English
教員情報
生物資源学部 / 生物資源学科 教授

ひび たかお日竎 隆雄

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属生物資源学部 / 生物資源学科
生物資源学研究科
職名教授
研究室生物資源学部棟314号室 (内線3314)
E-mailhibi (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイトhttp://sns.f-leccs.jp/profile/?key=20122
最終学歴京都大学大学院農学研究科博士課程
所属学会

日本農芸化学会、日本蛋白質科学会、日本結晶学会、日本生化学会、日本ビタミン学会、
日本ポーラログラフ学会

職歴

1993 花王(株)入社
1996 福井県立大学 講師
2005 福井県立大学 助教授
2007 福井県立大学 准教授
2011 現職

研究活動

専門構造生化学 タンパク質工学
研究活動の紹介

1. 酵素利用に関する蛋白質工学の基礎研究
・Bacillus sp.ウリカーゼをモデルとした酵素好冷化の研究 http://www.bio.fpu.ac.jp/~hibi/crystal.htm#uox
・安定で実用的な好冷性酵素の開発
・ペプチドや糖の代謝酵素の構造機能解析

2. 生体ストレス応答に関わるタンパク質の構造生化学

キーワード構造生物学 応用生化学 タンパク質工学

主な著書・論文

T. Hibi, A. Kume, A. Kawamura, T. Itoh, H. Fukada, and Y. Nishiya, "Hyperstabilization of Tetrameric Bacillus sp. TB-90 Urate Oxidase by Introducing Disulfide Bonds through Structural Plasticity", Biochemistry, (2016)
DOI: 10.1021/acs.biochem.5b01119(構造的可塑性を利用したジスルフィド結合導入によるBacillus sp. TB-90由来ウリカーゼの超耐熱化)

H. Katano, M. Takakuwa, T. Itoh & T. Hibi, "Microplate Assay of α-Glucosidase and its Inhibitors Based on the Direct Reduction of Molybdosilicate by Glucose", Anal. Sci., 31(12): 1291-1295 (2015).(モリブドシリケートの直接還元に基づいたαグルコシダーゼ阻害剤のマルチプレートアッセイ法)

Hajime Katano, Masahiro Takakuwa, Takafumi Itoh & Takao Hibi, "Colorimetric determination of fructose for the high-throughput microtiter plate assay of glucose isomerase", Biochem. Biotech. Biosci., 79(7): 1057-1060 (2015). DOI:10.1080/09168451.2015.1010477(フルクトースの新規発色検出法を用いたグルコースイソメラーゼのマルチプレートアッセイ)

Takao Hibi, Yuta Hayashi, Harumi Fukada, Takafumi Itoh, Tomohiro Nago, and Yoshiaki Nishiya, "Intersubunit Salt Bridges with a Sulfate Anion Control Subunit Dissociation and Thermal Stabilization of Bacillus sp. TB-90 Urate Oxidase", Biochemistry,査読有, 53 (24): 3879-3888 (2014).(硫酸イオンとのサブユニット間塩結合はBacillus sp. TB-90由来ウリカーゼの熱安定性とサブユニット解離平衡を制御する)

Takafumi Itoh, Takao Hibi, Fumiko Suzuki, Ikumi Sugimoto, Fumiko Suzuki, Yutaka Fujii, Akira Taketo, and Hisashi Kimoto, "Crystallization and preliminary X-ray analysis of the catalytic domains of Paenibacillus sp. strain FPU-7 cell-surface-expressed chitinase ChiW", Acta Crystallogr F Struct Biol Commun., 70(3): 350-3 (2014).(Paenibacillus属細菌FPU-7由来の細胞表層キチナーゼChiWの結晶化と予備的X線結晶解析)

Takafumi Itoh, Ikumi Sugimoto, Takao Hibi, Fumiko Suzuki, Koichi Matsuo,Yutaka Fujii, Akira Taketo, and Hisashi Kimoto, "Overexpression, Purification, and Characterization of Paenibacillus Cell Surface-Expressed Chitinase ChiW with Two Catalytic Domains", Biochem. Biotech. Biosci. 査読有, 78 (4): 624-634 (2014) (Paenibacillus属細菌FPU-7由来の細胞表層キチナーゼChiWの大量発現、精製、機能解析)

Ryo Nasuno, Yoshinori Hirano, Takafumi Itoh, Toshio Hakoshima, Takao Hibi and Hiroshi Takagi “Structural and functional analysis of the yeast N-acetyltransferase Mpr1 involved in oxidative stress tolerance via proline metabolism”, Proc. Natl. Sci. Acad. USA, 110(29), 11821–11826 (2013). (酵母のプロリン代謝を介した酸化ストレス耐性に関与するアセチル基転移酵素Mpr1の構造機能解析)

“酵素の不思議な働きとこれからのバイオテクノロジー”日竎隆雄、『ようこそ県大研究室』橋本確文堂pp.65-72 (2013).

