English
教員情報
生物資源学部 / 生物資源学科 教授

よしおか としひと吉岡 俊人

プロフィール 研究活動 主な著書・論文 主な社会・地域活動 教育活動 その他

プロフィール

生年月日1955年2月17日
所属生物資源学部 / 生物資源学科
生物資源学研究科
職名教授
研究室生物資源学部棟608号室 (内線3608)
E-mailyoshi (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイトhttp://www.s.fpu.ac.jp/kankyo/JP/Home.html
最終学歴京都大学大学院農学研究科博士課程単位取得退学
所属学会

日本生態学会、日本植物生理学会、日本植物学会、種生物学会、日本雑草学会、日本作物学会、国際種子科学会

職歴

1985 日本曹達(株)小田原研究所研究員
1990 東北大学教養部助手
1993 東北大学農学部助手
2006 福井県立大学生物資源学部助教授
2010 現職

研究活動

専門雑草学、種子生物学、植物生態学、植物生理学
研究活動の紹介

「冬生一年生雑草の生活史進化に関する遺伝的プログラム」を解明するために、環境に応答して種子発芽と開花のタイミングを制御する生態、生理、分子機構について研究を行っている。また、これらの研究で得られた種子科学に関する知見を環境保全型雑草管理や植物機能性向上など農業分野に応用することを目指している。

キーワード雑草 種子発芽 冬生一年草生活史 アブシジン酸 種子春化

主な著書・論文

【著書】
(編著)里地里山里海の生きもの学、福井県大学連携リーグ、2014:福井県の里地里山里海に生きる動植物を解説し、その保全について論じた。

(編著)発芽生物学、文一総合出版、2009:種子発芽の制御機構について生態・生理・分子の各レベルから解説したわが国初の図書。

(共訳)ファストプランツで学ぶ植物の世界、In The Woods Books、2006:極短生活環のアブラナ科植物ファストプランツを教材にした中学~大学向けの理科実験解説書。

(分担執筆)雑草の発生生育特性,山崎耕宇ら監修、新編 農学大事典,376-400、養賢堂,2004:雑草の発生生育特性を種子あるいは栄養繁殖体の空間的および時間的分散の観点から解説した。

【論文】
Abscisic acid in the thermoinhibition of lettuce seed germination and enhancement of its catabolism by gibberellin. Journal of Experimental Botany 55, 111-118, 2004:アブシジン酸の内生量と感受性の調節を介した種子発芽温度応答機構の基本モデルを提示した。

Effect of increased concentration of soil-CO2 on intermittent flush of seed germination in Echinochloa crus galli var. crus-galli. Plant, Cell and Environment. 21, 1301-1306, 1998:夏生一年草種子にとって土壌CO2が機会的発芽タイミングを検出する環境シグナルであることを明らかにした。

【特許】
「種子のストレス耐性強化方法及び消毒処理方法」,特願2008-072787,2008:遺伝子組換えによらない方法によって作物種子の温湯消毒時の耐熱性を高める種子処理技術を発明した。

主な社会・地域活動

1.学会活動
・日本雑草学会評議員(1998年~現在)
・日本雑草学会シンポジウム委員長(2012年~2013年)
・Weed Biology and Management編集委員長(2010年~2011年)
・種生物学会和文誌編集委員(2007年~現在)
など

2.社会活動
・福井市自然史博物館評価委員(2007年~現在)
・農水省九頭竜川下流地区環境情報連絡会委員(2009年~現在)
・福井県池田町「生命に優しい米づくり」認証委員長(2012年~2013年)
・国交省九頭竜川流域懇談会委員(2013年~現在)
・国交省北川流域懇談会委員(2013年~現在)
など

3.地域活動
・福井の代表的ため池三国町「加戸の大堤」再生プロジェクト協議会
・世界的に貴重なアゼトギリ丸岡個体群保全活動

教育活動

担当科目環境生物学 緑地生態学 生物学Ⅱ 植物資源学実験 環境生物学実験 生物生産環境学
オフィスアワー

電子メールで連絡をとり、時間と場所を設定する。

相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど

農薬のリスクとベネフィット 雑草管理 水稲種子温湯消毒 健康機能性野草 学習教育教材植物 地域環境保全活動

その他

学位:農学博士(京都大学, 1988年)
受賞:The Best Research Paper Competition at the 17th Conference of the Asian-Pacific Weed Science Society(1999年)
在外研究:英国・サウサンプトン大学生物多様性・生態学科(日本学術振興会特定国派遣研究員、2002~2003年)
所属学会:日本生態学会、日本植物生理学会、日本植物学会、種生物学会、日本雑草学会、日本作物学会、植物化学調節学会、The International Society for Seed Science
コメント:今の生活が最近1万年間の奇跡的な地球気候安定の上に成り立っていることを是非意識していただきたいと思います。

↑