English
教員情報
経済学部 / 経済学科 講師

まつおか たかやす松岡 孝恭

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属経済学部 / 経済学科
経済・経営学研究科
職名講師
研究室経済学部棟E403号室 (内線2403)
最終学歴大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(応用経済学)
所属学会

日本経済学会

職歴

2010 日本学術振興会特別研究員(PD)
2012 大阪大学大学院国際公共政策研究科 助教
2014 現職

研究活動

専門マクロ経済学、統計学
研究活動の紹介

日本における小売物価や為替レートにおける変動の特性を分析している。
1.価格の硬直性
2.市場構造と価格調整メカニズム
3.購買力平価仮説の検証

キーワード物価 為替レート マクロ経済学 統計学 計量経済学

主な著書・論文

Matsuoka, T. 2010. “Unobserved Heterogeneity in Price-Setting Behavior: a Duration Analysis Approach,” Japan and the World Economy, 22.(価格設定行動における異質性について―継続時間分析からのアプローチ)
―. 2009. “Goodness-of-Fit Test for Price Duration Distributions,” Research Center for Price Dynamics Working Paper Series, 31.(価格継続時間に関する適合度検定)
―. 2011. “Price Rigidity and Market Structure: Evidence from Japanese Scanner Data,” Research Center for Price Dynamics Working Paper Series, 71.(価格硬直性と市場構造について)
―. 2012. “Retail Price Stickiness, Market Structure and Distribution Channels,” Research Center for Price Dynamics Working Paper Series, 2012-4.(小売価格の硬直性、市場構造、流通経路について)

教育活動

担当科目統計学、計量経済学、基礎ゼミ、演習I
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

マクロ経済の実証分析(国民経済計算の見方、物価指数の推計方法など)
統計学(継続時間分析、適合度検定、多変量解析など)
計量経済学(時系列分析、ミクロ計量分析、パネル分析など)

↑