落雷に対する注意

落雷人身被害の種類

  • 直接落ちる(一番致死率が高い)
  • 木や高い物に落ちた雷が間接的に飛んでくる
  • 木や高い物に落ちてから、地面や物質を伝って感電する

落雷による被害をさけるには

雷の発生・接近を知ること

  • モクモクとした積乱雲
  • 雷鳴…雷鳴の聞こえる範囲は約10 キロメートル以内です。かすかにでも雷鳴が聞こえたら、次の雷は自分の近くに落ちる危険があるので避難してください。

危険な場所を離れること

  • グラウンド、テニスコート、ゴルフ場、屋外プール、堤防や砂浜、海上などの開けた場所や、山頂や尾根などの高いところなどは危険です。
  • 雷は場所を選ばず落ちます。高いものがない開けた場所では人に落雷しやすくなり、大変危険です。

安全な場所へ避難すること

  • 鉄筋コンクリート建築、自動車(オープンカーは不可)、バス、列車の内部は比較的安全な空間です。
  • 木造建築の内部も基本的に安全ですが、全ての電気器具、天井・壁から1m以上離れれば更に安全です。
  • 配電線・送電線の下は、それ自体電気をよく通す導体でできており、雷をひきつける避雷針と同じ役割を果たすので、安全です

木陰や建物の軒先で雨宿りしない。雨が降っても傘は刺さない。金属類は、そのままを身につけておいても雷を引き寄せない。

安全な空間に避難できない場合の対応

近くに安全な空間が無い場合は、電柱、煙突、鉄塔、建築物などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、その物体から4m以上離れたところ(保護範囲)に退避します。高い木の近くは危険ですから、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2m以上は離れてください。姿勢を低くし(両足を揃えてしゃがみ、指で両耳穴をふさぐ)、持ち物は体より高く突き出さないようにします。雷の活動が止み、20分以上経過してから安全な空間へ移動します。

Contact このページのお問い合わせ先

(永平寺キャンパス)保健管理センター
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : hoken@fpu.ac.jp