Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

今池 康人いまいけやすひと

プロフィール

所属 経済学部/経済学科
職名 准教授
研究室 経済学部等406号室 (内線 2406)
E-mail imaike (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト
最終学歴 大阪府立大学大学院経済学研究科博士後期課程 修了
学位 博士(経済学)
所属学会 経済学史学会・社会思想史学会・経済社会学会
職歴 2014年 関西医科大学 非常勤講師
2018年 大阪府立大学 非常勤講師
2021年 立教大学 助教
2022年 現職

研究活動

専門 経済学史、経済思想史、社会思想史、科学哲学
研究活動の紹介 20世紀半ばから後半にかけての自由主義思想に関する研究をしている。

1.マイケル・ポランニーの自生的秩序論とプロフェッショナリズム
2.マイケル・ポランニーの暗黙知概念と学問の自由
3.F.A.ハイエクの自生的秩序論
キーワード 自由主義、自生的秩序、暗黙知

著書・論文

(著書)
『ハイエクを読む』、ナカニシヤ出版、2014年3月
「ハイエクの人と作品・人物紹介・年譜」担当

(論文)
マイケル・ポランニーの自由論-信念・自生的秩序・専門家主義、『経済学史研究』第62巻1号、2020年
マイケル・ポランニーの自生的秩序論における暗黙知の役割、『大阪府立大学経済研究』第65巻第1・2・3・4号、2020年
フランク・ナイトによるハイエク批判の妥当性とその影響、『大阪府立大学経済研究』第63巻第1・2・3・4号、2018年
F.A.ハイエクとM.ポランニーの自由論-政府の役割をめぐって-、『経済社会学会年報』、第37号、2015年
暗黙知概念から見るハイエク知識論、『経済社会学会年報』、第35号、2013年
ハイエクの社会経済学における 暗黙知の重要性、『大阪府立大学経済研究』第57巻第3号、2011年
ハイエクにおける自生的秩序と拡張した秩序、『大阪府立大学経済研究』第55巻第4号、2011年
ハイエクにおける道徳・伝統-「本能と理性のあいだをめぐって」、『大阪府立大学経済研究』第55巻第4号、2010年

社会・地域活動

教育活動

担当科目 経済学史、演習1、外書購読1
オフィスアワー Eメールによる予約で随時対応します。
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど 経済思想史、自由主義思想、暗黙知(カンやコツ、職人芸といった言語化不可能な知識について) など

その他