お知らせ福井の梅酵母を使ったビール「越の麦酒」完成!

福井の梅酵母と、福井県産六条大麦100%で作られた「越の麦酒(こしのビール)」がついに完成しました。

本学の生物資源学部の宇多川隆教授の研究をもとに、
福井県立大学、福井県食品加工研究所、(株)越の磯との産学官連携により、
福井の梅酵母を使った福井県産の六条大麦100%で作られたビール「越の麦酒」が完成しました。

本学で開催した報道機関への発表会には多数の記者が集まり、
宇多川教授は、アルコール醸造する梅酵母の育種の研究や、ビール醸造の共同研究開発について説明しました。

「越の麦酒」はバナナのようなフルーティな香りと、コクのある深い味わいに仕上がっており、
福井県内の酒販売店で発売されています。

越の麦酒6.JPGのサムネイル画像 越の麦酒3.JPG

このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp
  • 広報誌FPUニュース