Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

松下 元則まつした もとのり

プロフィール

生年月日
所属 経済学部 / 経営学科
職名 准教授
研究室 経済学部棟 505号室 (内線 2505)
E-mail matsu (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト https://researchmap.jp/read0135900/
最終学歴 一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学
所属学会 日本経営学会、組織学会、経営史学会、一橋商学会
職歴 2007年 函館大学商学部専任講師
2010年 函館大学商学部准教授
2012年 現職

研究活動

専門 経営戦略論
研究活動の紹介 「食」と「景観」に関連のある経営現象に関心があります。現在は、「函館西部地区バル街」という旧市街地の町並みを活かした飲み歩きイベントの事例研究に基づいて、旧市街地の活性化を目指す地域コミュニティの戦略と地域イノベーションのメカニズムについて研究しています。
キーワード 経営戦略、地域イノベーション

主な著書・論文

「バル街参加店の集客力と参加店コメントの関係:函館西部地区バル街の参加店コメントのテキストマイニング分析(Ⅱ)」『福井県立大学経済経営研究』42, 2020, pp.19-39. 

「函館西部地区バル街の参加店コメントのテキストマイニング分析:参加店が参加者に向けて発するメッセージの変化」『福井県立大学経済経営研究』41, 2019, pp.13-36.

「バル街をめぐる言説のテキストマイニング分析:言説の内容と数の変化」『福井県立大学論集』52, 2019, pp.37-57.

「函館西部地区をめぐる言説の変化:バル街の“開始前の15 年間”と“開始後の15 年間”の比較」『福井県立大学経済経営研究』40, 2019, pp.19-34.

「函館西部地区バル街の定着過程における新聞記事の役割:北海道新聞は地域イノベーションをどのように伝えてきたのか」『福井県立大学経済経営研究』37, 2017, pp.15-34.

「函館西部地区バル街の概観:歩み・参加者行動・仕組み」『福井県立大学論集』41, 2013, pp.87-112.

「函館西部地区バル街の集客メカニズム」『食生活科学・文化及び環境に関する研究助成 研究紀要』24, 2011, pp.191-199.

主な社会・地域活動

福井県立大学短期ビジネス講座:企画コーディネーター(2015~2020)、講師(2015、2017~2019)

バルまち会議 in HAKODATE コメンテーター(2011)

教育活動

担当科目 学部:経営学総論I 、国際経営論 / 大学院:現代経営学
オフィスアワー 火曜日の昼休み(授業期間中のみ)
※オフィスアワー以外の時間に面談を希望する場合は、事前にメールで連絡してください。
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど 経営戦略、地域イノベーション

その他