単行書原子力発電と地域政策-「国策への協力」と「自治の実践」の展開-

井上 武史

本書は原子力発電と地域の関係を政策の視点から捉え、新たな立地地域像を提示したものです。原子力発電所の立地によって、地域が「国策への協力」を前提としながらも主体的な対応をしてきました。このことは「自治の実践」とも言えるものですが、これまで注目されることは多くありませんでした。しかし、地方自治の進展やエネルギー政策の情勢を見据えるならば、きわめて重要な視点になる、と本書では主張しています。
原子力政策は様々な見方・立場で議論が行われていますが、そこに「地域」という新たな論点を加えることによって議論の意義が深まってほしい、と願っています。

出版社:晃洋書房
発行日:2014/3/15
頁 数:250ページ
価 格:3,500円(税別)

お問い合わせ先

福井県立大学 地域経済研究所
〒910-1195 福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1「アクセスマップ」のページヘ
TEL : 0776-61-6000 内線6104 FAX : 0776-61-6017
E-mail : keiken@fpu.ac.jp