English
教員情報
地域経済研究所 教授

ささい つかさ佐々井 司

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属地域経済研究所
職名教授
研究室地域経済研究所研究・交流棟204号室 (内線6204)
最終学歴神戸大学大学院工学研究科、天津大学大学院工学系、オーストラリア国立大学 社会人口学研究所
所属学会

日本人口学会、自治体学会ほか

職歴

1994~2015年
国立社会保障・人口問題研究所
(旧 厚生省人口問題研究所)

研究活動

専門人口学、都市計画
研究活動の紹介

人口動向と社会経済要因に関する研究
人口減少、少子高齢化が社会問題として喧伝され、政治課題として浮上する今日ですが、人口変動に関する客観的な背景要因の分析がわが国において十分に行われてきたとは言い難いところがあります。これまで公的に行われてきた諸施策が人口動態にどのようなメカニズムで作用し影響を及ぼしてきたのかについて定量的な分析を行っています。また、人口動向は、地域の地理的環境や文化的背景による影響を強く受けていることから、人口変動のメカニズムはモデル化が難しく、地域固有の条件を十分に加味した定性的な解釈も重要になってきます。それゆえに、国際的、学際的な共同研究を重視しています。

キーワード人口、社会保障、地域、アジア、政策

主な著書・論文

○「日本社会の変容と社会保障」第6章「少子化と人口学的要因」『社会保障費用統計の理論と分析~事実に基づく政策論議のために~』(2014)慶應義塾大学出版会
○「人口からみた社会変動」『社会理論と社会システム』(2014)中央法規
○「人口推計と自治体計画」『2020年の地域と自治』(2011)第一法規
○「東アジア 少子高齢化と政策対応」『世界主要国・地域の人口問題』(
2010)原書房
○「自治体における子育て支援の効果と課題」『次世代のための家族政策の確立に向けて~家族支援政策は包括的な視点で再構築を~』(2007)社会経済生産性本部

主な社会・地域活動

○日経BPクリーンテック(2013)「わが国の少子高齢化と人口減少」『スマートシティ・サービス研究会』
○国民生活産業・消費者団体連合会(2013)「日本の人口及び高齢化の推移とそれに伴う生活者の周辺環境の変化について」『人口減少・超高齢社会対策委員会』
○JICA(2012年)「人口構造分析と将来人口推計」『ホンジュラス貧困削減戦略モニタリングシステム人材育成プロジェクト報告会』
○総務省自治大学校(2014年)「少子化時代の子ども施策の 現状と課題」『平成24年度自治体研修』
○全国認定こども園協会(2013年)「少子化時代における子ども・子育て支援を考える」『東北地区地域活性化研修会』
○中国・上海社会科学院(2011年)「日本における少子高齢化と政策対応」『東アジア人口高齢化専門家会議』

教育活動

相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

人口に係る課題全般。
人口変動と社会経済要因との関係、地域政策や社会保障制度のあり方など

↑