English
教員情報
看護福祉学部 / 看護学科 准教授

かさい きょうこ笠井 恭子

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属看護福祉学部 / 看護学科
看護福祉学研究科
職名准教授
研究室看護福祉学部棟316号室 (内線4316)
E-mailkasai (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
最終学歴石川県立看護大学大学院看護学研究科看護学専攻博士後期課程修了
所属学会

日本看護技術学会
日本看護研究学会
日本老年看護学会
日本看護科学学会
日本生理人類学会
看護実践学会

職歴

▽1988 福井医科大学医学部附属病院 看護師
▽1992 福井県立短期大学第一看護学科 助手
▽2001 福井県立大学看護福祉学部 助手
▽2007 同 講師
▽2012 現職

研究活動

専門基礎看護学
研究活動の紹介

1.高齢者の睡眠改善に向けたケアのあり方について高齢者施設と協働し研究しています。
2.健康茶の長期飲用、マッサージ等が人体にどのような影響を与えるのかを分析し、人々がより健康により安楽になるための介入方法を追究しています。
3.看護学生のコミュニケーション能力の向上を目指した教育方法のあり方について研究しています。

キーワード睡眠 看護技術 看護理論 看護倫理

主な著書・論文

著書:
「看護継続教育論」(共著,久美出版,2016)
「実践に生かす看護倫理」(共著,久美出版,2015)
「『なぜか健康長寿』を考える−こころ・からだ・しゃかいの視点から−」(共著,福井県立大学県民双書Ⅸ,2009)
「看護・介護・福祉の百科事典」(共著,朝倉書店,2008)
「『予防の』すすめ 生活習慣病と要介護を防ぐための知恵袋」(共著,福井県立大学県民双書Ⅴ,2007)

論文:
「特別養護老人ホーム入居高齢者の夜間の排泄方法と睡眠との関連」(老年看護学21(2),2017)
「要介護高齢者の睡眠状態と睡眠の季節差:北陸地方の特別養護老人ホームにおける長期追跡調査から」(老年看護学21(1),2016)
「看護学生の医療安全意識に関する研究」(福井県立大学論集46,2016)
「認知症高齢者における日光浴と深部体温および睡眠覚醒リズムに関する研究」(福井県立大学論集42,2014)
「臨床看護師の就業にかかわる特性と看護実践能力との関連」(看護実践学会誌26(1),2014)
「介護予防拠点施設を継続利用している高齢者の生活と施設における体験」(老年看護学13(1),2008)
「急性心筋梗塞患者の新生活指導プログラムの効果−指導前後の理解度を比較して−」(第38回日本看護学会論文集−成人看護Ⅰ−,2007)
「老年臨床看護学実習における看護技術の習得状況と自己評価との関連」(老年看護学10(1),2005)
「臨地実習における看護学生の高齢者イメージの変化」(福井県立大学論集23,2004)
「臨地実習前後における看護技術習得状況」(福井県立大学論集23,2004)
「在宅高齢者の主観的幸福感と治療疾患との関連」(福井県立大学論集20,2002)
「在宅高齢者の主観的健康感と痛みとの関連」(富山医科薬科大学看護学会誌4,2001)
「基礎看護実習における学生の戸惑いの実態」(福井県立大学看護短期大学部論集9,1999)
「基礎看護学実習における学生の自己評価に影響を及ぼす要因」(福井県立大学看護短期大学部論集7,1998)
「看護学生の同一性地位についての研究」(福井県立大学看護短期大学部論集3,1996)

その他:
「要介護高齢者の睡眠状態と睡眠の季節差」(日本生理人類学会誌21特別号(2),2016)
「要介護高齢者施設でのマット型睡眠計設置事例の紹介」(日本看護技術学会誌14(2),2015)
「ソーシャル・キャピタルを基調とした健康長寿要因の総合的研究-地域間・国際間比較の視点から-」(共著,福井県立大学健康長寿研究総括班報告書,2013)
「看護実践能力に影響する要因-臨床看護師への実態調査より明らかになったこと-」(共著,平成22年度金沢医科大学共同研究成果報告書,2012)
「介護予防拠点施設の取り組みと介護予防における今後の課題」(福井県立大学『ようこそ県大研究室』第1巻,2012)
「認知症高齢者の看護をサポートするために」(共著,福井県立大学看護福祉学部看護学科老年看護学研究室編,2007)

主な社会・地域活動

福井赤十字病院院内看護研究指導(2008~2014年、2017年)
福井県看護協会臨床指導者講習会講師(2008~2017年)
勝山市総合行政審議会委員(2014~2017年)
勝山市男女共同参画審議会会長(2014~2017年) 
疫学倫理審査委員会委員(2014~2017年)
第36回日本看護科学学会査読委員(2016年)
福井県看護協会看護研究指導(2016年)
福井県済生会聖和園要介護度改善促進事業協力・助言(2016~2017年)   
認知症高齢者医療介護教育センター介護教育研修講師(2016~2017年)
日本生理人類学会第74回大会実行委員(2016年)

教育活動

担当科目【学部】看護学原論Ⅰ・看護学原論Ⅱ・基礎看護技術Ⅰ・基礎看護技術Ⅱ・基礎看護技術Ⅲ・フィジカルアセスメント・看護倫理学・基礎看護学実習Ⅰ・基礎看護学実習Ⅱ・看護マネジメント実習・卒業研究・介護概論   【大学院】基礎看護学特論・基礎看護学演習・基礎看護学特別研究・看護理論
オフィスアワー

Monday,from 1p.m to 3p.m.

相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

・睡眠評価、睡眠援助に関するもの
・看護技術、介護技術に関するもの
・看護理論、看護倫理に関するもの

その他

学位:博士(看護学)(石川県立看護大学,2017年)

↑