Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

高野 翔たかの しょう

プロフィール

所属 地域経済研究所
職名 准教授
研究室 地域経済研究所 研究・交流棟203号室 (内線 )
E-mail takano (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト
最終学歴 Schumacher College, Economics for Transition (修士:Master of Arts)
学位 Master of Arts
所属学会 ウェルビーイング学会 理事
職歴 2009 JICA(国際協力機構)職員(-2020)
2020 福井県立大学 地域経済研究所 准教授(現職)

研究活動

専門 地域づくり / 公共政策
研究活動の紹介 地域の幸せ・ウェルビーイングに関する研究
〇 人々の主観的ウェルビーイングを測定し自治体政策に活用する在り方の研究をしています。
〇 ウェルビーイングを増進するまちづくりの在り方の研究をしています。
〇 市民がまちを楽しみながら主体性を持って生活を営むことができる新しい都市論の研究をしています。
キーワード ウェルビーイング、まちづくり、市民都市論、創造的自治体論、内発的発展論、幸福論

著書・論文

【研究論文】
〇 「ウェルビーイングの概念の自治体政策への適用可能性と課題に関する考察
― 福井県永平寺町におけるウェルビーイング調査をもとに ―」(福井県立大学地域経済研究所『ふくい地域経済研究 第33号』 p41-59)2021年
〇 「Social Capital cultivates “Fruits of Happiness” in Eastern Bhutan」『Bhutanese Journal of Agriculture』(共著) 2018年

【調査報告書・小冊子】
〇 「新型コロナウイルス感染症に関する永平寺町生活実感調査報告書」地域経済研究所 2021年
〇 永平寺町ビジョンガイドブック「ととのうまち永平寺町」福井県立大学・永平寺町 2022年

【著 書】
〇 『Community Travel Guide 福井人』(共編著) 英治出版 2013年

【寄稿】
〇 「ウェルビーイング(Well-being)の公共政策への展開に関する考察 ―ブータン王国のGNHの事例を参考にして―」(福井県立大学地域経済研究所『ふくい地域経済研究 第32号』 p27-34)2021年
〇 『ふくい日曜エッセー 時の風』福井新聞 2022年
〇 『ブータンな生き方(全12話)』福井新聞 2015-2016年

【シンポジウム】
〇 第2回 日経Well-beingシンポジウム ーパネルディスカッション「社会指標・政策」ー 2021年
〇 第3回 日経Well-beingシンポジウム ーアカデミアセッション 「ウェルビーイングの現状と未来 ~学術界・産業界の取り組みについて~」ー 2022年

社会・地域活動

【地域づくり活動】
〇 人の魅力を紹介する地域活性型観光ガイドブック「Community Travel Guide福井人(英治出版, 2013)」の発刊(グッドデザイン賞2013受賞、READY FOR of the year 2012クリエイティブ賞)
〇 豪雪による福井市財政難で中止・削減された事業を市民参加型で復活させる地域未来づくり「できるフェス」の企画・開催 (グッドデザイン賞2019受賞)
〇 「未来の幸せアクションリサーチ」(福井新聞・日立京大ラボの協同研究)にてクリエイティブディレクター担当。県民参加型で地域の幸せ指標を作成し、AIで幸せ実感ある未来社会シナリオを解析。

【外部委員・講師等】
〇 福井市まち・ひと・しごと人口ビジョン・総合戦略推進会議委員
〇 永平寺町まち・ひと・しごと創生総合戦略検証委員会委員
〇 小浜市食育推進会議委員
〇 福井県国際交流協会理事
〇 福井ライフ・アカデミー共催講座協議会委員
〇 相模女子大学大学院社会起業研究科(専門職大学院)アドバイザリーボード

教育活動

担当科目 導入ゼミ「地域ビジョン論」
教養ゼミ「永平寺町学ー地域ビジョンをつくるー」
オフィスアワー
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど 〇 幸せ・ウェルビーイングに関する調査及び自治体政策に関するテーマ
〇 地域ビジョン及び市民参加型まちづくりに関するテーマ

その他