学部・大学院看護福祉学部 - 社会福祉学科

対人援助の基礎から応用まで体系的に学びます

福祉的な悩みや問題を抱えているクライアントに相談という手法を用いて援助・支援する上で必要な教育を行っています。学内での学習や、学外の福祉機関・団体、病院、施設などでの実習を通して援助の基礎から応用までを体系的に学びます。さらに、様々な分野からの複合的な支援を必要とされている方々やそうした分野の動向も視野に入れた講義や演習を行っています。

社会福祉学科の特徴

看護学科との共通関連科目により、医療・保健の知識も修得

健康の概念や病気・障害の特性を知ることも、社会福祉士や精神保健福祉士が相談・援助活動を行うときに重要な情報の一つとなります。看護学科との共通関連科目により、実践で役立つそれらの知識を幅広く得ることができます。

少人数教育で、きめこまやかに学修指導

徹底した少人数方式で指導します。多彩な専門分野の教員が学生の個性を尊重しながら、福祉現場での実習から卒業研究、資格取得まできめ細やかな学修指導を行います。

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格、教員免許状の取得

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格を取得することが可能です。さらに教職課程を選択すれば、高等学校教諭一種免許状(公民/福祉)を取得することができます。

社会福祉学科の4年間(カリキュラム)

1年次 社会福祉の基本と共通科目を学ぶ。
一般教育を広く学ぶとともに、共通関連科目で医療・保健・福祉などについて幅広く知識を身につけます。また社会福祉学概論などの専門科目の学習も始まり、ソーシャルワーカーとなるための視野を広げていきます。
2年次 専門科目の学びが本格的に。
専門科目の学習が増え、社会福祉についてより深く学んでいきます。さらに基礎演習(ゼミ)では、情報収集やプレゼンテーションの方法などの基本的な技術も学びます。
3年次 援助技術を身につけ、現場実習を行う。
ソーシャルワーク演習などを通してステップアップする。ソーシャルワーカーとして必要な価値・知識・技術などを習得し、後期には県内の社会福祉関係機関や施設で約1ヶ月半のソーシャルワーク実習(選択)を行います。
4年次 卒業研究に取り組み、ソーシャルワーカーとしての知識を総合化する。
前期には、精神保健ソーシャルワーク実習(選択)を行います。また4年間の勉学の総まとめとして卒業研究を提出します。さらに2つ(社会福祉士・精神保健福祉士)の国家試験や公務員試験の受験に向けて、学科内でのサポート体制も整え、ソーシャルワーカーとして活躍できるよう応援します。

カリキュラム

  1年次 2年次 3年次 4年次
共通関連科目 公衆衛生学
精神保健Ⅰ
居住福祉論
福祉のまちづくり論
保健医療福祉行政論
福祉工学(自助具・介護機器)
社会福祉調査A・B
   
専門科目 社会福祉学概論
社会保障論
児童福祉論
ソーシャルワーク論Ⅰ
社会学概論
法学概論
憲法原論
現代人権論
社会学
経済学
医学概論
発達心理学Ⅰ
精神医学Ⅰ・Ⅱ
高齢者福祉論Ⅰ・Ⅱ
障害者福祉論
社会福祉発達史
地域福祉論
国際福祉論
介護概論
ソーシャルワーク論Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
ソーシャルワーク演習Ⅰ
ソーシャルワーク実習指導Ⅰ
行政法
経済政策
生涯発達学
発達心理学Ⅱ
心理学概論
精神保健Ⅱ
精神保健福祉論
精神保健ソーシャルワーク論Ⅰ
生活保護論
福祉計画論
保健医療サービス
雇用政策
就労支援サービス
更生保護制度
家族ソーシャルワーク論
社会福祉管理運営論
ソーシャルワーク演習Ⅱ・Ⅲ
ソーシャルワーク実習
ソーシャルワーク実習指導Ⅱ
権利擁護と民法総則
民法(家族法)
精神科リハビリテーション学
精神保健福祉制度論
精神保健ソーシャルワーク論Ⅱ・Ⅲ
精神保健ソーシャルワーク実習指導Ⅰ
低所得者支援
ソーシャルワーク特別講義A・B
社会問題論A・B
民法(財産法)
精神保健ソーシャルワーク演習
精神保健ソーシャルワーク実習指導Ⅱ
精神保健ソーシャルワーク実習
総合部門 キャリアデザイン概論Ⅰ・Ⅱ 基礎演習
キャリアデザイン特論
社会福祉演習 外書講読
卒業研究

» 看護学科で取得可能な資格・免許状
» 主な就職先

ゼミ活動ピックアップ

吉村ゼミ

働く環境をより深く考える
社会福祉学科と聞くと、"介護"のイメージを強く感じるかもしれません。しかし、そこで学ぶ範囲はかなり広く、私たちの暮らしに身近な内容も多いのです。吉村先生が取り組む公契約の研究もそのひとつ。公契約とは自治体と民間事業所(企業)との契約のことで、それを通じていろいろなサービスが、民間の企業に委ねられています。どうすればこの契約が住民だけでなく働いている人にとっても良いものになるか、考えていくものです。
また、高度成長期とちがって働く人の年齢も上がり、財源にも制約が増えてきたため、社会福祉サービスなどの公共サービスの環境は、働く側にも利用する側にもこれまでより不安定になりがちです。そこで、時には現場に出向き、当事者に話を聞いたりします。
「仕事の環境や条件は、働く人達を抜きにしては決められないもの、という認識を忘れないでいたいですね」
将来、働く自分をイメージしながら学んでいきたい内容といえます。
吉村ゼミの様子。参考書籍をまとめたり、それについて学生で議論したりします。また、「県内より県外の変わった地域を見るのも勉強」と、県外各地域への見学会も行っています。

相馬ゼミ

障害福祉を多方面から見て感じる学びを
体障害者や知的障害者の"生活の場のあり方"を研究する相馬先生。
「社会福祉の対象になる人は複数の問題を抱えていることが多いです。社会福祉を考える時はそれを踏まえたうえで、複数の問題を勉強する必要があります」
複数の問題とは、たとえば、"障害と虐待"や"障害と貧困"という具合です。言葉は何となくわかるし、書物や資料で読めば多少、理解は深まります。しかしそれでは不十分と考え、相馬ゼミではフィールドワークとして現場に出向いています。
「近年、"農福連携"といって、社会福祉の対象者が農業に従事し、高い賃金を獲得している取り組みが注目されています。ゼミでも"障害と貧困"というテーマの一環として、農福連携を行っている事業所に行き、当事者はもちろん働くスタッフからも話を聞かせてもらっています。現場で感じることを大切にしています」
また相馬ゼミでは毎年、学生自らがテーマを設定し、研究を深めています。
「県内外のフィールドワークやゲストスピーカーの話を聞くことによって、いろんな世界を見聞して、感じてほしい。その中で、自分自身の興味や関心に気づき、主体性を持って学ぶようになってくれればと思っています」
相馬ゼミの様子。テーマに合わせて外部からゲストスピーカーを招待し、現場の声を聞く機会を設けています。
"農福連携"を行う『ピアファーム』(あわら市)にてフィールドワークを実施。現場スタッフからの話で、見方も考え方も広がり、深まります。
地域福祉は身近な問題。地域を見る目も変わる。
塚口 友里恵さん
2年次で学んだ「地域福祉論」は、地域が抱える課題や地域性の違い、全国での傾向と比較など、身近なテーマだったので、リアルな問題として考えることができました。吉村先生のゼミ(基礎演習)はわかりやすく、今後の人生にも役立つ内容です。社会福祉学の幅広さも実感できました。
これからの人生にも役立つ知識が習得できる。
山下 祐さん
社会福祉の制度や法律は数多く、常によりよくなるよう変化を続けています。それらを覚えるのは大変ですが、社会人になってから生かせることも多いので、勉強のし甲斐があります。また、座学以上に楽しい授業はフィールドワーク(体験型)です。いろんな話が聞けて、知識や情報が蓄積されています。

先輩からのエール

小林 益さん(2016年卒)
社会福祉法人みねやま福祉会 勤務
福井県出身。社会福祉士、精神保健福祉士。現在、相談支援専門員になるべく、実務経験を積んでいる。

在学中に学んだ"ストレングスの視点"。欠点やマイナス思考ではなく、得意なことや好きなことなど、ポジティブさに重点を置くその考え方は、仕事の基礎でもあります。
私のモットーは、利用者さんの希望する生活を第一に考えること。そして、笑顔でいること。"笑顔"は、学生一人ひとりを大切に考え、明るく人望も厚かった先生の教えです。笑顔の発信源でありたいし、いつか、障害があってもなくても皆がごちゃまぜになって楽しく過ごせるコミュニティを作りたい!そう考えられるのも大学での充実した学びがあったから。たかが4年、されど4年。勉強に限らず、やりたいことは思い切り挑戦してください。

このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp