学部・大学院経済学部 - 経済学科

学科の特徴

理論と地域に根ざしたグローバルな教育。

経済理論を基礎に、福井から東アジアまで、グローバルな研究・講義を実施しています。学生の交換留学、教員の国際的な研究交流も活発に展開。中国、ロシアを出身とする教員も在籍しています。

実体験を重視した研究活動。

国内の各企業訪問や、中国経済を直に学ぶ現地学習、農業・食糧問題を考える現場体験、地元のまちづくり活動への参加など、実体験を重視した研究活動を行うことで、社会経済を肌で感じることができます。

垣根を超えた経営学科とのつながり。

経営学総論、企業論、簿記原理など、経営学科との共通履修科目があります。両学科の垣根を越えて、経営の視点からも経済学を学ぶことで、知識の幅が広がります。

» 本学科で取得可能な資格・免許状

経済学科の4年間(カリキュラム)

1年次 経済学の基礎理論を学ぶ。
経済学の基礎理論を必修として履修し、2年次からの専門的な学びに備えます。経営学総論、企業論、簿記原理など両学科に共通した科目も用意し、垣根を超えた社会経済の学修ができます。専門教員のもとで一般教養を広く学修できるのは本学全体の特徴です。
2年次 専門分野を学ぶための基礎ゼミ。
【前期】3・4年次に専門的なゼミを行うための基礎ゼミを開講します。約100名の学生に対し10名程度の教員が担当する少人数制を活かし、丁寧な指導を行います。
【後期】必修科目として外書講読を実施。専門的な研究に必要となる能力を高めます。
3年次 ゼミを中心に専門分野を学ぶ。
演習Ⅰ(ゼミ)が中心。全教員により開講されたゼミに分かれて、専門分野の研究を掘り下げていきます。そのために必要な知識やスキルを蓄えるために、文献講読などを行います。本格的な研究に取り組むと共に、卒論の準備を行う期間です。
4年次 4年間の総仕上げである研究活動。
大学時代の総仕上げとしての学修と研究の大切な期間です。多くの学生が、演習Ⅱ(ゼミ)で自ら課題(研究テーマ)を設定し、卒業論文に取り組みます。

カリキュラム

  1年次 2年次 3・4年次
理論・歴史 ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ
西洋経済史、経済数学
経済学史、世界経済論
マクロ経済学Ⅲ、経済人口学
政治経済学、日本経済史
アジア経済史
政策   経済政策、産業組織論
財政学、中小企業論Ⅰ・Ⅱ
金融論、国際経済学A・B
労働経済学、文化経済学
特別企画講座A
地方財政論、地域経済論
社会保障論、公益事業論
農業経済学、環境経済学
特別企画講座B
統計・情報 統計学 計量経済学、経済統計学 ファイナンス理論
国際   中国経済論、アジア経済論
ロシア経済論、アメリカ経済論
環日本海経済論
開発経済論、中国の企業と経済
移行経済論
経営 経営学総論Ⅰ・Ⅱ
企業論、簿記原理
会計学Ⅰ・Ⅱ  
法律   権利擁護と民法総則
会社法、取引法
 
外書・演習   基礎ゼミ(前期)
外書講読Ⅰ(後期)
外書講読Ⅱ・Ⅲ、ビジネス英語
演習Ⅰ・Ⅱ、卒業論文
その他の科目 キャリアデザイン概論Ⅰ・Ⅱ 民法(財産法)
福祉のまちづくり論
キャリアデザイン特論
保健医療福祉行政論
インターンシップ
※その他、経営学科専門科目も履修できます。

TOPIC

学生たちの議論の場、SMAPインターゼミナール・コンテスト。

通称「ゼミコン」は、学生約80名が参加する大規模な研究発表会で、毎年12月に開催されます。有志教員による学科の垣根を越えた企画として11年目を迎えました。学生たちは数ヶ月前から研究室等に集まり、熱い議論を戦わせて研究内容をまとめます。学生の準備する豊かな資料・鋭い分析から教員も大いに学んでいます。

おもしろゼミ紹介

桑原ゼミ

とりあえず街に出よう。
経済は生き物であり、地域の経済も刻々と変わります。時代がひとまわりすると、古臭いものもCool Japanへと変わってゆきます。理論を学んだら、書を捨て街に出よう! そしてまた戻って再度理論を勉強してみると、"わからないこと"が分かってきます。 その繰り返しが卒業論文へと繋がってゆくのです。
三国祭の山車を見学。
フィールドワーク後のワークショップ。

環日本海経済論ナビゲーター/坂口 知穗 経済学科4年次生

生の声で、アジアの今を知る。
東アジアを中心に、ASEAN(東南アジア諸国連合)やCLMV※の経済発展及び日本の対応などについて、現地駐在経験者を招いて話を伺います。このゼミでの学びで、今まで興味がなかったCLMVを知ることができました。※ASEANの中で比較的経済開発の遅れた、後発 ASEANと呼ばれるカンボジア・ラオス・ミャンマー・ ベトナムの4か国。

このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp