学部・大学院看護福祉学部 - 看護学科

学科の特徴

経験豊富な教員による少人数教育。

経験豊かな教員が、マンツーマン方式の少人数教育で指導します。人権尊重と擁護を根幹とするヒューマンケアの理念に基づき、看護の知識と技術、倫理観に裏付けられた実践力を育成します。

専門職体験と人間的成長につながる実習体験。

実習では福井県立病院をはじめとする総合病院、県や市町の行政機関など、様々な現場で学びます。生死の現場に触れる実習体験は、学生に専門職としての自覚と人間的成長を促します。

看護師国家試験の高い合格率と、保健師と養護教諭への道。

看護師国家試験の合格率は高い水準にあります。また、選択によって保健師国家試験受験資格、養護教諭一種免許状を取得することができます。

» 本学科で取得可能な資格・免許状

看護学科の4年間(カリキュラム)

1年次 看護の基礎、共通科目を学ぶ。
一般教養や社会福祉学科との共通関連科目、専門基礎科目などを履修します。専門科目では、基本的な看護の技術や、人間の身体の仕組み、疾病とはどういうものかといった看護の基礎を学びます。
2年次 臨地実習に向けた準備。
人の一生に視点を当てた「ライフサイクルと看護」や地域との関係を考える「広域看護」の専門科目が加わります。2年次〜3年次前期にかけて、臨地実習への準備を整えます。
3年次 看護の実践能力を修得。
3年次9月からの6か月間は看護学実習です。医療施設で多様な人々との相互関係の中で、広く深く看護の実践能力を身につけます。保健師をめざす人は看護学実習終了後、公衆衛生看護学の知識を学修し、4年次の実習に備えます。
4年次 看護の統合。
最終の実習「看護マネジメント実習」を行います。「看護管理」や「災害看護」など、看護の応用へと学修領域が広がります。卒業研究では看護職として日進月歩の医療保健状況を把握するための能力を育みます。

カリキュラム

  1年次 2年次 3年次 4年次
共通
関連
科目
公衆衛生学
精神保健Ⅰ
福祉のまちづくり論
保健医療福祉行政論
居住福祉論
福祉工学(自助具・介護機器)
社会福祉調査A・B
   
専門
基礎
科目
解剖生理学Ⅰ・Ⅱ
臨床病態学Ⅰ・Ⅱ
社会保障・社会福祉概説
臨床栄養学
臨床薬理学
病態生理学
感染症学
保健統計学
疫学
   
専門科目 看護の
基礎
看護学原論Ⅰ・Ⅱ
基礎看護技術Ⅰ・Ⅱ
基礎看護学実習Ⅰ
基礎看護学実習Ⅱ
基礎看護技術Ⅲ
フィジカルアセスメント
  看護倫理学
ライフ
サイクル
と看護
  母性看護学概論
小児看護学概論
母子保健学
成人看護学概論
緩和ケア論
成人急性看護学
成人慢性看護学
老年看護学概論
老年看護学
母性看護学
母性看護学実習
小児看護学
小児看護学実習
成人急性看護学演習
成人急性看護学実習
成人慢性看護学演習
成人慢性看護学実習
療養生活マネジメント実習
老年看護学演習
老年看護学実習
 
広域看護   精神看護学概論
精神看護学
家族看護論
在宅看護論
公衆衛生看護学概論
保健指導論
公衆衛生看護活動論Ⅰ
学校保健Ⅰ
精神看護学演習
精神看護学実習
在宅看護演習
在宅看護実習
公衆衛生看護活動論Ⅱ
公衆衛生看護技術Ⅰ(地域診断)
公衆衛生看護技術Ⅱ(個人・家族)
公衆衛生看護技術Ⅲ(集団・組織)
公衆衛生看護管理論
産業保健論
学校保健Ⅱ
公衆衛生看護学実習Ⅰ
公衆衛生看護学実習Ⅱ
看護の
応用と
発展
    看護研究方法論
看護管理学
卒業研究
看護マネジメント実習
看護教育学
災害看護学
基礎看護発展セミナー
成人看護発展セミナー
老年看護発展セミナー
小児看護発展セミナー
母性看護発展セミナー
精神看護発展セミナー
在宅看護発展セミナー

TOPIC

病院内の看護職に向けた研修企画の支援活動。

看護職は看護実践の傍ら、病院内で多くの研修会を企画しています。病院における研修企画の計画・実施・評価プログラムを看護学科教員が考案し、複数の病院の研修企画者(看護職)に平成22年から継続して支援活動を行っています。学生にもサポートしてもらい、キャリアイメージに繋がってくれることを期待しています。

なっとく実習紹介

家庭に出向いて看護!
看護学科では、3年次後期から、成人急性期・慢性期、老年、母性、小児、精神、在宅、公衆衛生など、あらゆる場での看護学実習を行います。在宅看護領域では、県内約20か所の訪問看護事業所がフィールド。実際に在宅療養されている方のお宅に訪問する看護実践は、一生忘れられない体験となります。
在宅看護実習で受ける、訪問看護管理者からのオリエンテーション。
生活の場から在宅看護とはなにかを学ぶため、訪問看護師と共に対象者宅を訪問。

基礎看護技術ナビゲーター/林 学 看護学科2年次生

本質を知り、学びを重ねる。
ベッドメーキングなど基本を学ぶ技術Ⅰにはじまり、看護に必須の対人コミュニケーションなどを学ぶ技術Ⅱ、採血など診療に必要な技術を学ぶ技術Ⅲまで、それぞれ実習を挟みながら看護の現場で使う技術を学修します。「なぜそうすることが必要なのか」という根拠を重視することで、将来に役立つ応用力が身に付きます。

このページのお問い合わせ先

経営企画部 研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp