学部・大学院経済学部 - 経営学科

地域社会や企業に役立つ
人材を育成します

企業経営について基礎的な理論から応用までを段階的に学びます。福井は、地域や企業の現状や課題が調べやすく、リアルな状況を見たり聞いたりして、企業や地域の課題を見つけ、解決のための具体的方策なども考えています。さらに学んだ成果を企業や行政へ提案するなど、地域社会への貢献にもつながる活動もできるという点も特徴です。経営学の知識を身につけ、地域社会や企業経営を分析する能力を養ってください。

学科の特徴

企業経営に関わる多様な学問を学ぶ

マネジメント理論をはじめ、経営戦略論、会計学・簿記原理、マーケティング、情報システムなど多彩な領域を体系的に学ぶことができます。企業経営をいろいろな視点から掘り下げます。

個性豊かな教員がいっぱい

多彩な教育は、教員の個性に富んだ研究に根ざしています。社会人経験、コンサルティング経験など、大学の枠を越えた豊富な経験を持つ教員が多数在籍。きっと、自分の個性を伸ばしてくれる教員が見つかります。

経営学と経済学を総合的に学ぶ

ミクロ・マクロ経済学など経済学科との共通履修科目を用意し、社会経済を捉えながら経営を学べます。両学科の垣根を越えて学ぶことで、知識の幅が広がります。

経営学科の4年間(カリキュラム)

1年次 経営学の基礎理論を学ぶ。
経営学の基礎理論を必修として履修し、2年次からの専門的な学びに備えます。ミクロ・マクロ経済学など両学科に共通した科目も用意されており、学科の垣根を越えた学修ができます。専門教員のもとで一般教養を広く学修できるのは本学全体の特徴です。
2年次 専門分野を学ぶための基礎ゼミ。
【前期】3・4年次に専門的なゼミを行うための基礎ゼミを開講します。1クラスあたり10名程度の少人数制を活かし、丁寧な指導を行います。
【後期】必修科目として外書講読を実施。専門的な研究に必要となる能力を高めます。
3年次 ゼミを中心に専門分野を学ぶ。
演習Ⅰ(ゼミ)が中心。全教員により開講されたゼミに分かれて、専門分野の研究を掘り下げていきます。そのために必要な知識やスキルを蓄えるために、文献講読などを行います。本格的な研究に取り組むと共に、卒論の準備を行う期間です。
4年次 4年間の総仕上げである研究活動。
大学時代の総仕上げとしての学修と研究の大切な期間です。多くの学生が、演習Ⅱ(ゼミ)で自ら課題(研究テーマ)を設定し、卒業論文に取り組みます。

カリキュラム

  1年次 2年次 3・4年次
経営理論 経営学総論Ⅰ・Ⅱ
西洋経営史
経営戦略論Ⅰ・Ⅱ
人的資源管理論Ⅰ・Ⅱ
経営財務論
経営組織論
流通論
マーケティング論
消費者行動論
日本経営史
生産管理論Ⅰ・Ⅱ
非営利組織論
広告論
産業デザイン
企業・地域 企業論 中小企業論Ⅰ・Ⅱ
地方公企業論
産業組織論
特別企画講座A
公益事業論
地域経済論
国際経営論
国際マーケティング論
比較労使関係論
欧米企業論
中国の企業と経済
韓国の企業と経営
特別企画講座B
情報・会計 統計学
簿記原理
簿記論Ⅰ
経営情報論
簿記論Ⅱ
原価計算論Ⅰ・Ⅱ
会計学Ⅰ・Ⅱ
情報システム
情報管理論
経営分析論
管理会計論
税務会計論
経済 ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
財政学、金融論
国際経済学A
マクロ経済学Ⅲ
 
法律   権利擁護と民法総則
会社法
取引法
 
外書・演習   基礎ゼミ(前期)
外書講読Ⅰ(後期)
外書講読Ⅱ・Ⅲ
ビジネス英語
演習Ⅰ・Ⅱ
卒業論文
その他の科目 キャリアデザイン概論Ⅰ・Ⅱ 民法(財産法)
福祉のまちづくり論
キャリアデザイン特論
保健医療福祉行政論
インターンシップ

