地域連携本部では、自治体と連携した様々な取組みを推進しています。

 10月から本学の後期日程が始まりましたが、このたび、本学が包括的な連携協定を締結している地元永平寺町とのタイアップにより、主に1年次生を対象とする一般教育科目「教養ゼミ」において、「行って・見て・聞いて・考える永平寺町学」を新設しました。

 この授業は、学生達が地元永平寺町を、町を動かす行政や議会のほか、自然、産業、観光など様々な分野で活躍する人々の視点から学び、地域で生きる自分の将来像を考えるきっかけとすることを目的として開講するもので、4日(水)の第1回講義では、永平寺町の河合町長が「チャレンジする永平寺町」と題して、永平寺町が取組む施策等について講義しました。

 今後はオムニバス形式で、サクラマスや九頭竜川等の自然保護活動に取り組む団体や国内トップシェアを誇る地元企業、永平寺町が力を入れている自動走行実験や永平寺門前のまちづくりなど、様々なジャンルで講師を招き、学生達は実際に現地に足を運ぶなどして町全体をフィールドにしながら永平寺町について学んでいきます。

◇当日の様子
IMG_5585.JPG IMG_5593.JPG

このページのお問い合わせ先

交流・研究支援部 連携・研究推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 内線1016 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kenkyu@fpu.ac.jp
  • 広報誌FPUニュース