English
教員情報
海洋生物資源学部 / 海洋生物資源学科 准教授

こきた ともゆき小北 智之

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属海洋生物資源学部 / 海洋生物資源学科
生物資源学研究科
職名准教授
研究室海洋生物資源学部棟411号室 (内線1411)
E-mailkokita (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイトhttp://www.s.fpu.ac.jp/shigen/kokita/index.html
最終学歴九州大学大学院農学研究科博士後期課程修了
所属学会

日本魚類学会
日本生態学会
日本進化学会
日本動物行動学会
日本水産学会

職歴

2000 日本学術振興会特別研究員 (PD)
2003 財団法人熱帯海洋生態研究振興財団研究員
2003 福井県立大学 助手
2008 福井県立大学 講師
2012 福井県立大学 准教授

研究活動

専門生態学・進化生物学
研究活動の紹介

1. 魚類の適応と種分化に関する生態ゲノミクス研究:脊椎動物の中でも極めて高い生物多様性を示す魚類を対象に、生態学、遺伝学、ゲノム学などの様々なアプロ―チを駆使して、その著しい多様性の創出機構を研究しています。
2. 魚類の繁殖・社会行動の適応進化機構に関する研究:魚類は、繁殖時に驚くほど多様な社会行動を示します。このような魚類の繁殖・社会行動の進化機構を明らかにするために、行動生態学、行動内分泌学、行動ゲノム学の側面から研究しています。

キーワード魚類 適応進化 社会行動 生物多様性 希少種保全

主な著書・論文

・『魚類の社会行動1』(共著、海游舎、2001)
・『生態学辞典』(共著、共立出版、2003)
・『魚類行動生態学入門』(共著、東海大学出版会、2013)
・Genomic architecture of habitat-related divergence and signature of directional selection in the body shapes of Gnathopogon fishes. Molecular Ecology 24: 4159-4174 (2015)
・Molecular signatures of lineage-specific adaptive evolution in a unique sea basin: the example of an anadromous goby Leucopsarion petersii. Molecular Ecology 22: 1341-1355 (2013)
・A RAD-based linkage map and comparative genomics in the gudgeons (genus Gnathopogon, Cyprinidae). BMC Genomics 14: 32 (2013)
・Phylogeography and historical demography of the anadromous fish Leucopsarion petersii in relation to geological history and oceanography around the Japanese Archipelago. Molecular Ecology 20: 143-164 (2011)
・Heterochronic differences in fin development between latitudinal populations of the medaka Oryzais latipes (Actinopterygii: Adrianichthyidae). Biological Journal of the Linnean Society 97: 571-580 (2009)
・Population genetic structure of the neon damselfish (Pomacentrus coelestis) in the northwestern Pacific Ocean. Marine Biology 154: 745-753 (2008)
・Latitudinal compensation in female reproductive rate of a geographically widespread reef fish. Environmental Biology of Fishes 71: 213-224 (2004).
・Potential latitudinal variation in egg size and number of a geographically widespread reef fish, revealed by common-environment experiments. Marine Biology 143: 593-601 (2003).
・The role of female behavior in maintaining monogamy of a coral-reef filefish. Ethology 108: 157-168 (2002).
・Rapid response of an obligately corallivorous filefish Oxymonacanthus longirostris (Monacanthidae) to a mass coral bleaching event. Coral Reefs 20: 155-158 (2001).
・Sexual conflict over mating system: the case of a pair-territorial filefish without parental care. Animal Behaviour 62: 147-155 (2001).
・Seasonal variation in the diel spawning time of the coral reef fish Oxymonacanthus longirostris (Monacanthidae): parental control of progeny development. Marine Ecology Progress Series 199: 263-270 (2000).
など

主な社会・地域活動

日本魚類学会庶務幹事(H28年~)
日本魚類学会和文誌主任編集委員(H27年~)
日本魚類学会編集委員(H21年~)
「三方五湖」活用自然体験型環境学習実践事業推進委員会・委員長(H21年)

教育活動

担当科目魚類学・生態遺伝学・生物資源統計学・保全生態学実習など
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

水圏動物の遺伝的多様性・種多様性や希少種保全に関するテーマ
動物の繁殖行動や社会システムに関するテーマ

その他

学位:博士(農学)、九州大学
受賞:日本魚類学会奨励賞(2008年度)

↑