共催セミナー「途上国との互恵ビジネス開発による地域経済の発展」を開催します


2019年1月31日 

地域経済研究所では、アジア経済フォーラム特別編として、国際貿易投資研究所(ITI) との共催のセミナーを、下記のとおり開催します。

【テーマ】:途上国との互恵ビジネス開発による地域経済の発展

 今後20年以内に日本の人口は1割減り、経済規模は1995年を下回るとも言われます。
インバウンド効果で賑わう大都市圏だけで、活力に満ちた日本を取り戻せるのでしょうか。
青年達が地元地域で働き甲斐、生き甲斐を見つけられる地域産業をどう再興できるのでしょうか。
この問いに答えようと、平成26年度から国際貿易投資研究所(東京・築地)で有識者が経験と知見を重ね合わせ、一つの結論に至りました----「世界経済のエンジンを取り込もう」。エンジンは新興国・途上国、その主役は企業です。
 その国々の自然・資源・文化・歴史・生活・人材に潜在する可能性に、日本の地域が自治体を軸に工業・農業試験場、大学・高専等の研究・教育機関、業界団体を中心に絆を誇る地場企業のヒトと技術、さらに市民活動(NGO・NPO)をも結び合わせれば、ユニークな商品・サービスを開発できるのではないか。双方の企業活動を融合して「ならでは」の付加価値を生み出し、双方の地域課題の解決と活性化を図れるのではないか。全国から収集した先行事例、拡大発展に向けた地域環境・条件の整備、企業やNPOなどの取り組み課題等につき、5人の講師による講演と皆様との意見交換の機会をご用意させて頂きました。

日時 平成31年2月28日(木曜日)14時から17時
場所 福井市地域交流プラザ(AOSSA 6階 研修607)
次第

1.途上国と日本の地域との互恵ビジネスモデル

 研究会座長・元拓殖大学教授 長坂 寿久氏

2.グローバル視点の共通価値創造(CSV)で成功した企業に学ぶ

 ユニバーサルデザイン総合研究所所長 赤池 学氏

3.JICA協力事例に見る「途上国と日本の地域との互恵ビジネス」

 JICA国際協力専門員 本間 徹氏

4.地域発展とNPO活動

 認定NPO法人パルシック代表 井上 礼子氏

5.グローバル化における地域中小企業の戦略として見た場合の互恵ビジネス

 福井県立大学地域経済研究所教授 池下 譲治氏

詳細 ITI共催セミナーチラシ(PDF形式 637キロバイト)
参加料 無料
定員 先着70名 (申込締切2/21)
申込先 国際貿易投資研究所(ITI) seminar@iti.or.jp
問合せ先

一般財団法人 国際貿易投資研究所(ITI)
専務理事 湯澤 三郎 syuzawa@iti.or.jp
電話03-5148-2601 FAX03-5148-2677

Contact このページのお問い合わせ先

福井県立大学 地域経済研究所
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6017
E-mail : keiken@fpu.ac.jp