研究設備

NanoLC高分解能・高精度質量分析システム (orbitrap elite LC-MS) 

ハイブリッド質量分析計の応用範囲は幅広く、その優れた分解能は、プロテオミクス、メタボロミクス、リピドミクスなど複雑な試料中の微量成分の分析に有用です。

LC-MS.jpg
 

X線回折装置 (Rigaku micro-max007-RAXIS IV++) 

多彩な機能をもつタンパク質などの生体高分子の機能発現は、各分子の構造によって左右されます。生体高分子の結晶にX線を照射し、生じた回折散乱を測定することで、その分子構造を精密に決定することができます。得られた立体構造情報は、生体高分子の機能の解明や、その機能制御や薬剤開発などに用いられます。Xray.jpg

 

DNA sequencer (ABI prism) 

DNAに含まれる塩基配列を解析するための装置ですDNAの塩基配列には遺伝情報がコードされています。その配列決定は現代生物学の基盤となっており、盛んに利用されています。

DNA Seq 3100.JPG
 

実験圃場と温室

field.jpg

glasshouse.jpg

このページのお問い合わせ先

福井県立大学 生物資源学部
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線3110 FAX : 61-6015
E-mail : f_bio@fpu.ac.jp