学部・大学院学術教養センター

バランスの良い多様な知識と、
主体的で創造的な判断力を養う。

学術教養センター長 塚原 典央

大学生として求められるもの、それは豊かな知性をそなえた頼もしい人格ではないでしょうか。わたしたち学術教養センターでは、学生のみなさんが幅広い知識を身に付け、主体的に判断する力を養うため、3つのポイントでみなさんの学修をサポートします。❶1つ目のポイントは、「少人数制の科目が充実」している点です。全員がとる「導入ゼミ」では、大学で学ぶために必要な資料収集やプレゼンテーションなどの技術を修得します。❷2つ目は、「語学教育と情報教育」に力を入れている点です。語学教育と情報教育、これらは学びの基礎力を養うために必要です。❸3つ目は、「100種類以上の多彩なテーマに渡る講義科目」を用意している点です。「恐竜学」や「福井方言と標準語」といった、福井ならではの科目をはじめ、「哲学」や、「宇宙物理学」といった、多岐にわたる分野へと知識を広めることができます。本学の教養科目は4年次生まで学ぶことができます。興味のある科目に出会ったら、とことん探究してみてください。わたしたちは、主体的に学ぶみなさんをしっかりとサポートします!

豊かな教養を育む3つのポイント

導入ゼミ

大学で学ぶための基礎を修得する科目群。

1年次前期に開講する必修の少人数ゼミ。30以上のテーマから選択します。ゼミでの実践的な活動を通して、「書く」「伝える」「議論する」などの大学の学びに必要なスキルを修得します。

語学・情報教育

英語と5種類の第二外国語。プログラミングまで学べる。

8段階のクラスに分けられた基礎英語に加え、中国語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、韓国朝鮮語を学べます。情報教育では、プログラミングから情報処理検定の受験に役立つ内容まで学べます。

多彩な講義科目

福井を学ぶ科目ほか、100種類以上の多彩な教養科目。

教養教育を専門に担当する学術教養センターでは、歴史・思想、社会・環境、地域関係科目など、多彩な講義科目を用意しています。興味のある科目がきっと見つかります。

一般教育科目一覧(自由科目)

一般教育科目ピックアップ

恐竜学

恐竜の徹底解剖−誕生・繁栄・"絶滅"−
福井県は日本の恐竜研究の中核を担い、約30年に及ぶ発掘の結果、約1億2千万年前の恐竜時代の古環境が解明されつつあります。恐竜は、発生から繁栄・"絶滅"にかけ、地球環境の変動と密接に関わってきました。近年では、恐竜の進化や移動などに大陸移動や植生などが密接に関連していることが解明されました。また、恐竜の脳など体の仕組みも詳しく解るようになり、鳥類への進化など新しい恐竜像の理解も行われています。さぁ恐竜を学び、地球を学びましょう。

匠と現代

世界に発信する価値を持つ福井の伝統文化について、熱く語る。
今日、手作りの世界が見直されています。本講義では、当代一流の匠たちに登壇していただき、福井の文化の一つの核である伝統工芸(和紙・漆・打刃物など)の展開を自ら話してもらうと同時に、世界に発信しうる伝統文化の意味をとらえ直す機会とします。モノづくりにかけた幅の広い匠たちの生き方・考え方を通して現代社会における真の「仕事」とは何かを考えます。また地域未来学として現代社会におけるそれぞれの伝統工芸の発展の可能性を見つめます。

コケの世界

しゃがんでこそみえる世界がある。
小さくて目立たず、食料にもならないのでコケにされがちなコケ。しかし、コケは自然環境の維持に大きく貢献し、日本の文化とも密接な関わりがあります。近年はコケの透明感のある美しさが注目され、インテリアとしての人気も高まってきました。この授業ではコケ観察やコケインテリア制作などを通し、コケから環境や文化について学んでいきます。

異文化理解

英語を道具として活用し、比較文化を考えよう。
日本人の海外留学に関する英文を読み解き、ネイティブ講師と共に少人数のグループで様々なディスカッションを英語で実施していきます。それぞれの国と国民が文面にどう描かれているかを、深く見つめ、考えることで、世の中の思い込みが浮かび上がってきます。これまで学んできた英語をより実践的に活用し、文化的背景を理解する力を向上させます。

福井につながる海の道

大型練習船の上から、福井を捉え直す新たな視点を獲得。
事前学習で福井の海と乗船の基礎を学んだ後、1600トンの北大練習船おしょろ丸で1泊2日の乗船実習へ。船上では、海洋調査実習などを交えながら船内生活を体験し、福井を海上から眺める視点を養います。乗船後には、事後学習のグループワークなどを実施。一連の学びを通じて、日本海沿岸の一地域である福井県と海の関わりを理解していきます。

福井の文化資源とまちづくり

福井の文化を学び、魅力あるまちづくりにつなげる。
文化とは、地域の歴史を物語る文化財や、独自の風土の中で育まれてきた衣食住などの生活文化、伝統行事、あるいは現在生きる人々が生み出す美術や音楽などの文化芸術活動まで含む、幅広い概念です。福井は素晴らしい文化の宝庫です。それらを地域固有の資源として捉えなおし、地域づくりの核として活用する手法について考えます。