English
教員情報
生物資源学部 / 生物資源学科 講師

うえまつ こうへい植松 宏平

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属生物資源学部 / 生物資源学科
生物資源学研究科
職名講師
研究室生物資源学部棟301号室 (内線3301)
E-mailkuematsu (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
最終学歴長崎大学大学院生産科学研究科博士後期課程
職歴

2009 福井県立大学生物資源学部 助教
2012 現職

研究活動

専門電気化学、分析化学、酵素化学
研究活動の紹介

電気分析法を用いて、生体関連物質の関与する種々の反応を解析・解明しています。

具体的には
① 酵素の高活性化・安定化に関する研究
② 生理活性物質の生体膜透過性に関する研究
③ 抗菌剤と生体膜との相互作用に関する研究

キーワード分析化学、電気化学、酵素化学

主な著書・論文

[Voltammetric study of adsorption layers of various 4-pyridyl terminated surfactants on a Au(1 1 1) electrode: Effects of electronic property of pyridyl group and intermolecular hydrogen bonding upon potential-driven phase changes] (金単結晶(111)電極表面上に形成した末端ピリジル長鎖分子膜の電位応答挙動に関する研究-基板と吸着基の相互作用、分子間相互作用に注目して検討-) Kohei Uematsu, Takamasa Sagara, J.Electroanal. Chem., 623, 109-119, (2008).

[Voltammetric study of insoluble 4-pyridyl-terminated surfactant binary-component films prepared by multiple horizontal touching method on a Au(1 1 1) electrode] (金単結晶(111)電極表面上に形成した末端ピリジル長鎖分子の二成分多層膜の電位応答挙動) Kohei Uematsu, Takamasa Sagara, Colloids and Surfaces A, 335, 43-49, (2009).

[Promotion Effect by ε-Poly-L-lysine on the Enzymatic Reaction of Glucose Oxidase with Ferricyanide Ion as an Oxidant] (フェリシアン化物イオンを酸化剤としたグルコースオキシダーゼ酵素反応におけるε-ポリリジンの速度増大効果) Kohei Uematsu, Misato Yamasaki, Takao Hibi, Hajime Katano, Anal. Sci., 28, 657-660 (2012).

[Evaluation of an Electrochemical Method for the Analysis of Enzymatic Inhibition Reactions] (電気化学法による酵素阻害反応の解析) Kohei Uematsu, Hajime Katano, Anal. Sci., 29, 25-29 (2013).

[Promotion and Suppression Effects of Cationic Polymer ε-Poly-L-lysine on the Glucose Oxidase Reaction with Ferrocene Derivatives as Oxidants with Different Charges] (グルコースオキシダーゼ酵素反応に対するε-ポリリジンの反応速度増大・抑制効果), Kohei Uematsu, Yuto Minami, Shu Taira, Hajime Katano, Anal. Sci., 30, 299-303 (2014).

[Voltammetric study of the transfer of ε-poly-L-lysine at nitrobenzene | water interface] (ニトロベンゼン|水界面におけるε-ポリリジンのボルタンメトリー), K. Uematsu, Yuto Minami, Chitose Maruyama, Yoshimitsu Hamano, Hajime Katano, J. Electroanal. Chem. 719, 138-142 (2014).

[Ion-transfer voltammetry of streptothricin antibiotics with differently sized lysine oligomers at a nitrobenzene | water interface] (抗生物質ストレプトスリシンのニトロベンゼン|水界面におけるイオン移動ボルタンメトリー), K. Uematsu, Chitose Maruyama, Yoshimitsu Hamano, Hajime Katano, J. Electroanal. Chem. 754, 143-147 (2015).

主な社会・地域活動

分析化学会、電気化学会、日本ポーラログラフ学会

教育活動

担当科目化学実験、食品生化学実験、生物物理化学実験、応用生化学演習、分析化学
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

酸化還元酵素の関与する諸反応の電気分析法による評価
固/液界面における分子膜の電位応答挙動に関する研究
油/水界面を用いた電気分析

その他

学位:工学博士

↑