» 経営学科で取得可能な資格・免許状
» 主な就職先

面白ゼミ紹介

飛田ゼミ

学生目線の"働きたい企業"とは?
飛田ゼミでは「福井県の働きたい企業を発掘」しています。毎年テーマを決め、「女性が活躍できる企業」「ものづくりと人材活用に優れている企業」「若手社員の育成に熱心な企業」などを探し出します。まずはアンケートを送付。さらに、回答企業の中から企業ヒアリング調査を実施。その結果をもとに、働きたい企業かどうか各企業について、ディスカッションし、評価を行います。
学生にとっては、会社説明会では聞けない本音を投げかけることもできるし、企業にとっては、学生が企業に何を求めているのかを知る機会にもなります。福井には目立たないけど素晴らしい企業があることを知り、就職活動にもつなげています。
飛田ゼミの様子。昨年度には、ゼミ生が「働きたい!」と思った15社から4社を選択。人事担当者を大学に招き、各社が導入する制度や働きやすさを紹介するセミナーを実施。約50名の学生が集まりました。
ダウンジャケットなどの生地で知られる企業への訪問・見学会の様子。

在学生の声

「学生は社会人と接する機会が少ないので、緊張しつつも話し方や接し方も学べて良かった」「アポイントの電話のかけ方や話し方も勉強になりました」「百聞は一見に如かず!実感です」

山崎ゼミ

学生同士で助け合い経営者に提案
山崎先生の研究テーマは中小企業論、企業間連携です。中小企業論を知り、語るには、まず経営者に話を聞こう!ということで、山崎ゼミでは青年経営者会の協力のもと、ゼミ合宿として経営発表会&交流会を行っています。
経営者の方々から課題をもらい、それに対する各企業への提案を考えてプレゼン。プレゼンは3年次生ですが、まだまだ未熟、不安が残ります。そこで、4年次生が指導者となります。自分達の経験を後輩へと伝えていくことでOB・OGとのつながりが強くなります。これがゼミの特徴の一つにもなっています。
「発表会を通じて、経営者の生の声と多様な側面を感じてほしい。五感で感じたことは、人生の糧になりますから」
発表会終了後、各経営者からの感謝や激励、時には課題につながる数々の言葉は、学生達の自信と誇りになります。
山崎ゼミの様子。このゼミを選んだ理由は様々。「このゼミで成長できると勧められた」「起業に興味があった」「中小企業のことを知りたかった」「経営者の本音が聞ける」など。

在学生の声

4年次生の学生達。

3年次のゼミ合宿の感想は、「貴重な経験。学生からの提案について経営者の方々が興味を持って評価してくれたことがうれしかった。」「経営者の視点で考えることができた」「積極性に欠ける発表に"今の学生は受け身だ"との評。もっと積極的になろうと決意した」

学生からのメッセージ

ゼミやサークルでの経験を仕事に生かしたい。岸本 莉加子さん

経済の勉強がしたくて入学しました。入学後、さらによかったと実感したのは、大きすぎない大学の規模です。先生と学生との距離が近く、疑問や質問があればすぐに聞きにいける環境です。厳しさはありますが、どの先生方もフレンドリーです。
3年次からは、以前から興味のあったマーケティング論を学ぶため北島ゼミへ。心理的要素が強く影響するマーケティング論は想像以上に面白い。それに、SMAPのゼミコン(16ページ参照)では最優秀賞を受賞。伝えることの大切さも実感できました。
将来は、マーケティング業務に就きたいと考えていますが、企画を考え提案もできる営業職を目指しています。そしてカッコいい女性になれるよう、日々、頑張りたいです。

ゼミ合宿はフェリーで北海道へ。「ゼミコンに向けたゼミ合宿なので、航行中の約10時間は猛勉強です!その後は、北海道のいろんなところを視察。北島先生とゼミ生で楽しい時間を過ごせました」

キッズボランティアサークル れいんぼーとハンドボール部にも所属。「ボランティアでは企画も考え実施。長期移動型"全力キャンプ"は貴重な経験でした。ハンドボールは1年時に設立。目標を見つけて努力することの大切さや達成感を味わいました」

いろんな視点や考え方を知って、視野を広げ、知識を深める。橋本 憲さん

経営学は就職にも役に立つと考え、ここを選びました。今、境先生のもとで学んでいるのは、企業の財務状況評価です。財務諸表を取得し、その企業を多方面から分析、深読み、経営状況を考えています。2~3人のグループで取り組むのですが、やはりそれぞれにヒットする視点が異なり、その意見を聞くだけでも発見があり、勉強になります。また、レポートは約2万字の文章で構成。あまりの文字量の多さにかなり苦労しましたが、文章力は確実にアップしました。
本学は自由な校風ですが、その反面、自主性が求められます。自ら考え、計画を立て、実行・実践することで力がついてきます。そしてその行動は常に先生方や先輩が優しく、時には厳しく見守ってくれるのです。

境ゼミの様子。

小学校から高校まで野球に親しみ、大学ではソフトボール部へ。「部員は約60名。皆、仲が良く、楽しい雰囲気で活動中です」

橋本さん曰く、「財務状況が気になる企業はいくつもある」とか。財務状況を知ることで、経済学の視点も持てるようになります。

このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp