学部・大学院の概要

生物資源学部 生物資源学科

豊かな教養をベースに、生物資源の専門的学問を追究。
社会に通用する研究者・技術者を育成する。

生物資源学科の専門分野は、分子生物学、植物資源学、分子機能科学、応用生化学です。講義による知識と、実験・実習で得られる技術・体験を両輪に、少人数教育で実践的な教育・研究を徹底。生物資源学の社会における責任や倫理観を培う「社会的認識力」、情報を取り扱う数理的「基礎学力」、それらに基づく「高度な専門学力」、研究成果を伝える「コミュニケーション力」、すべての集大成となる「課題解決力」という5つの力の習得を目標に、幅広い見識を身に付けることで応用力を培い、社会に出てから活躍できる人材を育成します。

 

生物資源学研究科 生物資源学専攻(博士前期・後期課程)

優れた研究設備など恵まれた環境下で、
生物資源のフィールドにおける実践力のある人材を養成。

豊かな自然に囲まれた地域特性を活かし、微生物、動物、植物を含む多様な生物資源の開発、育成、利用に関する研究を実施。これらの生物資源を素材に、遺伝子、酵素・タンパク質、代謝産物など、生物機能を分子レベルで解明し、これらの成果に基づいた応用を進めています。加えて、有用な微生物を探索し、これらを暮らしに役立てる実学志向の研究や、貴重な植物資源を保護し、環境との調和を考える研究も実施しています。

このページのお問い合わせ先

福井県立大学 生物資源学部
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線3110 FAX : 61-6015
E-mail : f_bio@fpu.ac.jp