研究業績

原著論文 (レフェリー制)
Luo L., Li W., Miura K., Ashikari M., Kyozuka J.
Control of Tiller Growth of Rice by OsSPL14 and Strigolactones, which Work in Two Independent Pathways. Plant Cell Physiol. 53 1793-1801 (2012)

Segami S., Kono I., Ando T., Yano M., Kitano H., Miura K*., Iwasaki Y*.
Small and round seed 5 gene encodes alpha-tubulin regulating seed cell elongation in rice.
Rice. 5,4 (2012) * Corresponding author

Asano K., Yamasaki M., Takuno S., Miura K., Katagiri S., Ito T., Doi K., Wu J., Ebana K., Matsumoto T., Innan J., Kitano H., Ashikari M., Matsuoka M.
Artificial selection for a green revolution gene during japonica rice domestication.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 108 11034-9. (2011)

Kato T., Segami S., Toriyama M., Kono I., Ando T., Yano M., Kitano H., Miura K*., Iwasaki Y.
Detection of QTLs for grain length from large grain rice (Oryza sativa L.)
Breeding Science 61, 269-274 (2011)
*: Corresponding author

Miura, K., Ikeda, M., Matsubara, A., Song, X-J., Ito, M., Asano, K., Matsuoka, M. Kitano, H., and Ashikari, M.
OsSPL14 promotes panicle branching and higher grain productivity in rice.
Nature Genetics 42, 545-549. (2010)

Miura, K., Agetsuma, M., Kitano, H., Yoshimura, A., Matsuoka, M., Jacobsen, S. E., and Ashikari, M.
A metastable DWARF1 epigenetic mutant affecting plant stature in rice
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 106, 11218-11223. (2009)

Miura, K., Wu, J., Sunohara, H., Wu, X., Matsumoto, T., Matsuoka, M., Ashikari, M. and Kitano, H.
High-resolution mapping revealed a 1.3-Mbp genomic inversion in Ssi1, a dominant semidwarf gene in rice (Oryza sativa L.)
Plant Breeding 128, 63-69. (2009)

Miura, K., Yamamoto, E., Morinaka, Y., Takashi, T., Kitano, H., Matsuoka, M., and Ashikari, M.
The hybrid breakdown 1 (hbd1) gene induces inter-specific hybrid breakdown between Oryza sativa japonica cv. Koshihikari and its wild relative O. nivara
Breeding Science 58, 99-105. (2008)

Hattori, Y., Miura, K., Asano, K., Yamamoto, K., Mori, H., Kitano, H., Matsuoka, M., Ashikari, M.
A major QTL confers rapid internode elongation in response to water rise in deepwater rice
Breeding Science 57, 305-314. (2007)

Asano, K., Takashi, T., Miura, K., Qian, Q., Kitano, H., Matsuoka, M. and Ashikari, M.
Genetic and molecular analysis of utility of sd1 alleles in rice breeding.
Breeding Science 57, 53-58. (2007)

Nakamura, A., Fujioka, S., Sunohara, H., Kamiya, N., Hong, Z., Inukai, Y., Miura, K., Takatsuto, S., Yoshida, S., Ueguchi-Tanaka, M., Hasegawa, Y., Kitano, H., Matsuoka, M.
The role of OsBRI1 and its homologous genes, OsBRL1 and OsBRL3, in rice.
Plant Physiology 140, 580-90. (2006)

Sunohara, H., Miura, K., Wu, X., Saeda, T., Mizuno, S., Ashikari, M., Matsuoka, M. and Kitano, H.
Effects of Ssi1 gene controlling dm-type internode elongation pattern on lodging resistance and panicle characters in rice.
Breeding Science 56, 261-268. (2006)

Sakamoto, T., Miura, K., Itoh, H., Tatsumi, T., Ueguchi-Tanaka, M., Ishiyama, K., Kobayashi, M., Agrawal, G. K., Takeda, S., Abe, K., Miyao, A., Hirochika, H., Kitano, H., Ashikari, M. and Matsuoka, M.
An overview of gibberellin metabolism enzyme genes and their related mutants in rice.
Plant Physiology 134, 1642-1653. (2004)

Murakami, M., Ashikari, M., Miura, K., Yamashino, T. and Mizuno, T.
The evolutionarily conserved OsPRR quintet: rice pseudo-response regulators implicated in circadian rhythm.
Plant Cell Physiology 44, 1229-1236. (2003)

Miura, K., Ashikari, M., Matsuoka, M. and Hsing, Y. I. C.
Mapping of the lazy gene, la.
Rice Genetics Newsletter 20, 29-30. (2003)


原著論文 (非レフェリー制)
三浦 孝太郎. 北野 英己. 芦苅 基行
平成22年度農林水産研究開発成果特集(3)穂を大きくする遺伝子の発見とその応用
食料と安全 / 全国瑞穂食糧検査協会 編 9 (7), 28-32 (2011)

三浦孝太郎, 北野英己, 芦苅基行
イネ収量増加遺伝子の発見-穀物増産を通した食糧危機回避へのチャレンジ-
農林水産技術 研究ジャーナル34 (4), 23-26 (2011)

著書
三浦 孝太郎, 芦苅 基行
パラミューテーション
細胞工学 別冊 植物細胞工学シリーズ24 植物のエピジェネティクス. 136-143. (2008)

総説
Miura K., Ashikari, M., Matsuoka, M.
The role of QTLs in the breeding of high-yielding rice.
Trends in Plant Science. 16, 319-26. (2011)

学会発
三浦孝太郎 瀬上修平 岩崎行玄
種子の形のお話2012 〜籾を大きくしてもスカスカにならないの?〜
国立遺伝学研究所研究会「イネ分子遺伝学の夢」(2012年11月9日-2012年11月10日)

