English
教員情報
看護福祉学部 / 看護学科 教授

おおかわ ようこ大川 洋子

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属看護福祉学部 / 看護学科
看護福祉学研究科
職名教授
研究室看護福祉学部棟408号室 (内線4408)
E-mailohkawa (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
最終学歴広島大学大学院保健学研究科博士課程後期修了
所属学会

日本母性衛生学会、日本看護科学学会、日本生殖看護学会、日本看護管理学会

職歴

1979 兵庫医科大学病院
1986 福井県立短期大学第2看護学科
1995 福井県立大学看護短大部第2看護学科
2000 福井県立大学看護福祉学部

研究活動

専門母性看護学
研究活動の紹介

少子化に関わる研究
母性看護学に関連する教育教材の開発
セクシュアリティに関するピアサポート(同年代の仲間による支援)の役割
思春期や青年期を対象とした性に関する知識や意識・行動および月経への態度と健康教育について
女性のライフサイクルに応じた健康評価
生殖補助医療に関連する看護
看護職の職業的アイデンティティと職業継続意志

キーワード母性看護学, 女性の健康と保健行動, 新生児の看護, 不妊治療と看護, 看護職の職業経験と継続意志

主な著書・論文

【著書】
性:セクシャリティーの看護 QOLの実現をめざして(共著、建帛社)2001年
看護実践の基礎と展開 理論・技術・領域別看護 (共著、看護の科学者)2006年
3次元CG周産期診断分娩介助教育システム 異常編(共著メディカ出版)2012年
【論文】
1) 働く女性の月経周期に伴う不定愁訴と仕事環境との関連 (母性衛生)2002.
2) 就業女性における月経随伴症状と作業形態との関連(母性衛生)2005.
3) The study of availability of CD-ROM teaching apparatus using virtual reality for the abnormal delivery(ICM28th in Glasgow 2008.)
仮想現実手法を用 いた異常分娩および医療技術モデルの教育教材の開発
4) 女子中学生における体重の減量願望と健康意識に関する研究(母性衛生)2010.
5)福井県内病院看護部長職等が捉えた看護職者院内教育の現状と課題(福井県立大学論集)2013.
【報告】
1)福井県における働く女性の月経随伴症状による健康評価に関する研究(福井県立大学 学術振興基金2003〜2005年度)
2)少子化時代における福井県の子産み・子育て環境と他県比較(福井県立大学学術振興 基金2007〜2008年度)
3)胎児アセスメントモデルのe−ラーニング教育教材の開発(科研費基盤研究2007-2008年度)

主な社会・地域活動

福井県母性衛生学会常任理事、福井県看護協会研修会講師、女性健康相談事業相談員等

教育活動

担当科目【学部】看護研究方法論 母子保健学 母性看護学 母性看護学実習 卒業研究 養護実習 教職実践演習 【大学院】看護研究方法論、母子看護・保健学特論 母子看護学特別研究 母子看護学演習
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

1.女性の月経や健康に関する研究(思春期から更年期) 2.セクシュアリティに関するピアエデュケーション・ ピアカウンセリングに関する研究 3.少子化・子産みに関する研究 4.分娩・胎児のアセスメントモデルに関連した教育教材 5.不妊治療の看護に関する研究 6.看護職の職業経験の質・継続意志に関する研究

その他

学位:保健学博士(広島大学)

↑