学部・大学院海洋生物資源学部 - 海洋生物資源学科

学科の特徴

海・河川・湖沼に関わる幅広い教育と研究。

海洋生物資源学部の教育と研究の特徴は、自然科学から社会科学まで多様な分野をカバーしていることです。海・河川・湖沼に関わる諸問題に、様々な視点から取り組み、卒業生の活躍も多種多様です。

御食国みけつくにの伝統あふれる小浜で学ぶ。

海産物などを朝廷に献上していた「御食国」小浜。豊富な水産資源に根差した、伝統的な文化と歴史が息づくこの地で、より専門的な分野を学ぶとともに、地域との交流を深めて行きます。

世界でも有数の先進設備・機器が充実。

海洋生物資源臨海研究センターや海洋環境工学実験棟などには、世界でも有数の先進的な設備・機器が備わっています。少人数教育と多面的な学問領域によって培われた探求心を支えています。

» 本学科で取得可能な資格・免許状

海洋生物資源学科の4年間(カリキュラム)

1年次 専門分野の基礎科目を学ぶ。
専門科目を学ぶための基礎科目を修得します。
2年次 専門分野の講義と実験・実習。
専門科目のうち、必修科目を中心に履修し、海洋生物資源学のベースを作ります。
3年次 専門分野の講義と実験・実習。
専門分野の応用科目を学びます。後期には各研究室で、卒業研究の準備に入ります。
4年次 大学生活の総仕上げ。
卒業研究を論文としてまとめ、学会形式の発表会を行います。

カリキュラム

  1年次 2年次 3年次 4年次
専門
基礎科目
(必修)
海洋生物資源学フィールド演習
生物学Ⅰ・Ⅱ、化学Ⅰ
数理科学基礎
化学Ⅱ
生物学実験
化学実験
   
専門
応用科目
(必修)
科学者および技術者の倫理
生化学、藻類学概論
微生物学概論、海洋生物学
動物生理学
大気・海洋学概論
水産資源利用学
水産経済学
基礎演習(後期) 専攻演習
卒業論文
専門
応用科目
(選択)
地学概論 分子生物学、魚類学
山川里海連関学
漁業学
海洋生物資源学特別講義Ⅴ
生態遺伝学
藻類生理学
進化系統学
水産増殖学
細胞免疫学
水族病理学
水産資源学
資源管理論
生物資源統計学
 
食品化学
海洋生物資源学特別講義Ⅱ
食品工学
食品保全学
食品微生物学
食品栄養学
食品安全管理論
生物資源分析化学
沿岸海洋学
環境水理学・同演習
水圏微生物生態学
海洋地質学
水産施設工学
海洋環境工学
沿岸生態工学
水圏環境科学
浮遊生物学
食品流通論
食品経済組織論
海洋生物資源情報論
水産経営学
漁業制度論
国際漁業論
実験・
実習科目
(選択)
  地域活性化演習
海洋生物工学実験
海洋生物学実験
食品化学実験
食品流通調査
保全生態学実習
海洋微生物生態学実験
海洋環境工学実習
食品工学実験
水産情報演習
 
科学英語     科学英語Ⅰ、Ⅱ  
インターン
シップ
    インターンシップ  

TOPIC

漁業被害や海上の安全確保に貢献する「急潮予測システム」。

福井県沿岸域の定置網に甚大な被害を与える急潮の発生するメカニズムを、福井県水産試験場等と共同して解明。急潮の発生状況を把握できる観測体制と予測する手法を確立しました。事前の情報提供により、漁業被害の削減や海上における安全の確保に貢献しています。新たな海の環境情報の開発も、この学科の研究内容のひとつです。

おもしろゼミ紹介

田原ゼミ

淡水魚類の生息環境を守るために。
淡水カジカ類は、淡水魚のなかでも遊泳・遡上能力が最も弱いため、河川に設置されるダムや堰などの河川工作物によって移動範囲が狭くなり、生息地の分断化が生じています。カジカ類を対象に研究を行うことで、河川の生息環境の改善や、魚の移動を回復する魚道の設置効果を検証しています。
電撃捕獲機で魚を気絶させ、研究対象の魚を捕獲。(特別採捕許可のもと実施)
石の隙間が多い川底に生息する淡水カジカ類。

藻類学概論ナビゲーター/中島 壽視 海洋生物資源学科3年次生

海藻の未知なる姿に感動。
約40億年前に誕生した藻類の成り立ちから、環境に合わせて無数に展開した多様性、藻類が周囲に与える影響、人間にとっての利用法などを学びます。海藻には食品のイメージしかありませんでしたが、種類で異なる生息の姿や、共生する生物の存在などがわかり、非常に興味深かったです。

このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp