English
教員情報
恐竜学研究所 准教授

みやた かずのり宮田 和周

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

生年月日1969年
所属恐竜学研究所
職名准教授
研究室交流センター200号室 (内線6210)
E-mailkmiyata (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
最終学歴博士(理学)
所属学会

アメリカ古生物学会
アメリカ古脊椎動物学会
日本古生物学会
日本地質学会
熊本地学会
長崎県地学会

職歴

1998 福井県立博物館古生物学研究職員および福井県教育庁文化課(兼務)
2000 福井県立恐竜博物館古生物学研究職員
2002 同 研究員
2009 同 主任研究員
2015 現職

研究活動

専門古脊椎動物学、地質学、層序学
研究活動の紹介

福井県および九州の古脊椎動物、特に哺乳類化石を対象に、その系統関係について関係の深い中国や北米などの資料を交えて調査研究を行っています。福井からは白亜紀前期(約1億2000万年前)の原始的な小型哺乳類化石を、九州からは白亜紀後期(約8100万年前)のさまざまな脊椎動物化石や、新生代始新世前期(約5000万年前)の絶滅草食獣、新しいものでは新生代中新世(約1800万年前)の奇蹄類なども研究しています。特に野外調査が私の研究活動の基本です。

キーワード古脊椎動物 哺乳類 進化 化石 古生物学

主な著書・論文

Miyata, K., Y. Azuma, and M. Shibata. 2015(in press). New mammalian specimens from the Lower Cretaceous Kitadani Formation, Tetori Group, Fukui, Japan. Historical Biology.(福井県勝山市の手取層群北谷層ら産出した白亜紀前期の新しい哺乳類化石について)

Tomida, Y., H. Nakaya, H. Saegusa, K. Miyata, and A. Fukuchi. 2013. Miocene Land Mammals and Stratigraphy of Japan. In Fossil Mammals of Asia: Neogene Biostratigraphy and Chronology, Columbia University Press, New York. p.314-333.(日本の中新世哺乳類化石の総括的なレビュー。奇蹄類とその時代論、大陸における哺乳類の生層序について執筆を担当)

Miyata, K., Y. Tomida, K. C. Beard, G. F. Gunnell, H. Ugai, and K. Hirose. 2011. Eocene mammals from the Akasaki and Nakakoshiki Formations, western Kyushu, Japan: preliminary work and correlation with Asian land mammal ages. Vertebrate PalAsiatica, 49(1): 53-68.(西九州の始新世哺乳類動物群と関連する層序の時代についての記述、および日本全域の古第三紀哺乳類化石の産出レビュー)

Miyata, K. and Y. Tomida. 2010. Anchitherium (Mammalia, Perissodactyla, Equidae) from the Early Miocene Hiramaki Formation, Gifu Prefecture, Japan, and its implication for the early diversification of Asian Anchitherium. Journal of Paleontology, 84(4): 763-773.(日本産中新世ウマ科化石Anchitheriumの再記載と、アジアの中新世ウマ科の初期進化の時期に関する論文)

Miyata, K. 2007. New species of Trogosus (Tillodontia, Mammalia) from the Green River Basin, Wyoming, U.S.A. Journal of Vertebrate Paleontology 27(3): 661-675.(米国スミソニアン自然史博物館が収蔵するワイオミング州産裂歯類(絶滅草食獣)の新種化石と、トロゴサス亜科の系統解析)

Miyata, K. 2007. New material of Asian Trogosus (Tillodontia, Mammalia) from the Akasaki Formation, Kumamoto Prefecture, Japan. Journal of Vertebrate Paleontology 27(1): 176-188.(熊本県天草地域から産出した裂歯類(絶滅草食獣)についての論文)

主な社会・地域活動

・長崎県小中学校夏季理科教育自然観察会研修会講師 2014
・大野市和泉地区化石保存保全計画策定委員会委員 2012
・福井大学非常勤講師 2011

教育活動

担当科目地学概論、生物科学
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

・古生物学(化石)や進化
・地質学に関すること
・博物館に関すること

↑