Takafumi Itoh, Takao Hibi, Yutaka Fujii, Ikumi Sugimoto, Akihiro Fujiwara, Fumiko Suzuki, Yukimoto Iwasaki, Jin-Kyung Kim, Akira Taketo, and Hisashi Kimoto, “Cooperative degradation of chitin by extracellular and cell surface-expressed chitinases from Paenibacillus sp. FPU-7”, Applied and Environmental Microbiology (2013), 79(23) 7482-7490.

Takafumi Itoh, Ikumi Sugimoto, Takao Hibi, Fumiko Suzuki, Koichi Matsuo,Yutaka Fujii, Akira Taketo, and Hisashi Kimoto “Overexpression, Purification, and Characterization of Paenibacillus Cell Surface-Expressed Chitinase ChiW with Two Catalytic Domains”, Biochem. Biotech. Biosci. (2013)

Shintaro Kubota, Osamu Shirai, Takao Hibi, Yuzuru Tozawa and Kenji Kano “Effect of Counter Ions on the Transport Current Across Membranes Containing KAT1 Potassium Channel”, Anal. Sci., 29, 161-163, (2013).(カリウムイオンチャネルKAT1を含むリン脂質膜を通過するイオン移動電流に対するカウンターイオンの効果)

Takafumi Itoh, Takao Hibi, Yuta Hayashi, Ikumi Sugimoto, Fumiko Suzuki, Yutaka Fujii, and Hisashi Kimoto “Crystal Structure of Paenibacillus Chitinase ChiW catalytic domains complexed with pentasaccharide.”, SPring-8 activity report, 2012B, (2013).

“基礎から実践まで、例題で学ぶ 教本 Excel 演習“菊沢正裕、徳野淳子、日び隆雄、片野肇、2012、三星社書房

“Production of N-acetyl cis-4-hydroxy-L-proline by the yeast N-acetyltransferase Mpr1.”
Mai Hoa BT, Hibi T, Nasuno R, Matsuo G, Sasano Y, Takagi H., J. Biosci. Bioeng., 114(2):160-5. (2012).

“Promotion Effect by ε-Poly-L-lysine on the Enzymatic Reaction of Glucose Oxidase with Ferricyanide Ion as an Oxidant.” Kohei UEMATSU, Misato YAMASAKI, Takao HIBI, and Hajime KATANO, Anal. Sci. 28(7): 657-60 (2012).

“Preliminary X-ray Crystallization of Psychrophilic Mutant of Uricase.” T. Hibi, T. Itoh, Y. Nishiya, PF activity report 2011,#29 (2012)(ウリカーゼ好冷性変異体酵素のX線結晶構造解析)

“Kinetic Study of the Thermal Inactivation of Glucose Oxidase in the Presence of Denaturant and Stabilizer by Means of Bioelectrocatalysis Method” Hajime KATANO, Yuka SUGIMOTO, Kohei UEMATSU, and Takao HIBI, Anal. Aci. 27(10), 979.(2011)

“Crystallization and preliminary crystallographic analysis on N-acetyltransferase Mpr1 from Saccharomyces cerevisiae.” T. Hibi, H. Yamamoto, G. Nakamura and H. Takagi, Acta Crystallogr. F65, 169-172 (2009).

“構造生物学に基づいたタンパク質工学による酵素の安定化”、日び隆雄、西矢芳昭『バイオ電気化学の実際‐バイオセンサ・バイオ電池の実用展開』、株式会社シーエムシー出版、東京、(2007)

“血中尿酸センサー開発に向けた耐熱型ウリカーゼの創出”、日び隆雄、西矢芳昭『構造生物学 ―ポストゲノム時代のタンパク質研究―』共立出版、東京、(2007)

GCSの構造機能解析−グルタチオン生合成制御を目指して、日び隆雄、小田順一「酸化ストレス(ver. 2)―フリーラジカル医学生物学の最前線」吉川敏一編、医歯薬出版株式会社、東京、(2006) p199-203

Crystal Structure of gamma-Gltutamylcysteine Synthetase: Insights into the Mechanism of Catalysis by a Key Enzyme for Glutathione Homeostasis.(γ-グルタミルシステイン合成酵素の結晶構造:グルタチオン恒常性の鍵となる酵素の触媒機構解明)T. Hibi, H. Nii, T. Nakatsu, A. Kimura, H. Kato, J. Hiratake, and J. Oda. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 101(42), 15052-15057 (2004).

主な社会・地域活動

福井県小・中学校「私たちの理科研究」審査委員 , 2014年-
福井新聞社「県小・中学生科学アカデミー賞」審査委員, 2014年-
高志高校SSH 探求科学I 「生物の機能と形」 ~バイオミミクリーの実例を通して~, 2014年-
福井マテリアル&テクノロジー研究会委員2006年-

教育活動

担当科目生物資源学概論、有機化学、情報処理A、化学実験、生物生産実習、生物物理化学II、生体高分子化学、応用生化学演習、食品生化学実験、構造生物学
オフィスアワー

平日、10:00〜11:30、13:00〜18:00(講義・出張中は除く)

相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

酸化ストレスに関わるタンパク質の結晶構造解析 酵素の好冷化

その他

学位:京都大学博士(農学)
受賞:第6回国際フードファクター学会 (ICOFF 2015) ポスター賞

↑