お知らせ1/26 福井県立大学特別シンポジウムのお知らせ

地域経済研究所では、福井県経済の活性化のため、企業や行政と連携して、地域経済の動向や企業経営・まちづくりなどについて調査研究をしています。
特に、エネルギー研究開発拠点化計画のあり方や、電源立地地域としての福井県の将来像を考えるため、原子力発電と地域経済に関する重点事業として「原子力発電と地域経済の将来展望に関する研究」を行っています。

日本のエネルギー確保、地球環境問題への対応として原子力発電が注目される中、福井県内に立地する原子力発電所、関係施設が県内外から注目されていますが、今回、研究の一環として「東日本大震災の教訓~あらためて原子力と向き合うために~」と題して、多方面で活躍されている橘川 武郎氏を講師にお招きし、特別シンポジウムを下記のとおり開催いたします。
これまでの研究成果の一部を紹介しながら、世界のエネルギー供給における福井の役割、そして地域と原子力との共生のあり方など、幅広く議論を展開してまいります。
受講料は無料です。皆様のご来場をお待ちしています。

特別シンポジウム
 日時:2012年1月26日(木)13:30~16:40
 場所:福井県国際交流会館 地下多目的ホール 
 記念講演:「福島と福井:原子力発電を見つめる視点」
     橘川 武郎氏(一橋大学大学院商学研究科 教授)

 パネルディスカッション: 「あらためて立地地域から原子力を考える」
    コーディネーター : 南保 勝 氏(福井県立大学地域経済研究所 教授)              
    パネリスト : 野瀬 豊 氏(高浜町長)
    パネリスト : 来馬 克美 氏(財団法人若狭湾エネルギー研究センター専務理事)
    パネリスト : 井上 武史(福井県立大学地域経済研究所 講師)   
    コメンテーター : 橘川 武郎氏(一橋大学大学院商学研究科 教授)

    
 お申込先等 → こちら
 詳細はこちら → symposium.pdf

このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp
  • 広報誌FPUニュース