English
教員情報
学術教養センター 准教授

いしはら かずなり石原 一成

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

生年月日1973年8月21日
所属学術教養センター
職名准教授
研究室生物資源学部棟502号室 (内線3502)
E-mailishihara (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
最終学歴大阪市立大学大学院生活科学研究科博士課程修了
所属学会

日本体育学会
日本体力医学会
日本体育測定評価学会
日本教育医学会
日本公衆衛生学会

職歴

2002 福岡県立大学 助手
2007 福井県立大学 講師
2010 現職

研究活動

専門健康・スポーツ科学
研究活動の紹介

中高齢者を対象に体力(身体機能)測定や運動指導などを実施し,地域住民の健康づくりや健康支援活動の効果について調べています.最近は,高齢者の運動参加や継続を促す人材育成システムの構築を目指しています.
また,大学における保健体育教育の内容や実践方法などについて検討するとともに,保健体育教育が大学生の行動変容に及ぼす影響などについて,継続的に調査しています.
そして,福井県における地域スポーツ活動の支援を福井県広域スポーツセンターや福井県体育協会の先生方と共に取り組んでいます.

キーワード中高齢者 体力(身体機能) ヘルスプロモーション

主な著書・論文

【著書】
『高齢者の体力および生活活動の測定と評価』(共著,市村出版,2015)
『地域高齢者のための転倒予防−転倒の基礎理論から介入実践まで−』(共著,杏林書院,2012)
『テキスト保健体育 改訂版』(共著,大修館書店,2011)
【論文】
「お手軽介護予防トレーニングプログラム(Do-SAR/B体操)の開発(第2報)-各動作時の作動筋に関する筋電図学的検討-」共著(分担),同志社スポーツ健康科学,7,35-44,2015.
「お手軽介護予防トレーニングプログラム(Do-SAR/B体操)の開発(第1報)-高齢者の生体負担度に関する生理学的検討-」共著(分担),同志社スポーツ健康科学,6,7-23,2014.
「高齢女性における新たな運動強度指標としての歩行率の妥当性」共著(分担),体育測定評価研究,13,1-7,2014.

主な社会・地域活動

日本体育測定評価学会理事
日本教育医学会評議員
福井県スポーツ推進審議会副会長
「福井しあわせ元気」国体・障害者スポーツ大会実行委員会 全国障害者スポーツ大会検討会副委員長
北信越大学バスケットボール連盟理事
特定非営利活動法人あすてらすヘルスプロモーション監事

教育活動

担当科目体育実技,スポーツ科学,運動処方論,導入ゼミ,教養ゼミ
オフィスアワー

火曜日 4~5時限

相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

運動・スポーツによる健康づくり
中高齢者の体力(身体機能)測定・運動指導
転倒予防

その他

学位:博士(学術)(大阪市立大学,2001年)

↑