English
教員情報
生物資源学部 / 生物資源学科 講師

いとう たかし伊藤 崇志

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

生年月日1978年3月17日
所属生物資源学部 / 生物資源学科
職名講師
研究室生物資源学部棟420号室 (内線3420)
E-mailtito (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイトhttp://www.fpu.ac.jp/faculty/biotechnology/labs/food/
最終学歴大阪大学大学院薬学研究科
所属学会

日本薬理学会
日本薬学会
国際タウリン研究会
基礎老化学会

職歴

2005 大阪大学大学院薬学研究科 特任研究員
2007 サウスアラバマ大学 研究員
2009 兵庫医療大学薬学部 助教
2015 同 講師
2017 福井県立大学 講師

研究活動

専門薬理学、機能食品学
研究活動の紹介

魚介類にたくさん含まれるタウリンの抗老化作用、特に、筋肉の衰えに対するタウリンの効果についてメカニズムを研究しています。

キーワードタウリン、エイジング、サルコペニア

主な著書・論文

著書


  1. 読んで効くタウリンのはなし 村上茂編著 成山堂書店

  2. 薬学生のための処方解析トレーニング 門林宗男、前田初男編著 化学同人
  3.  

論文(英語)


  1. Takashi Ito et al. Impaired energy metabolism of the taurine-deficient heart. Amino Acids, 48, 549-558 (2016)

  2. Takashi Ito et al. Taurine depletion causes lean phenotype and enhancement of glucose disposal. J Pharmacol Sci., 129, 59-64 (2015)

  3. Chian Ju Jeong et al. The ubiquitin-proteasome system and autophagy are defective in the taurine deficient heart. Amino Acids, 47, 2609-2622 (2015)

  4. Xiaobin Han et al. Knockout of the TauT gene predisposes C57BL/6 mice to streptozotocin-induced diabetic nephropathy. PLoS One, 10, e0117718 (2015)

  5. Takashi Ito et al. Potential anti-aging role of taurine via proper protein folding: A study from taurine transporter knockout mouse. Adv Exp Med Biol., 803, 481-487 (2015)

  6. KC Ramila et al. Role of protein phosphorylation in excitation-contraction coupling in taurine deficient hearts. Am J Physiol., 308:H232-239 (2015)

  7. Takashi Ito et al. Tissue taurine depletion alters metabolic response to exercise and reduces running capacity in mice. J Amino Acids., 2014:964680 (2014)

  8. Takashi Ito et al. Tissue depletion of taurine accelerates skeletal muscle senescence and leads to early death in mice. PLoS One, 9, e107409 (2014)

  9. Takashi Ito et al. Taurine depletion caused by knocking out the taurine transporter gene leads to cardiomyopathy with cardiac atrophy. J Mol Cell Cardiol., 44, 927-937 (2008)

  10. Takashi Ito et al. Degradation of NFAT5, a transcriptional regulator of osmotic stress-related genes, is a critical event for doxorubicin-induced cytotoxicity in cardiac myocytes. J Biol Chem., 282, 1152-1160 (2007)

  11. Takashi Ito et al. Regulation of cytochrome P450 2E1 under hypertonic environment through TonEBP in human hepatocytes. Mol Pharmacol., 72, 173-181 (2007)

  12. Yoriko Uozumi et al. Myogenic differentiation induces taurine transporter in association with taurine-mediated cytoprotection in skeletal muscles. Biochem J., 394, 699-706 (2006)

  13. Takashi Ito et al. Expression of taurine transporter is regulated through the TonE/TonEBP pathway and contributes to cytoprotection in HepG2 cells. Biochem J., 382, 177-182 (2004)


論文(日本語総説)


  1. 伊藤崇志;タウリン欠乏と骨格筋老化の関連性.タウリンリサーチ,2, 4-6 (2016)

  2. 伊藤崇志;心筋、骨格筋において組織タウリンと寿命に関連はあるか?タウリンリサーチ,1, 9-11 (2015)

  3. 伊藤 崇志, 東 純一; 心血管病におけるタウリン.循環器内科,75, 637-644 (2014)

  4. 伊藤 崇志, 東純一; タウリンの動脈硬化予防薬としての可能性, 日本薬理学雑誌, 123, 311-317 (2004)


主な社会・地域活動

国際タウリン研究会 理事、事務局

教育活動

担当科目食品衛生学、生物化学実験、生物学実験
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

・タウリンの薬理、機能
・農産物・水産物・加工食品の機能性評価。特にアンチエイジングに働く食品成分。

↑