生物資源学研究科 海洋生物資源学専攻

概要


生物資源学研究科は、生物資源学専攻と海洋生物資源学専攻の2専攻から構成されおり、海洋生物資源学専攻は水域における生物生産を主体とした教育・研究活動を行っています。いわゆる、水産学が研究・教育の母体となっています。
海洋生物資源学専攻は小浜キャンパスに設置されており、若狭湾など大学を取り巻く多様性に満ちた海域をフィールドに、海洋生物資源の持続可能な開発、育成、利用を目指して調査研究を実施しています。

研究科の詳細は研究科パンフレットをご覧ください。

教育目標


持続可能な海洋生物資源の利用を推進するために必要な幅広い視野と、技術者・研究者としての社会的責任を理解して行動できる能力を修得します。
水圏の生物とそれらをめぐる環境および海洋生物資源の育成と利用に関する、高度の専門知識とその応用能力を修得します。
海洋生物資源の持続的利用にかかわる諸問題の解決に向けて情報を収集し、それをもとにして研究計画を作成するとともに、計画に沿って実験や調査を実施し、得られた成果を口頭と論文で発表する能力を修得します。
博士後期課程においては、海洋生物資源学の研究領域における自立した指導的技術者・研究者に求められる広範かつ高度で専門的な知識と技術および研究遂行能力を修得します。

特色


海洋生物資源学専攻では、海洋環境の保全と環境創造、水圏生物の生理・生態および系統・進化、海洋生物資源の機能特性と加工技術ならびに水産経営と食品流通に関する教育・研究を幅広く行っています。
また、専攻には、博士前期課程(修士課程)と博士後期課程(博士課程)が開設されており、両課程は海洋生物資源学部所属の大学院担当教員により構成されています。
大学院生1名に対して主指導教員1名、副指導教員1名以上を配置して研究指導に当たり、大学院生の研究環境を整えることに留意しています。

交通アクセス

交通アクセス



受験生の方



入試情報


  • 多様な学生の受入

  • 海洋生物資源学専攻では、一般枠に加えて、さまざまな経歴と目的を持った受験生を受け入れています。博士前期課程の社会人枠では、企業または団体から派遣される受験生など、社会人としてのさまざまな経験をもとに海洋生物資源学の高度な専門知識と技術を学ぶことで、将来さらに幅広く活躍したいという意欲のある受験生を、また、外国人留学生枠では、将来、海洋生物資源の分野で、自国や広く社会の発展ならびに自国と福井県あるいは日本との交流の架け橋として貢献したいという意欲のある受験生を期待します。さらに、博士後期課程においても、個別の入学資格審査により社会人などの受験生を広く受け入れています。
  • 入学者への期待

  • 21世紀に生きる私たちは、食料・エネルギー・環境問題など、数多くの困難に出会っています。このような問題を解決するために、農学、水産学を含めた生物資源学に対する社会の要請や期待はますます大きくなっています。そこで、生物資源学研究科は次のような学生の入学を求めています。

    • 人間を育む多様な個性と背景に理解を示す学生

    • 生物資源にかかわる科学分野の勉学と研究に強い意欲を持って持続的に取り組むことのできる学生

    • 幅広い知識とコミュニケーション能力および様々な条件下での問題解決能力を修得する意欲のある学生

    • 地域社会、日本、世界そして未来のために働こうとする意欲と希望を持った学生


資格や進路に関する情報


  • 高等学校教諭一種免許状(理科)を取得しており、「教科又は教職に関する科目」として所定の単位数以上を修得して得られる資格

  • 高等学校教諭専修免許状(理科)



在学生の方



学生支援制度


  • 奨学金

  • 福井県立大学では、学生および大学院生の生活を支援するため、以下の奨学金制度を整備しています。

    日本学生支援機構: 第一種(無利子)、第二種(有利子)

    その他: 地方公共団体・公益法人・営利法人などが育英奨学事業を行っています。

    詳しくはこちら(奨学金)をご覧ください。
  • フィールドワーク研修旅費(博士前期課程対象)

  • 授業の一環として、実地調査、情報収集等の研修活動を行う場合において、その研修に要する旅費を助成します。
  • ティーチング・アシスタント(博士前期課程対象)

  • 学部生の実習等において、教育補助授業を行う院生に対して報償費を支給します。
  • 長期履修制度(博士前期課程対象)

  • 職業を有している等の事情により、2年では履修が困難な場合、2年分の授業料で3年または4年かけて履修することができます。
  • 学会等参加旅費(博士後期課程対象)

  • 自らの研究成果を発表すること等を目的として、学会、シンポジウム等へ参加する場合において、その参加に要する旅費を助成します。
  • リサーチ・アシスタント(博士後期課程対象)

  • 教員が行う研究プロジェクト等において、研究補助業務を行う院生に対して報償費を支給します。



専門種目



水圏生物学


  • スタッフ

  • 教授:神谷 充伸

    准教授:吉川 伸哉

    講師:佐藤 晋也

  • 研究内容

  • 水圏の一次生産を担う藻類を対象に、生物多様性や適応進化、形態形成や生活環の制御機構、独立栄養や繁殖に関する生理生態などの解明ならびにその応用に関する教育・研究を行っている。


海洋生物培養学


  • スタッフ

  • 教授:宮台 俊、富永 修

    准教授:末武 弘章、小北 智之、田原 大輔

    講師:杉本 亮

  • 研究内容

  • 水圏生物の増養殖技術と多様性保全の新たな展開を目指し、海洋生物学、海洋動物生理学、遺伝学,ゲノム科学、生物地球化学、水圏生態学、行動学,水産資源学、海洋動物培養学、水族病理学,などを基礎として、理論的および応用的な教育・研究を行っている。


海洋生態環境学


  • スタッフ

  • 教授:大竹 臣哉、瀬戸 雅文、近藤 竜二

    准教授:兼田 淳史、髙尾 祥丈

  • 研究内容

  • 海洋・湖沼などの水圏生態化学・微生物学および海洋環境物理学・水理学などを基礎とし、生物活性と物理的環境形成の相互作用ならびにその応用に関する教育・研究を行っている。


海洋生物資源利用学


  • スタッフ

  • 教授:大泉 徹、横山 芳博、水田 尚志

    准教授:細井 公富、松川 雅仁

  • 研究内容

  • 海洋生物資源を食料など生命関連素材として高度利用するため、それらに含まれる各種生体成分の構造と機能の解明ならびにその応用に関する教育・研究を行っている。


海洋社会科学


  • スタッフ

  • 教授:加藤 辰夫

    准教授:東村 玲子

  • 研究内容

  • 食料産業としての水産業の重要な役割を重視し、産業的構築を目指すと同時に、近年の海洋レジャ-、遊漁などあらたな海洋と水産資源の利用と調整などの問題に解決の方途を与えるために社会科学の立場からの教育・研究を行っている。

このページのお問い合わせ先

福井県立大学
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL 0776-61-6000(代) FAX 0776-61-6011