English
教員情報
看護福祉学部 / 看護学科 准教授

やまざき かよこ山崎 加代子

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

所属看護福祉学部 / 看護学科
看護福祉学研究科
職名准教授
研究室看護福祉学部棟415号室 (内線4415)
E-mailyamazaki (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
最終学歴福井医科大学大学院医学系研究科 修士課程修了
職歴

1991 福井県立病院看護師
1995 福井県立大学看護短期大学部助手
2001 福井県立大学看護福祉学部助手
2007 同 助教
2009 同 講師
2013 同 現職

研究活動

専門成人看護学 (急性期看護)
研究活動の紹介

1.救急臨床現場で働く看護師の判断に関する研究。
救急医療は時間との勝負です。迅速で的確な判断のもと医療が提供されるとともに、突然の発病や怪我で精神的に動揺することもあり心理的なサポートが重要です。救急現場で働く看護師,基礎教育における教育システムについての役割など課題をもっています。
2.災害に対する看護職者の備えに関する研究。
災害看護に携わる看護職者が直面した課題から、個人や組織としての備えを明らかにしたいと考えています。

キーワード臨床判断 救急看護 周手術期看護 災害看護

主な著書・論文

論文
「東日本大震災被ばく医療スクリーニング派遣看護師の体験(第2報)-放射線被ばく医療を後方支援する派遣病院の視点から-」(共著,第43回日本看護学会論文集看護管理,2013)
「看護師の緊急性の判断に関する研究―初期〜三次対応の救急外来において―」(共著,日本救急看護学会雑誌,2006)
「美浜原発事故(2004.8.9)の受け入れ病院での受け入れ状況の実態調査―看護師の聞き取り調査から―」(共著,日本救急医学会中部地方会会誌Vol.1,2005)
著書
「救急看護QUESTION BOX8」」(共著,南江堂,2005)
「救急看護プラクティス」(共著,南江堂,2004)

主な社会・地域活動

・福井救命救急研究会事務局(2003年〜現在)
・福井県看護協会 救急看護委員(2009年〜2014年)
・福井県保健師助産師看護師実習指導者講習会講師(2009年〜現在)
・福井赤十字病院院内看護研究指導
・日本災害看護学会第12回年次大会企画委員(2010年)
・市民・専門職者対象の心肺蘇生法(BLS/AED)の研修

教育活動

担当科目学部:成人急性看護学 成人急性看護学実習 災害看護学 卒業研究(成人看護学) /研究科:看護倫理学
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

・救急の現場における看護活動に関する研究(救急外来での看護師の臨床判断、緊急性の判断など) ・災害等の受け入れ初期医療機関における看護師の活動に関する研究 ・周手術期看護に関する研究(手術前・手術後の看護など)

↑