English
教員情報
生物資源学部 / 生物資源学科 教授

きもと ひさし木元 久

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属生物資源学部 / 生物資源学科
生物資源学研究科
職名教授
研究室生物資源学部棟402号室 (内線3402)
E-mailkimoto (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
最終学歴福井医科大学(現福井大学医学部)大学院 医学研究科 生化学系専攻 遺伝部門 博士課程 修了
所属学会

日本キチン・キトサン学会
日本応用糖質科学会
日本生物工学会
日本農芸化学会
日本生化学会

職歴

1996 福井医科大学 医学部 生化学第一講座 助手
2003 福井大学 医学部 分子遺伝学領域 助手
2006 福井県立大学 生物資源学部 助教授
2007 福井県立大学 生物資源学部 准教授
2012 現職

研究活動

専門分子生物学
研究活動の紹介

本学生物資源学部に設置されたバイオインキュベーションセンター(FBIC)において、微生物や生物資源を利用した、農業資材(植物活力剤・バイオ農薬・土壌改良材など)や機能性食品、バイオエタノール、分子生物学研究用試薬などの開発研究を行っています。

キーワード微生物・酵素・キチン・キトサン・グルカン・機能性食品・農業資材・バイオエタノール・細菌毒素

主な著書・論文

H. Katano, M. Takakuwa, H. Hayakawa, and Hisashi Kimoto: Determination of Chitin Based on the Colorimetric Assay of Glucosamine in Acidic Hydrolysate. Anal. Sci., 32, in press.

S. Shinya, S. Nishimura, Y. Kitaoku, T. Numata, H. Kimoto, H. Kusaoke, T. Ohnuma, and T. Fukamizo: Mechanism of chitosan recognition by CBM32 carbohydrate-binding modules from a Paenibacillus sp. IK-5 chitosanase/glucanase. Biochem. J., 473, in press.

H. Katano, H. Kimoto, S. Taira, and T. Tsukatani: Physicochemical Properties and Antimicrobial Performance of Benzyldimethylalkylammonium Bis (2-ethylhexyl) Phosphate. Sensors and Meterials., 27(5), 359–364 (2015).

川内一憲, 川崎隆徳, 田中幸枝, 小鍛治優, 木元 久, 藤井 豊: 蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動による三方湖産と緑川産タナゴの水晶体タンパク質組成の比較. 福井大学医学部研究雑誌, Vol. 15, No. 1, 47 - 51 (2015).

T. Itoh, I Sugimoto, T. Hibi, F. Suzuki, K. Matsuo, Y. Fujii, A. Taketo, H. Kimoto: Overexpression, purification, and characterization of Paenibacillus cell surface-expressed chitinase ChiW with two catalytic domains. Biosci. Biotechnol. Biochem., 78, 624-634 (2014).

D. Isogawa, H. Morisaka, K. Kuroda, H. Kusaoke, H. Kimoto, S. Suye, M. Ueda: Evaluation of chitosan-binding amino acid residues of chitosanase from Paenibacillus fukuinensis. Biosci. Biotechnol. Biochem., 78, 1177-1182 (2014).

T. Itoh, T. Hibi, I Sugimoto, F. Suzuki, Y. Fujii, A. Taketo, H. Kimoto: Crystallization and preliminary X-ray analysis of the catalytic domains of Paenibacillus sp. str. FPU-7 cell surface-expressed chitinase ChiW. Acta Crystallographica Section F, F70, 350-353 (2014).

H. Katano, A. Fujiwara, H. Kimoto: Separation and Purification of Oligochitosan Based on Precipitation with Bis (2-ethylhexyl) phosphate Anion, Re-dissolution, and Re-precipitation as the Hydrochloride Salt. J. Chitin Chitosan Sci., 2 (1), 75-78 (2014).

平 修, 古田泰菜, 佐藤絢夏, 植松宏平, 木元 久, 片野 肇: Direct molybdosilicate reduction (DMoR) 法による単糖の比色分析と糖化反応解析への応用. 日本食品工学雑誌., Vol. 15, No. 3, 151 - 156 (2014).

川内一憲, 川崎隆徳, 田中幸枝, 小鍛治優, 木元 久, 藤井 豊: 福井県嶺南地方初の高田型トノサマガエル (Rana nigromaculata). 福井大学地域環境研究教育センター研究紀要, 21, 13-17 (2014).

川内一憲, 川崎隆徳, 田中幸枝, 小鍛治優, 木元 久, 藤井 豊: イチモンジタナゴ(Acheilognathus cyanostigma)の水晶体クリスタリン・タンパク質蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動. 福井大学地域環境研究教育センター研究紀要, 21, 7-11 (2014).

T. Itoh, T. Hibi, Y. Fujii, I Sugimoto, A. Fujiwara, F. Suzuki, Y. Iwasaki, J. K. Kim, A. Taketo, H. Kimoto: Cooperative degradation of chitin by extracellular and cell surface-expressed chitinases from Paenibacillus sp. FPU-7. Appl. Environ. Microbiol., 79 (23), 7482-90 (2013).

S. Shinya, T. Ohnuma, R. Yamashiro, H. Kimoto, H. Kusaoke, P. Anbazhagan, A. H. Juffer, T. Fukamizo: The first identification of carbohydrate-binding modules specific to chitosan. J. Biol. Chem., 288 (42), 30042-53 (2013).

H. Katano, S. Taira, K. Uematsu, H. Kimoto: Colorimetric determination of glucosamine and glucose based on the formation of blue molybdosilicate anion and its application to the assay of saccharifying enzyme. Anal. Sci., 29 (11), 1021-5 (2013).

主な社会・地域活動

・ 日本生物工学会 代議員
・ 日本生物工学会 中部支部 企画幹事
・ 日本農芸化学会 中部支部 評議委員
・ 日本キチン・キトサン学会 理事
・ アジア原子力協力フォーラム(FNCA)委員
・ 福井大学 医学部 倫理審査委員会委員
・ 福井大学 医学部 協力研究員

教育活動

担当科目一般微生物学、微生物機能学、生物資源学概論、微生物学実験、分子機能科学演習
オフィスアワー

Office Hours by appointment only.
Phone: Ext. 2402
Email: kimoto@fpu.ac.jp

相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

・微生物の応用利用について
・生物資源の有効利用について

その他

学位:医学博士(福井医科大学、現 福井大学医学部)

↑