English
教員情報
海洋生物資源学部 / 海洋生物資源学科 講師

かたおか たかふみ片岡 剛文

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

生年月日1978年7月10日
所属海洋生物資源学部 / 海洋生物資源学科
職名講師
研究室海洋生物資源学部棟703号室 (内線1703)
最終学歴北海道大学環境科学院環境起学専攻 博士後期課程修了
所属学会

日本微生物生態学会
日本海洋学会
日本陸水学会
日本地球惑星連合
NGS現場の会

職歴

2009 福井県立大学 ポスドク研究員
2010 香港科技大学 ポスドク研究員
2011 福井県立大学 プロジェクト博士研究員
2012 愛媛大学 特定研究員
2014 国立環境研究所 特別研究員

研究活動

専門微生物生態学
研究活動の紹介

環境中には様々な代謝能力を有する微生物が集まり群集を形成しています。これらの微生物は生態系における物質循環に大きな影響を与えていることが知られています。私は、異なる環境中の微生物群集組成や代謝経路を明らかにしながら、環境変動が生態系内の物質循環に与える影響を解明したいと考えています。

キーワード微生物生態学 海洋性微生物 分子生物学 嫌気・好気培養 バイオインフォマティクス

主な著書・論文

1*. T. Kataoka, Y. Hodoki, K. Suzuki, H. Saito and S. Higashi「Tempo-spatial patterns of bacterial community composition in the western North Pacific Ocean」『Journal of Marine Systems』, 2009, vol.77, pp.197-207.
2* .T. Kataoka, Y. Hodoki, K. Suzuki, H. Saito and S. Higashi「Detection of UVBR-sensitive and -tolerant bacteria in surface waters of the western North Pacific」『Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology』, 2009, vol.95, pp.108-116.
3* . T. Kataoka, K. Suzuki, M. Hayakawa, I. Kudo, S. Higashi and A. Tsuda「Temporal changes in community composition of heterotrophic bacteria during in situ iron enrichment in the western subarctic Pacific (SEEDS-II)『Deep-Sea Research part II special issue』, 2009, vol.56, 26, pp.2779-2787.
4. L. Kong, H. Jing, T. Kataoka, J. Sun and H. Liu「Phylogenetic diversity and spatio-temporal distribution of nitrogenase genes (nifH) in the northern South China Sea」, 『Aquatic Microbial Ecology』, 2011, vol.65 (1), pp.15-27.
5. H. Endo, T. Yoshimura, T. Kataoka and K. Suzuki「Effects of CO2 and iron availability on phytoplankton and eubacterial community compositions in the northwest subarctic Pacific」『Journal of Experimental Marine Biology and Ecology』, 2013, vol.439, pp.160-175.
6. Y. Mori, T. Kataoka, T. Okamura and R. Kondo「Dominance of green sulfur bacteria in the chemocline of the meromictic Lake Suigetsu, Japan, as revealed by dissimilatory sulfite reductase gene analysis」『Archives of Microbiology』, 2013, vol.195, 5, pp.303-312.
7*. T. Kataoka, T. Homma, S. Nakano, Y. Hodoki, K. Ohbayashi and R. Kondo「PCR primers for selective detection of intra-species variations in the bloom-forming cyanobacterium, Microcystis」 『Harmful Algae』, 2013, vol.23, 1, pp.46-54.
8. S. Mitsunobu, N. Hamamura, T. Kataoka and F. Shiraishi「Arsenic attenuation in geothermal streamwater coupled with biogenic arsenic(III) oxidation」『Applied Geochemistry』, 2013, vol.35, pp.154-160.
9. L. Kong, H. Jing, T. Kataoka, C. Buchwald and H. Liu「Diversity and spatial distribution of Hydrazine oxidoreductase (hzo) gene in the oxygen minimum zone off Costa Rica」『PLoS ONE』, 2013, vol.8 (10), e78275.
10. YS.Takabe, S. Suzuki, R. Shishikura, K. Hamasaki, Y. Tada, T. Kataoka, T. Yokokawa, N. Yoshie and S. Suzuki「Spatial distribution and cell size of aerobic anoxygenic phototrophic bacteria in the Uwa Sea, Japan」『Journal of Oceanography』, 2015, vol.71 (1), 151-159.
11. Y. Mori, T. Kataoka and R. Kondo「Use of stable isotope probing to identify a bacterial community involved in bicarbonate fixation in the chemocline of the meromictic Lake, Japan」『Plankton and Benthos Research』, 2015, vol.10 (2), 303-312.
12. M. Kawachi, T. Kataoka, M. Sato, N. Marie-Hélène, A. Kuwata, M. Demura and H. Yamaguchi「Application of cryopreservation to genetic analyses of a photosynthetic picoeukaryote community」『GENE』, 2016, 576 (2), 708-716.

教育活動

担当科目海洋生物資源学フィールド演習, 海洋微生物生態学実験
オフィスアワー

9:00〜17:30

相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

海産性微生物の群集構造(海産性真核ピコ植物プランクトン・細菌・古細菌について全般、検出と分離)
アオコ原因ラン藻の増殖特性(ラン藻の検出と分離、増殖と環境要因の関係)
土壌性原核微生物の重金属代謝(ヒ素やアンチモン代謝細菌類の検出と分離、重金属分析)
分子生物学的手法(フィンガープリンティング法、リアルタイムPCR法、次世代シーケンシング法)
バイオインフォマティクス(大量塩基配列情報のプログラム言語による処理)

その他

学位:博士(環境科学)(北海道大学 2008年)

↑