特別セミナー(2015/12/14)

生物資源学特別セミナー

=県立大客員教授講演会=

演 題: 微生物によるアミノ酸生産 
―酵素法を中心に―

演 者: 石川県立大学学長・福井県立大学客員教授
      熊谷 英彦 先生

日 時: 平成27年12月14日(月) 16:30~18:00 

場 所: 生物資源学部棟1階会議室

アミノ酸はタンパク質を構成する重要な化合物であり、主にブドウ糖を原料として微生物によって発酵生産されている。一方、微生物の酵素を利用すると、ブドウ糖以外の原料からアミノ酸を合成することができる。また、酵素の広い基質特異性を利用すると、生理活性を有するアミノ酸類縁化合物も合成することができる。
熊谷先生は、パーキンソン氏病の特効薬であるドーパ(DOPA)を微生物酵素が合成することを発見された。現在、その技術によってドーパは工業的に生産されている。微生物を利用するアミノ酸及び類縁化合物合成に関する基礎と応用に亘る幅広い講演を頂きます。

連絡先:担当教員名  宇多川 隆 (内1200)

ご来聴を歓迎いたします。

福井県立大学生物資源学科
(0776)61-6000

このページのお問い合わせ先

福井県立大学 生物資源学部
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線3110 FAX : 61-6015
E-mail : f_bio@fpu.ac.jp