経済・経営学研究科

学びの面白さを実感し現場に役立てる

経済・経営学研究科長/経済学修士  新宮 晋 

 当研究科は、大きく2つの専攻に分かれています。1つは経済学に基礎を置き、経済学基礎、地域公共政策、国際経済、特別講義、演習の区分を置く「地域・国際経済政策専攻」。地域公共政策と国際経済の研究を主眼とし、経済政策の判断力、政策形成能力および研究遂行能力を身につけます。
 もう1つは経営学に基礎を置き、マネジメント、企業会計・法務、国際経営、特別講義、演習の区分を置く「経営学専攻」(ビジネススクール)。企業経営・管理に求められる専門職能の研究を主眼とし、経営の理論と実践とを融合した高度な専門的能力の修得を目指します。
 学部卒業後継続して学修・研究を目指す学生はもとより、留学生、社会人、定年退職者の受け入れも行い、専門的知識・能力を有する人材の育成と、より高度な学術研究を推進しています。

概要 

 博士前期課程地域国際経済政策専攻では、地域経済および地域公共政策に関することをはじめ、最先端の経済理論および地域公共政策に関することや環日本海諸国の経済に関する研究・教育を行っています。

 博士前期課程経営学専攻(ビジネススクール)では、マネジメント、企業会計・法務、マーケティング・地域産業、国際経営の実践的な科目を取り入れた実践的な教育や地域産業界と連携した研究を行っています。
博士後期経済研究専攻では、学部、博士前期課程を基礎に理論と政策を一体化した高度な学術研究や北東アジアなどの地域に根ざした国際水準にふさわしい研究を行います。

 研究内容

地域・国際経済政策専攻(博士前期課程)

 歴史や文化など地域性も踏まえたうえで、国際的な経済政策や地方自治体の行政運営について研究をすすめます。このことにより、高度な政策形成能力を有する実務家や優れた研究者の養成を目指します。

経営学専攻=ビジネススクール(博士前期課程)

 企業などで活躍する社会人が、経営学の理論を踏まえた実践的な問題解決能力を身につけることを目指して、国際的視野に立った、経営理論と課題解決能力を修得します。このことにより、高度な専門職業人の養成を目指します。税理士試験の科目免除も可能です。

経済研究専攻(博士後期課程)

 学部、博士前期課程を基礎とし、理論と政策を一体化した高度な学術研究を推進し、自立した研究者の養成を図ります。日本国内はもとより、北東アジアなどの地域にも根ざした、国際的水準にふさわしい研究を重視します。

院生の声 

 松田泰明さん

 地域・国際経済政策専攻 松田 泰明 さん

 県大の学部に在籍していたときから経済学についてもっと学びたい、研究したいと思っていたので大学院に進学しました。学部からの内部進学者、留学生、会社に勤めている社会人の方、定年退職後再び学ぶために入学された方など幅広い年齢層の方々が在籍しているというところが県大の大学院の特徴であると思います。教授やスタッフも優秀な方がたくさんいます。興味のある方はぜひ、県大の大学院で研究してください。

長期履修制度

 職業を有している等の事情により、2年(後期課程は3年)では履修が困難な場合、2年(同3年)分の授業料で3年または4年(同4年、5年または6年)かけて履修することができます。

その他

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp