English
教員情報
経済学部 / 経営学科 准教授

さかい ひろえ境 宏恵

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属経済学部 / 経営学科
職名准教授
研究室経済学部棟601号室 (内線2601)
E-mailhsakai (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
最終学歴京都大学大学院経済学研究科博士後期課程組織経営分析専攻
職歴

2002年4月 鹿児島国際大学大学院経済学研究科 助教授
2004年4月 鹿児島国際大学経済学部 助教授
2009年10月 現職

研究活動

専門財務会計
研究活動の紹介

これまで、会計基準の国際的な統一について関心を持って研究してきました。とくに、国際的な会計基準をそのまま導入することが多い発展途上国において、どのような問題が生じるかについて関心をもってきました。
 また、最近は中小企業で行われている財務や会計に関心を持ち、ヒアリング調査やアンケート調査を進めています。

キーワード国際会計 経営分析 投資意思決定 資金調達 中小企業

主な著書・論文

【論文】
・「会計測定におけるキャッシュ・フロー情報の利用−FASB 1997年概念書公開草案の内容と論点−」共著『調査と研究』1998年
・「財務報告基準の国際的調和化をめぐる理論的問題の再検討―G4+1特別報告を手がかりとして―」共著『産業経理』1999年
・「発展途上国における会計基準の国際的調和化―シンガポールを事例として―」『経済論叢』1999年
・「FASB概念フレームワークにおける測定問題の展開―リスク概念と会計測定―」『経済論集』2001年
・「シンガポールにおける近年の会計規制改革」『地域経済政策研究』2002年
・「中小企業の会計と発展途上国の会計」『地域総合研究』2003年

【翻訳】
・『多国籍企業の会計―グローバル財務報告と企業統合―』共著、中央経済社、2007年

教育活動

担当科目経営財務論 経営分析論
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

・財務データを利用した経営分析 ・中小企業向け会計基準 ・会計基準の国際統合

その他

学位:博士(経済学)

↑