学部・大学院看護福祉学部 - 看護学科

豊かな人間性をもった看護師・保健師を目指して

人間や環境の理解、社会の仕組みなどの知識を統合し、幅広い視野で知性と感性を磨き、倫理観に裏付けされた人々の生活を支援する専門家としての看護職を育成しています。学習方法は教室での講義以外に、演習を多く取り入れています。また、実習は病院等の施設で患者さんや地域住民に対して、看護を実践し、対象の理解を深めるとともに専門知識と技術を身につけます。

看護学科の特徴

経験豊富な教員による少人数教育

経験豊かな教員が、マンツーマン方式の少人数教育で指導します。人権尊重と擁護を根幹とするヒューマンケアの理念に基づき、看護の知識と技術、倫理観に裏付けられた実践力を育成します。

専門職体験と人間的成長につながる実習体験

実習では福井県立病院をはじめとする総合病院、県や市町の行政機関など、様々な現場で学びます。生死の現場に触れる実習体験は、学生に専門職としての自覚と人間的成長を促します。

看護師国家試験の高い合格率と、保健師・養護教諭への道

看護師国家試験の合格率は高い水準にあります。また、選択によって保健師国家試験受験資格、養護教諭一種免許状を取得することができます。

» 本学科で取得可能な資格・免許状

看護学科の4年間(カリキュラム)

1年次 看護の基礎、共通科目を学ぶ。
一般教養や社会福祉学科との共通関連科目、専門基礎科目などを履修します。専門科目では、基本的な看護の技術や、人間の身体の仕組み、疾病とはどういうものかといった看護の基礎を学びます。
2年次 臨地実習に向けた準備。
人の一生に視点を当てた「ライフサイクルと看護」や地域との関係を考える「広域看護」の専門科目が加わります。2年次〜3年次前期にかけて、臨地実習への準備を整えます。
3年次 看護の実践能力を修得。
3年次9月からの6か月間は看護学実習です。医療施設で多様な人々との相互関係の中で、広く深く看護の実践能力を身につけます。保健師をめざす人は看護学実習終了後、公衆衛生看護学の知識を学修し、4年次の実習に備えます。
4年次 看護の統合。
最終の実習「看護マネジメント実習」を行います。「看護管理」や「災害看護」など、看護の応用へと学修領域が広がります。卒業研究では看護職として日進月歩の医療保健状況を把握するための能力を育みます。

カリキュラム

  1年次 2年次 3年次 4年次
共通
関連
科目
公衆衛生学
精神保健Ⅰ
福祉のまちづくり論
保健医療福祉行政論
居住福祉論
福祉工学(自助具・介護機器)
社会福祉調査A・B
   
専門
基礎
科目
解剖生理学Ⅰ・Ⅱ
臨床病態学Ⅰ・Ⅱ
社会保障・社会福祉概説
臨床栄養学
臨床薬理学
病態生理学
感染症学
保健統計学
疫学
   
専門科目 看護の
基礎
看護学原論Ⅰ・Ⅱ
基礎看護技術Ⅰ・Ⅱ
基礎看護学実習Ⅰ
基礎看護学実習Ⅱ
基礎看護技術Ⅲ
フィジカルアセスメント
  看護倫理学
ライフ
サイクル
と看護
  母性看護学概論
小児看護学概論
母子保健学
成人看護学概論
緩和ケア論
成人急性看護学
成人慢性看護学
老年看護学概論
老年看護学
母性看護学
母性看護学実習
小児看護学
小児看護学実習
成人急性看護学演習・実習
成人慢性看護学演習・実習
療養生活マネジメント実習
老年看護学演習・実習
 
広域看護   精神看護学概論
精神看護学
家族看護論
在宅看護論
公衆衛生看護学概論
保健指導論
公衆衛生看護活動論Ⅰ
学校保健Ⅰ
精神看護学演習・実習
在宅看護演習・実習
公衆衛生看護活動論Ⅱ
公衆衛生看護技術Ⅰ(地域診断)
公衆衛生看護技術Ⅱ(個人・家族)
公衆衛生看護技術Ⅲ(集団・組織)
公衆衛生看護管理論
産業保健論
学校保健Ⅱ
公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ
看護の
応用と
発展
    看護研究方法論
看護管理学
卒業研究
看護マネジメント実習
看護教育学
災害看護学
基礎看護発展セミナー
成人看護発展セミナー
老年看護発展セミナー
小児看護発展セミナー
母性看護発展セミナー
精神看護発展セミナー
在宅看護発展セミナー

