学部・大学院生物資源学部 - 生物資源学科

学科の特徴

多彩な教員による、徹底した少人数教育。

学年あたり1名の教員が約2名の学生を担当する少人数教育で、密度の高い指導を実現しています。また、教員の約3分の1が民間企業経験者のため、実社会での視点を取り入れた、より実践的な学びが得られます。

最新の実験装置や附属施設が、実験・実習をサポート。

質量分析装置や遺伝子解析装置などの最新の実験機器を整備しています。附属施設の生物資源開発研究センターでは、広い敷地に管理研究棟、温室、畑圃場、水田が点在し、フィールド体験が容易に得られます。

世界を視野に入れた研究を推進。

食糧・医薬・化学・環境・植物資源に関わる基礎研究を推進し、世界に向けてその成果を発信します。最先端の知識を上手に用いて、福井の特色を生かした地域連携型研究を推し進め、福井の活性化に寄与します。

» 本学科で取得可能な資格・免許状

生物資源学科の4年間(カリキュラム)

1年次 生物・化学の基礎を修得する。
一般教養の広い裾野をベースに専門的知識を高く積み上げるピラミッド型の人材育成を目指し、1年次では専門教員による幅広い一般教養を学びます。理科系科目の導入教育も充実させ、生物学と化学の基礎原理をしっかり理解します。
2年次 実験・実習により応用力を養成。
2〜3年次にかけて、生物、化学、微生物学、食品生化学、生物物理化学、分子生物学、植物資源学、環境科学の実験・実習を行い、応用力を養います。県内外の研究機関・部門を訪問し、県の行政における研究機関の役割や民間企業における研究内容や生産施設についても学びます。
3年次 応用力強化と卒論の準備。
専門実験及び実習で、引き続き応用力をステップアップさせます。また、卒業論文に向けて、多様な専門科目を学びます。さらに、インターンシップや技術者倫理などで、社会との接点を学びます。
4年次 卒業論文の作成。
4年間の集大成として、卒業論文に取り組みます。マンツーマン方式による丁寧な指導で、それぞれのテーマに基づいた卒業論文を完成させます。同時に、卒論発表会などを通じて、プレゼンテーション能力を磨きます。

カリキュラム

  1年次 2年次 3年次 4年次
生物学の
基礎と応用
生物学Ⅰ・Ⅱ 遺伝学Ⅰ・Ⅱ
生化学Ⅰ・Ⅱ
植物生理学Ⅰ・Ⅱ
動物生理学
植物育種学、植物栄養学
分子生物学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、植物病理学
生物有機化学、動物資源学
細胞免疫学、施設園芸学
果樹園芸学
 
化学の基礎と応用 化学Ⅰ・Ⅱ 生物物理化学Ⅰ
分析化学、有機化学
一般微生物学
応用微生物学Ⅰ
食品化学、農産物利用学
生物物理化学Ⅱ、生物物質化学
生体高分子化学、応用微生物学Ⅱ
食品衛生学、栄養化学、農薬化学
 
生物資源学の
基礎と応用
地学概論
数学基礎
環境生物学、応用気象学
土壌学、作物資源学
生態学Ⅰ、地圏環境学
生物資源学概論
地域生物生産実習
森林生理・生態学
生態学Ⅱ、農業経営論
技術者倫理、作物学
技術者と企業
 
問題解決能力 化学実験
生物学実験
応用生物学実験
生物化学実験
生物物理化学実験、微生物学実験
食品生化学実験、分子生物学実験
植物資源学実験、環境生物学実験
科学英語Ⅰ・Ⅱ、インターンシップ
応用生化学演習、分子機能科学演習
分子生物学演習、植物資源学演習
専攻演習
卒業論文

TOPIC

バイオテクノロジーによる品種・商品開発を学生と実施。

カニ殻のような天然物や微生物を利用した植物活力剤や微生物農薬、機能性食品などの開発を行い、商品化にも成功しています。また、トマトなどの品種開発も実施中で、2017年には越のルビーに続く新品種の出荷が開始される予定です。以上全て学生と共に進行してきました。今後も若い力と柔軟な発想力に期待しています。

おもしろゼミ紹介

村井ゼミ

基礎研究から品種開発まで。
小麦の花芽形成に関する遺伝子の基礎研究を行っています。実験室での遺伝子解析によって得られた成果は、実験圃場での新品種開発へと結びつけられます。これまでに、小麦新品種「福井県大3号」(ふくこむぎ)を開発し、品種登録を行いました。現在、パスタ用のデュラム小麦品種を開発中です。
ハウスの中で小麦苗を調査。
開発した小麦から各製品の生産へ。

生物物理化学Ⅰナビゲーター/龍田 幸奈 生物資源学科4年次生

多角的な視点を身に付ける。
光合成にはどれだけのエネルギーが使われるかなど、自然界の生物におきるエネルギーの現象を物理化学の面から理解し、数式で表現します。生物を、それのみでなく物理と化学の側面からも捉えることで、ものの本質が見えてきます。この学びで身に付けた多角的な視点は、卒論の研究にも役立っています。

このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp