学生支援制度

授業料の免除および納入期限の延期

経済的理由によって授業料の納入が困難であると認められる学生は、授業料の徴収猶予(納入期限の延期)を受けることができます。 また、学業成績が優秀であると認められる学生は、授業料の免除を受けることができます。

授業料の徴収猶予を希望する場合は、授業料の納入期限までに、授業料徴収猶予申請書を学生カウンター(管理棟1階)へ提出してください。

授業料の免除を希望する学生は、カウンターに掲示する日までに、授業料免除申請書を学生カウンター(管理棟1階)へ提出してください。この場合、日本学生支援機構が実施する奨学金貸与制度への申請も必要です。

なお、上記内容は学部生についてですので、大学院生については事務局に問い合わせてください。

詳しくはこちら(授業料・授業料免除)をご覧ください。

 

特待生

学業成績が特に優れ、かつ、人物が優秀であると認められる各学科1名(経済学部は2名)の学生を各学期の特待生とします(ただし、1年次生は除く)。特待生に決定された学生には、奨学金10万円が支給されます。生物資源学科では、オナーズプログラム履修生であることが必要条件となります。

なお、上記内容は学部生についてであり、大学院生については事務局に問い合わせてください。

詳しくはこちら(授業料・授業料免除)をご覧ください。

 

奨学金

福井県立大学では、学生および大学院生の生活を支援するため、以下の奨学金制度を整備しています。

  • 日本学生支援機構: 第一種(無利子)、第二種(有利子)
  • その他: 地方公共団体・公益法人・営利法人などが育英奨学事業を行っています。

詳しくはこちら(奨学金)をご覧ください。

 

留学制度

海外留学派遣制度

国際感覚の育成を目的とした海外留学派遣制度があります。本学の指定大学で習得した単位は、本学規定の範囲内において認定されます(単位数に制限有り)。

短期: 2年生以上を対象とした語学研修(英語・中国語)。1ヶ月程度で、本学の夏期休業期間中に実施。

長期: 主に3年生以上を対象とした交換留学。6ヶ月~1年程度。

 

交換留学

提携4大学(中国・浙江財経学院、韓国・江陵原州大学校、韓国・全南大学校、中国・吉林大学、台湾・宜蘭大学、台湾・高雄第一科技大学)と学術交流協定に基づいた交換留学生制度があります。この制度により、上記協定校において習得した単位は、本学において習得した単位として認定されます(単位数に制限有り)。

 

単位互換制度

他大学等で開講されている「単位互換開放科目」を受講した際の単位が、本学単位として認定される制度です。専攻分野の知識を深めたり、興味や関心のある分野について学びたい場合に活用してください。
 
 

キャリアセンター

福井県立大学には就職に関する様々な支援を行うキャリアセンターが設置されています。

このページのお問い合わせ先

福井県立大学 生物資源学部
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線3110 FAX : 61-6015
E-mail : f_bio@fpu.ac.jp