地域連携本部地域連携本部について

概要

 福井県立大学は、平成29年6月15日(水)地域との連携を進めるための全学的な組織として「福井県立大学 地域連携本部」を開設しました。

 本学では連携本部が中心となり、自治体・企業・団体・研究機関など地域からの相談を受け、学内の関係部局へとつなぐとともに、大学の研究成果を地域へと発信し、新たな連携先の拡大を進めていきます。

 また、県内に幅広いネットワークを有する株式会社福井銀行と「産学連携の協力推進に係る協定」を締結し、同銀行 地域創生チームのメンバーが「学外コーディネーター」として参画しています。

 連携本部では、県立大学の全教職員とコーディネーターが連動しながら、本学の研究シーズと企業ニーズとのマッチングを進めていきます。

本部長あいさつ

福井県立大学 副学長(理事)
地域連携本部 本部長 塚原 典央

 福井県立大学では昨年10月に「オープン・ユニバーシティ構想」を発表し、「県民のにわ」「県民の学び」「県民・地域とのつながり」を3つの柱とした取組みを進めています。今年6月に開設した「地域連携本部」は、三つ目の柱の中核をなすもので、地域のニーズと本学の持つ教育・研究シーズとの迅速かつ適切なマッチングを図るための全学的組織です。

 もちろん、これまでもそれぞれの分野で、特に産学連携については生物資源学部と海洋生物資源学部を中心に地域と連携した研究等に取組んできましたが、組織的に、一元的に、さらには学部横断的に地域との連携を進めるための企画・調整を行う役割を持つ機関として、連携本部を開設しました。県立大学の全教職員が、連携本部のメンバーです。

 ただ、教師という立場からは、連携本部に別の役割も期待しています。それは、若い力による地域の活性化と、地域を支える人材の育成です。
 
 大学には、教職員だけでなく学生がいます。ゼミや研究室が地域をフィールドに研究活動を行う際、学生もそこに参加します。学生が地域に入っていくことは、賑わいの創出につながるとともに、学生にとっても貴重な経験になります。企業や地域の方から直接話を聞き、実際に現場を見て、モノに触れて、時には一緒に汗をかいて、教室ではできない体験をして欲しいと考えています。必ず価値ある学びに繋がるはずです。

 連携本部では、相談窓口として地域経済研究所1階に本部オフィスも開設しました。地域の皆様には、ぜひ気軽に連携本部に足をお運びいただき、何でもご相談いただければと思っています。

組織体制

  • 本部長(1名):副学長(理事)
  • 副本部長(2名):事務局長(理事〔経営〕) / 地域経済研究所長
  • コーディネーター(7名):福井銀行経営企画グループ 地域創生チーム員
  •        
  • 事務局:地域連携本部オフィス(連携・研究推進課)
連携本部.png

このページのお問い合わせ先

福井県立大学
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6011
E-mail : mtadmin@fpu.ac.jp