Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

中井 美和なかい みわ

プロフィール

生年月日
所属 経済学部 / 経済学科
職名 准教授
研究室 経済学部棟 705号室 (内線 2705)
E-mail miwanakai (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト https://researchmap.jp/miwanakai
最終学歴 神戸大学大学院経済学研究科 博士課程後期課程 修了
学位:博士(経済学)
所属学会 環境経済・政策学会
International Association for Energy Economics 
European Association of Environmental and Resource Economists
職歴 2014年 東京大学 総括プロジェクト機構「プラチナ社会」総括寄付講座 学術支援専門職員
2015年 東京大学 総括プロジェクト機構「プラチナ社会」総括寄付講座 特任研究員
2018年 早稲田大学 重点領域研究機構 環境経済・経営研究所 研究院講師・次席研究員
2020年 (現職)福井県立大学 経済学部経済学科 准教授

研究活動

専門 環境経済学
研究活動の紹介 気候変動、地域経済の衰退、途上国における深刻な環境問題といった現代社会が抱える課題に関して、計量経済学の方法論を用いた実証研究を行ってきた。特に近年注力している研究は、ドイツ、フィリピンの研究機関との共同研究である。カッセル大学(ドイツ)との共同研究では主に(1)変動料金制度を含む電力プランへの選好解明に向けた家計調査、及び、その日独比較、(2)ESG投資の投資決定メカニズムの解明に向けた実証研究、という2つのプロジェクトに取り組んでいる。アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)とは、フィリピンにおける省エネエアコン普及促進要因の解明を目的として、フィールド調査を実施している。
キーワード

主な著書・論文

査読あり論文
- Kikuchi, Y., Nakai, M., Kanematsu, Y., Oosawa, K., Okubo, T., Oshita, Y., Fukushima, Y., 2020.
Application of technology assessments to co‐learning for regional transformation: a case study of biomass
energy systems in Tanegashima. Sustainability Science, https://doi.org/10.1007/s11625-020-00801-1.
- 中井美和,栗栖俊之,神園奉和,柿内康志,大久保達也,菊池康紀., 2019. 経験学習がエネルギーリテラシーと選好に与える影響の分析~種子島の高校生を対象として~. 日本LCA学会誌 15(4), p.343-359.
- 中井美和,栗島英明,倉阪秀史,菊池康紀., 2018. 産学公の協創による柔靭な地域づくりへの挑戦. 環境経済・政策研究 11(2), p.65-68.
- Mitsunami, K., Nakai, M., 2018. A study on yogurt consumption: A case of industry-academia
collaboration in Fukushima and Tokyo. Drug Discoveries & Therapeutics 12(3), p.178-181.
- Nakai, M., Honda, T., Nishino, N, Takeuchi, K., 2018. Psychological characteristics of potential SRI
investors and its motivation in Japan: An experimental approach. Journal of Sustainable Finance &
Investment 8:4, p.349-367.
- Nakai, M., Okubo, T., Kikuchi, Y., 2018. A socio-technical analysis of consumer preferences about
energy systems applying a simulation-based approach: A case study of the Tokyo area. Energy Research & Social Science 46, p.52-63.
- Nakai, M., Yamaguchi, K., Takeuchi, K., 2016. Can SRI funds better resist global financial crisis?
Evidence from Japan. International Review of Financial Analysis 48, p. 12-20.
- 中井美和,本田智則., 2013. CSR活動は金融市場においてどのように評価されているか:研究の現状. 日本LCA学会誌, 9(4) , p. 332-339.
- Nakai, M., Yamaguchi, K., Takeuchi, K., 2013. Sustainability membership and stock price: An empirical
study using the Morningstar-SRI index. Applied Financial Economics 23(1), p.71-77.

主な社会・地域活動

教育活動

担当科目 環境経済学、外書講読I、演習I
オフィスアワー
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど 環境評価、省エネ行動、企業の社会的責任(CSR)、ESG投資、SDGs

その他