野球部に所属、キャプテンを務めた。卒業後は幼少時より興味があった憧れの消防士に。現在は総務課に所属し、日々の消防活動に加え、地域防災関係業務などを担う。

大学の4年間は、人生の中の貴重な時期。
何にでも挑戦して、スキルアップを。
 在学中の思い出は、ゼミコンです。皆で成し遂げる達成感や喜びを得られました。また、部活動などを通じて、相手の伝えたいことや求めていることを考えられるようになりました。
 大学生活は自由時間が多く、行動次第で何でも習得できる貴重な時期。私は以前から関心のあった地元消防団に入り、いろんな知識や人間関係など、多くのことを学びました。それが今の仕事につながっています。大学に育ててもらったからこそ、今後は大学のある地元に貢献していきたいです。

益茂証券株式会社
営業本部企画推進課
八杉穂乃花さん
経済学部 経営学科(2016年卒)

profile福井県出身。多分野の知識や考え方が習得でき、視野も広がると考え経済学部へ。就職後、証券外務員一種と簿記2級の資格を取得、最近はAFP資格取得を目指し、勉強中。

ゼミで学んだ知識や様々な力があるから
業務に集中でき、高めの目標も立てられる。
 在学中の思い出はゼミ! ゼミ合宿では、北海道(3年)や広島(4年)に行きました。合宿では、4年が卒論の中間発表、3年が質問。当然、発表は緊張しましたが、組み立て方や話し方、文章をまとめる力が習得でき、仕事にも役立っています。現在は、収益の集計や資料作成、議事録作成などの業務を行っています。それが完璧なら会社の業務もスムーズにいくと考え、やり方を工夫しています。大学での学びと業務、資格取得の勉強を通じて、今後は分析などにも挑戦したいです。

株式会社ふじや食品
品質保証室品質管理課
木下早紀さん
生物資源学部 生物資源学科(2013年卒)

profile福井県出身。大学時代は小麦に関する研究を行ない、食に関わる仕事に就きたいという思いから同社に入社。製品検査の仕事に携わる。修習技術者、三級惣菜管理士を取得。

地元企業や地域と密着した研究、実習を通し、
仕事に繋がるやりがいや方向性を見い出せた。
 地元・福井での就職を考えていたことと農業や動植物に興味があったことから、県大を選びました。在学中は大学祭で科学教室を開いたり、地元イベントでオリジナルメニュー開発に取り組むなど、様々な経験を通して企業や地域への理解も深まりました。現在の仕事で行う細菌検査などの操作は実験などで経験した作業と同様な点もあり、学んだことが活かされています。在学中は多くの講義を受講して広い知識を身につけ、得意な事や興味がある事を見つけておくといいですね。

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ
営業部 企画広報チーム
夏目あかねさん
海洋生物資源学部 海洋生物資源学科(2008年卒)

profile愛知県出身。卒業後、情報誌の編集者を経て、世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふへ入社。マスコミ各社の取材対応、原稿校正を始め、館内でのイベント企画や司会などを担当。

家族のような同級生たちとの小浜での暮らし。
何事にも代えがたい4年間。
 海洋生物資源学部という学部が珍しく、生物系の分野に興味があったため入学しました。2年目からの小浜キャンパスでは、一人暮らしの学生が多く、親密な友情が築けました。文化祭などで地域の人とも交流が持て、縁もゆかりもなかった福井が第二の故郷と言える大好きな場所になりました。海が目の前で実習面での環境の良さはもちろん、先生も学生も地域の人もお互いが顔の見える安心した暮らしができ、一生付き合える仲間に出会えたことは、人生の大きな財産になっています。

福井赤十字病院 看護係長
(脳卒中リハビリテーション看護認定看護師)
井口秀人さん
看護福祉学部 看護学科(2006年卒)

profile福井県出身。教員を目指し県外大学に進学・卒業するも、思うところあって看護の道へ。急性期看護と災害看護に興味があり現職場へ。東北と熊本の被災地でも活動。2016年には病院スタッフと共に専門書を制作・発行。

熱く優しい先生方の丁寧な指導と、
実習での貴重な経験が基礎になっている。
 27歳で准看護師となり、正看護師になるため本学へ。同級生より年上ながら、志を同じくする仲間同士、仲が良かったです。在学中、印象深いのは実習です。末期ガンの患者さんから命の大切さや人間らしく生きることなど、多くのことを教わりました。仕事の指針にもなっています。今後は、認定看護師としての活動の場を広げつつ、災害看護学も深めていきたいです。先生は熱くて優しい方ばかり。看護の奥深さと楽しさが学べ、自分の可能性も発見できると思います。

株式会社 福井新聞社
経営企画局
小林千裕さん
看護福祉学部 社会福祉学科(2003年卒)

profile福井県出身。在学中に事件報道におけるマスコミの影響力に興味を持ち、新聞記者を志す。8年半、幅広い分野の取材に携わり、コウノトリ支局員としても活躍。現在は管理部門で人事・労務を担当。

人への興味から始まった学びが、
仕事のすべてに生かされている。
 記者時代は事件や行政だけでなく、コウノトリ支局で田植えや地元の行事に参加し、地域に密着した取材活動も経験しました。取材の場で生かされたのは、福祉の勉強を通じて学んだ傾聴や人への接し方。これは今も私のコミュニケーションの原点になっています。家族のように過ごした同級生や熱心な先生との出会いから受けた影響も大きかったです。県大は自由な校風で卒業生の進路もユニーク。やりたいことに何でも挑戦して、自分らしい道を見つけてください。

このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 就職・生活支援課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1027 FAX : 0776-61-6012
E-mail : fpu-gakusei@fpu.ac.jp