学部・大学院看護福祉学部 - 社会福祉学科

学科の特徴

看護学科との共通関連科目で、医療・保健の知識を修得。

健康の概念や病気・障害の特性を知ることも、社会福祉士や精神保健福祉士が相談・援助活動を行うときに重要な情報の一つとなります。看護学科との共通関連科目で、実践で役立つそれらの知識を幅広く得ることができます。

少人数教育で、きめ細やかに学修指導。

2人の学生に教員1人が対応する、徹底した少人数方式で指導します。多彩な専門分野の教員が学生の個性を尊重しながら、福祉現場での実習から卒業研究、資格取得まできめ細やかな学修指導を行います。

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格、ならびに教員免許状の取得。

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格を取得することが可能です。さらに教職課程を選択すれば、高等学校教諭一種免許状(公民/福祉)を取得することができます。

» 本学科で取得可能な資格・免許状

社会福祉学科の4年間(カリキュラム)

1年次 社会福祉の基本と共通科目を学ぶ。
一般教育を広く学ぶとともに、共通関連科目で医療・保健・福祉などについて幅広く知識を身につけます。また社会福祉概論などの専門科目の学修も始まり、ソーシャルワーカーとなるための視野を広げていきます。
2年次 専門科目の学びが本格的に。
専門科目の学修が増え、社会福祉についてより深く学んでいきます。さらに基礎演習(ゼミ)では、情報収集やプレゼンテーションの方法などの勉学の基本的な技術も学びます。
3年次 援助技術を身に付け、現場実習を行う。
ソーシャルワーク演習などを通して、ソーシャルワーカーとして必要な価値・知識・技術などを習得し、後期には県内の社会福祉関係機関や施設で約1ヶ月半のソーシャルワーク実習(選択)を行います。
4年次 卒業研究に取り組み、ソーシャルワーカーとして飛躍する。
前期には、精神保健ソーシャルワーク実習(選択)を行います。また4年間の勉学の総まとめとして卒業研究を提出します。さらに2つ(社会福祉士・精神保健福祉士)の国家試験や公務員試験の受験に向けて、学科内でのサポート体制も整え、ソーシャルワーカーとして活躍できるよう応援します。

カリキュラム

  1年次 2年次 3年次 4年次
共通関連科目 公衆衛生学
精神保健Ⅰ
居住福祉論
福祉のまちづくり論
保健医療福祉行政論
福祉工学(自助具・介護機器)
社会福祉調査A・B
   
専門科目 社会福祉学概論
社会保障論
児童福祉論
ソーシャルワーク論Ⅰ
社会学概論
法学概論
憲法原論
現代人権論
社会学
経済学
医学概論
発達心理学Ⅰ
精神医学Ⅰ・Ⅱ
高齢者福祉論Ⅰ・Ⅱ
障害者福祉論
社会福祉発達史
地域福祉論、国際福祉論
介護概論
ソーシャルワーク論Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
ソーシャルワーク演習Ⅰ
ソーシャルワーク実習指導Ⅰ
行政法、経済政策
生涯発達学、発達心理学Ⅱ
心理学概論、精神保健Ⅱ
精神保健福祉論
精神保健ソーシャルワーク論Ⅰ
社会福祉法制論
生活保護論、福祉計画論
保健医療サービス、雇用政策
就労支援サービス、更生保護制度
家族ソーシャルワーク論
社会福祉管理運営論
ソーシャルワーク演習Ⅱ・Ⅲ
ソーシャルワーク実習
ソーシャルワーク実習指導Ⅱ
権利擁護と民法総則、民法(家族法)
精神科リハビリテーション学
精神保健福祉制度論
精神保健ソーシャルワーク論Ⅱ・Ⅲ
精神保健ソーシャルワーク実習指導Ⅰ
低所得者支援
ソーシャルワーク特別講義A・B
社会問題論A・B
民法(財産法)
精神保健ソーシャルワーク演習
精神保健ソーシャルワーク実習指導Ⅱ
精神保健ソーシャルワーク実習
総合部門 キャリアデザイン概論Ⅰ・Ⅱ 基礎演習
キャリアデザイン特論
社会福祉演習 外書講読
卒業研究

TOPIC

マレーシアの福祉施設を訪問し、視察・研修。

ゼミ生がマレーシアのサバ州を訪問し、社会福祉省やNGO、障がい者施設、大学などを視察しました。マレーシアはイスラム教が国教の多民族国家で、日本とは異なる特徴を持ったアジアの中進国です。マレーシアにおける福祉の状況を学ぶとともに、現地の職員や施設利用者、大学生と交流し、理解を深めました。

おもしろゼミ紹介

吉弘ゼミ

ソーシャル・カウンセリングの実践。
教育現場等の環境におけるソーシャルワーク、カウンセリングの活かし方を、学生と共に実践を通して考えています。今後は、家庭環境での子どもの発達に対する親の対応を見つめ、より良い関係構築の支援方法を考えます。まずは学生自身が「関わってみる」ことで自己成長に繋がることを期待しています。
永平寺町内の吉野小学校にて、ゼミ生全員が校長先生と共に。

生活保護論ナビゲーター/今井 里紗 社会福祉学科3年次生

多様な価値観に向き合う。
生活保護制度の基本について、全体的に学べます。身近な新聞記事や記録映画、昔と今の比較などを通して貧困を捉え、現状の課題を見つめていきます。人によって生活は様々で、いろんな価値観があることを知り、私も今まで自分の価値観でものを見ていたんだなと改めて気づきました。この気づきを忘れないようにしたいと思います。

このページのお問い合わせ先

経営企画部 研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp