English
教員情報
生物資源学部 / 生物資源学科 講師

まるやま ちとせ丸山 千登勢

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属生物資源学部 / 生物資源学科
職名講師
研究室生物資源学部棟BW406号室 (内線3406)
最終学歴福井県立大学 生物資源学部 生物資源学研究科
所属学会日本放線菌学会、日本農芸化学会、日本生物工学会
職歴2004年9月 - 2007年3月 福井県立大学・生物資源学部・応用微生物学研究室・訪問研究員、2007年4月 - 2008年8月 福井大学・医学部・分子生命科学領域・教務職員、2008年9月 - 2012年12月 福井県立大学・生物資源学部・NEDO研究員、2013年8月 - 2017年3月 次世代天然物化学技術研究組合・研究開発部・特別研究員

研究活動

専門応用微生物学、 天然物化学
研究活動の紹介土壌微生物の一つである放線菌は、数多くの生理活性物質を生産することが知られている。これまでに数万種類にも及ぶ化合物が微生物から発見されているが、その中で実際に農薬や医薬品として実用化されているものはほんのわずかである。そこで、化合物が放線菌の中でつくられる仕組みや関わる遺伝子、酵素を調べ、それを応用利用することによって、化合物の構造を改変し、実用化するための試みを行っている。
キーワード放線菌 微生物 天然物 二次代謝産物

主な著書・論文

(1) H. Katano*, Y. Kuroda, C. Maruyama, and Y. Hamano, Separation of streptothricin antibiotics from culture broth with colorimetric determination using dipicrylamine, Anal. Sci., in press.; (2) Y. Masuda, C. Maruyama, K. Kawabata, Y. Hamano, and T. Doi*, Synthesis of (2S,3R,4R)-3,4-dihydroxyarginine and its inhibitory activity against nitric oxide synthase, Tetrahedron, 72(36), 5602-5611 (2016).; (3) C. Maruyama, H. Niikura, M. Izumikawa, J. Hashimoto, K. Shin-ya, M. Komatsu, H. Ikeda, M. Kuroda, T. Sekizuka, J. Ishikawa, and Y. Hamano*, RNA-dependent aminoacylation of an amino-sugar intermediate in the biosynthesis of a streptothricin-related antibiotic, Appl. Environ. Microbiol., 82, 3640-3648 (2016).; (4) C. Maruyama, H. Niikura, M. Takakuwa, H. Katano, and Y. Hamano*, Colorimetric detection of the adenylation activity in nonribosomal peptide synthetase, Methods Mol. Biol., 1401, 77-84 (2016).; (5) M. Noike, T. Matsui, K. Ooya, I. Sasaki, S. Ohtaki, Y. Hamano, C. Maruyama, J. Ishikawa, Y. Satoh, H. Ito, H. Morita, and T. Dairi*, A peptide ligase and the ribosome cooperate to synthesize the peptide pheganomycin, Nature Chem. Biol., 11, 71-76 (2015).

主な社会・地域活動

日本農芸化学会(2006〜) 日本放線菌学会(2007〜) 日本生物工学会(2007〜)

教育活動

担当科目応用微生物学II、微生物学実験、応用生物学実験、専攻演習、卒業論文
オフィスアワー17:00 - 19:00
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど放線菌を使った化合物生産、天然化合物の生合成研究・構造決定

その他

学位:博士 (生物資源学) 福井県立大学 2012年、受賞:2013年度 日本放線菌学会浜田賞(奨励賞)
↑