Luo L., Li W., Miura K., Ashikari M., Kyozuka J.,
Control of Tiller Growth of Rice by OsSPL14 and Strigolactones, which Work in Two Independent Pathways.
日本育種学会 第122回講演会2012 (京都産業大)

岩崎行玄 三浦孝太郎 瀬上修平
イネの種子形を制御する遺伝子
日本育種学会 第122回講演会2012 (京都産業大)

瀬上修平 森下夏紀 三浦孝太郎 岩崎行玄
イネの種子形を制御する遺伝子群の解析
イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2012 (奈良先端大)

瀬上修平 河野いづみ 安藤露 矢野昌裕 北野英己 三浦孝太郎 岩崎行玄
イネ短粒変異体Small and round seed5 の同定
日本育種学会 第121回講演会 (2012)

三浦孝太郎 瀬上修平 森下夏紀 石田曉伸 岩崎行玄
種子の形のお話
国立遺伝学研究所研究会「イネ分子遺伝学の飛躍」(2011年11月18日-2011年11月19日)

三浦孝太郎
イネの分枝を制御するWFP遺伝子は転写時及び転写後抑制による発現制御を受ける
北陸合同バイオシンポジウム2010

井沢有希, 香野みずき, 三浦孝太郎, 岩崎行玄
イネ3量体Gタンパク質はブラシノステロイド(BR)シグナリングに関与するか?
北陸合同バイオシンポジウム2010

加藤丈晴, 瀬上修平, 鳥山真衣, 三浦孝太郎, 岩崎行玄
米粒の長さを制御する新奇量的形質遺伝子座、qGL4b, qGL7a, qGL7bの解析
北陸合同バイオシンポジウム2010

瀬上修平, 加藤丈晴, 鳥山真衣, 三浦孝太郎, 岩崎行玄
イネ短粒変異体srs5の変異原因遺伝子の同定
北陸合同バイオシンポジウム2010

三浦孝太郎, 池田真由子, 松原篤史, 宋献軍, 浅野賢治, 松岡信, 北野英己, 芦苅基行
分枝制御遺伝子WFPの遺伝解析と育種利用
NIASシンポジウム イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2010

三浦孝太郎
イネの生産性の飛躍的向上を目指した新規有用遺伝子の単離と分子育種的利用
2010年植物科学シンポジウム グリーンイノベーションに向けた新たな植物科学

Kotaro Miura
OsSPL14 promotes panicle branching and higher grain productivity in rice
China-Japan Joint Workshop on Rice Morphogenesis 2010

香野みずき, 井沢有希, 北野英巳, 三浦孝太郎, 岩崎行玄
縦方向の伸長を制御するイネ遺伝子群の解析
日本育種学会 第118回講演会 2010

加藤丈晴, 瀬上修平, 鳥山真衣, 安藤露, 河野いづみ, 矢野昌裕, 北野英己, 三浦孝太郎, 岩崎行玄
イネの種子長を制御する新規QTL 、qGL4b , qGL7a , qGL7bの解析
日本育種学会 第118回講演会 2010

三浦孝太郎, 池田真由子, 松原篤史, Song X., 浅野賢治, 松岡信, 北野英己, 芦苅基行
イネの分枝を制御するWFP遺伝子は転写時及び転写後抑制による発現制御を受ける
日本育種学会 第118回講演会 2010

鳥山真衣, 瀬上修平, 加藤丈晴, 北野英己, 三浦孝太郎, 岩崎行玄
コシヒカリ大粒変異体のジャポニカイネ間交雑による原因遺伝子領域の特定
日本育種学会 第119回講演会 2011

瀬上修平, 加藤丈晴, 鳥山真衣, 安藤露, 河野いづみ, 矢野昌裕, 北野英己, 三浦孝太郎, 岩崎行玄
イネ短粒変異体Srs5の遺伝解析
日本育種学会 第119回講演会 2011

井沢有希, 香野みずき, 北野英己, 三浦孝太郎, 岩崎行玄
イネ3量体Gタンパク質αサブユニットは、葉鞘の細胞数の制御において、ブラシノステロイドシグナリングの下流で機能する
第52回日本植物生理学会年会 2011

表彰
日本育種学会優秀発表賞(2010年度秋季大会)
三浦孝太郎, 池田真由子, 松原篤史, Song X., 浅野賢治, 松岡信, 北野英己, 芦苅基行
イネの分枝を制御するWFP遺伝子は転写時及び転写後抑制による発現制御を受ける

日本育種学会優秀発表賞(2009年度春季大会)
浅野賢治 山崎将紀 三浦孝太郎 呉健忠 江花薫子 松本隆 北野英己 松岡信 芦苅基行
イネジャポニカ栽培化過程におけるSemidwarf1の人為選抜の検証

日本育種学会論文賞(2008)
Hattori, Y., Miura, K., Asano, K., Yamamoto, K., Mori, H., Kitano, H., Matsuoka, M., Ashikari, M.
A major QTL confers rapid internode elongation in response to water rise in deepwater rice
Breeding Science 57, (4) 305-314. (2007)

特許
一次枝梗数を制御する遺伝子及びその利用 (出願番号 特願2009-167734)

外部資金獲得状況
最先端・次世代研究開発支援プログラム(2011・2月〜2014・3月)

その他の研究活動
イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2012 座長

日本育種学会第120回講演会運営委員 2011年9月22日-24日

 

このページのお問い合わせ先

福井県立大学 生物資源学部
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線3110 FAX : 61-6015
E-mail : f_bio@fpu.ac.jp