Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

永井 裕子ながい ゆうこ

プロフィール

生年月日
所属 看護福祉学部 / 社会福祉学科
職名 助教
研究室 看護福祉学部棟456号室 (内線 4456)
E-mail nagai (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト
最終学歴 日本福祉大学大学院 福祉社会開発研究科 博士課程中退
所属学会 日本社会福祉学会
日本地域福祉学会
職歴 2007-2010日本福祉大学社会福祉実習教育研究センター 実習教育講師
2011-2013明治学院大学社会福祉実習センター 助手

研究活動

専門 実習教育 地域福祉 ソーシャルワーク
研究活動の紹介 1.過疎地域に居住する高齢者の生活支援について
アクセシビリティの確保や豪雪地帯における冬期間の生活支援システムの構築について検討しています。また、それぞれの地域特性に応じた専門職の支援方法など、地域に住み続けるための方策について研究を進めています。

2.地方自治体における新たな地域福祉専門職の配置や役割・機能に関する研究
コミュニティソーシャルワーカー等の新しい地域福祉専門職の配置状況や役割・機能に関する調査を行っています。また、社協職員を代表とする従来のコミュニティワーカーとの相違点等をふまえて、地域で求められる人材像を明らかにすることやその育成に関心を持っています。
キーワード 地域福祉、ソーシャルワーク、実習教育

主な著書・論文

【論文】
「中山間地域における地域包括ケアシステムの展開−山形県最上町の四半世紀の取り組みを手がかりに–」(単著)2016年4月,福井県立大学論集第47号,75−82
「農村地域におけるひとり暮らし高齢者の生活実態ー山形県最上町の事例調査からー」(共著)2016年3月,明治学院大学社会学・社会福祉学研究146,p95ー116
「被災地における地域を基盤としたソーシャルワークに関する一考察」(共著)2014年12月,明治学院大学社会学・社会福祉学研究143,p237−260

【著書】
「地域の協働運営」「町内会・自治会」『よくわかる社会福祉の経営』(共著)2018年12月
「地域福祉の推進とネットワーク」『社会福祉(基本保育シリーズ(4))』(共著)2015年8月,中央法規
「生活・交通環境・まちづくり」『住環境福祉論』(共著)2011年10月,ミネルヴァ書房
「大学教育」「地域教育」『教育福祉論』(共著)2011年9月,ミネルヴァ書房
「地域福祉型実習」『相談援助実習―ソーシャルワークを学ぶ人のための実習テキスト』(共著)2010年4月,中央法規

主な社会・地域活動

越前市地域福祉計画策定委員長(平成30年)
福井市社会福祉審議会委員(平成31年~)
敦賀市地域福祉計画策定委員長(令和元年)
越前市社会福祉協議会地域福祉活動計画策定委員長(令和元年)
永平寺町社会福祉協議会地域福祉計画策定アドバイザー(令和元年)
坂井市地域福祉計画・地域福祉活動計画策定委員(令和2年)
大野市地域福祉計画策定委員長(令和2年)
福井市都市計画審議会委員(令和3年~令和6年)

日本地域福祉学会地方部会委員(平成26年度~)
社会福祉法人足羽福祉会第三者委員(平成29年度~)
勝山市社会福祉協議会ボランティアセンターアドバイザー(平成29年度~)
社会福祉法人和楽園評議員(令和元年度~)

教育活動

担当科目 入門演習、ソーシャルワーク実習指導Ⅰ、Ⅱ、ソーシャルワーク実習、ソーシャルワーク演習Ⅱ、 福祉のまちづくり論、福井を学ぶ
オフィスアワー
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど 中山間地域・過疎地域の高齢者の生活支援
地域福祉専門職の役割と機能(特に中山間地域・過疎地域)
ソーシャルワーク実習のプログラム開発
被災地におけるソーシャルワーカーの機能と役割

その他

株式会社LAMP代表取締役
https://lamp-takefu.com/