» 看護学科で取得可能な資格・免許状
» 主な就職先

授業ピックアップ

成人急性看護学演習【山﨑先生】

患者さんを尊重する急性期看護
症状が急激に現れ、医療を積極的に受けなければ生命の危機に陥る状態、つまり急性期。その状態の方々に対する看護を提供するために、研究、教育、活動しているのが山崎先生。
「救急の現場では、迅速な処置や治療が最優先です。だからこそ、危機的な患者さんや家族に対して、ケアの優先順を判断できること、さらに、対象(相手)の尊厳を尊重した思いやりのある配慮や気遣いができることが大切です。
たとえば、公衆の面前でのAED使用。的確に安全にAEDを使用するとともに、肌の露出などを配慮してプライバシーを守る環境を作れるかどうか。つまり、助けたいという熱い気持ちに加え、知識に裏付けされた安全なケアや処置、さらに相手の尊厳を守れるかどうか。
「大学では看護の理論やケア方法、その根拠も学べますが、相手の状況や気持ちに向き合い"考える力"を身につけてほしい。4年間でより多くの人と関わりあい、話し、交流することで、その力の基礎ができると思います。急性期看護に必要なことは、エビデンスに基づき、安全で安楽、迅速で正確であること、それに加え、相手のことを考え思いやる心なのです。
成人急性看護学の授業で、この日はAEDの使い方を学びました。チームに分かれて手順を確認するだけでなく、他のチームに対して指導する場面も見られました。相手に説明できるレベルになれば理解度も増し自信につながります。(山﨑先生)

基礎看護技術Ⅲ【笠井先生】

看護者としての土台を築く4年間
笠井先生が担当している基礎看護技術Ⅲでは、診療に伴う技術を学習します。診療に伴う技術のひとつに「注射」があります。与薬に関する基礎知識、薬剤の準備、皮下・皮内・筋肉内・静脈内の注射の方法等を学びます。手順を覚えるだけでなく、なぜそうするのかという根拠を理解し実施することが重要です。
「看護ケアの実践は看護者の「人となり」が反映されます。看護者として患者さんやそのご家族にあたたかいまなざしを向けながら、必要な看護ケアを心をこめて実践できる看護者になってほしいと願っています。そのためには大学生時代に自らいろいろなところに出向き、直接、体験し人と関わり多様な価値観に触れ他者を理解してほしい。人として成長するためには他者から学ぶことが最も大切なのです」
基礎看護技術の講義では、学生が看護者としての土台を築いていけるよう、教員のチーム力をいかし指導しています。
写真(左)は酸素吸入、写真(右)は吸引の技術演習の様子。学生は教員のデモンストレーションを見学したあと、グループに分かれて練習します。

学生からのメッセージ

ケア技術の根拠を学び、繰り返し練習することで自分の力になる。(左から)久保 菜緒子さん、髙山 千里さん、三井 啓介さん

養護教諭を目指しています。精神看護学は、日常生活にも役立つ知識や情報が満載で楽しいです。(久保さん)
基礎看護学は、ほぼ毎回実技です。細かな手順を覚えるのに精一杯ですが、繰り返して練習することで、確実に習得できていると実感しています。(髙山さん)
山﨑先生の授業は、楽しくてユーモアにあふれています。指導はコツコツゆっくり、丁寧な説明なので、しっかり学ぶことができています。(三井さん)

練習とはいえ皆、真剣な表情でAEDを使い、感触を確かめていました。

仲間それぞれの意見が自分の知識にもなる。酒井 みゆさん

「将来の夢は、認定看護師になることです!」(酒井さん)

地元出身で、自宅から通える本学を選びました。勉強は難しいですが、仲間と一緒だといろんな考え方や方法が学べ、すべてが参考になります。2年の夏休みは病院実習(1週間)があり、実際に患者さんを受け持つ予定です。これまでの学びがどれだけ生かせるか、自分自身に期待しています。

誰かの人生を支える看護師になりたい。須藤 楓さん

「看護以外の、他の学部の先生に話を聞きにいくこともあり、これぞ総合大学の強みだと実感しています」(須藤さん)

誰かのためになること、誰かの人生を変える存在でありたいと考え、看護の道を選びました。看護技術の授業は看護の基礎力となるので、毎回真剣、集中して学んでいます。それと、コミュニケーション力も重視していて、どう話すと相手は心を開くのかを学ぶロールプレイの授業も興味深いです。

このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp