地域連携本部について

概要

福井県立大学は、2017年(平成29年)6月15日(水曜日)地域との連携を進めるための全学的な組織として「福井県立大学 地域連携本部」を開設しました。

本学では連携本部が中心となり、自治体・企業・団体・研究機関など地域からの相談を受け、学内の関係部局へとつなぐと
ともに、大学の研究成果を地域へと発信し、新たな連携先の拡大を進めていきます。

また、県内に幅広いネットワークを有する株式会社福井銀行と「産学連携の協力推進に係る協定」を締結し、同銀行 地域創生チームのメンバーが「学外コーディネーター」として参画しています。

連携本部では、県立大学の全教職員とコーディネーターが連動しながら、本学の研究シーズと企業ニーズとのマッチングを
進めていきます。

 

本部長あいさつ001

福井県立大学 副学長(理事)
地域連携本部 本部長 徳前 元信

福井県立大学は、福井県によって設置された大学、いわば県民共有の財産です。福井に役立つ、
福井に貢献する大学を目指すことが、公立大学であるこの大学の責務だと考えています。 
 

ハイテク産業の発達、インターネットをはじめとする高速通信網の充実、経済のグローバル化など、近年、私達を取り巻く環境は目まぐ るしく変化しています。さらに、最近は「第四次産業革命」と言われますが、AIやIoT、ロボット工学の発展などに見られるように、今後このような変化はさらに加速していくものと考えています。


一方、21世紀は、これまでのように文明の発展に注力するだけでなく、先に国連で採択されたSDGsに代表されるように、「社会の持続可能性」をどのように支えていくかについて考えていかなければならない段階にきています。そしてそれは、各々の力だけでなく、自治体や民間企業、学校、研究機関など、様々なセクターが連携して取り組むべき課題です。


本学は、2016年にオープン・ユニバーシティを宣言し、福井の持続可能性を支える大学として、キャンパスの空間を活用した地域の人々との交流の場づくりや、公開講座や聴講生制度をはじめとする、生涯学習時代における県民の学びを支えるメニューの充実を図るなど、   具体的な取組みを進めてきました。この「地域連携本部」もその取組みの一環として、地域課題の解決に向け、全学的に地域貢献活動を推進していくことを目的に2017年に開設したものです。


本学には、経済学部、生物資源学部、海洋生物資源学部、看護福祉学部の4学部と、多彩な一般教育科目を提供する学術教養センター、福井ならではの研究を進める地域経済研究所と恐竜学研究所など、総合大学として幅広い分野に精通する約160名の教員が在籍しています。また、2020年に発足予定である、広く『農』を学ぶ新学科をはじめ、水産増養殖を学ぶ学科、
地域リーダーを育成する学部、恐竜を研究できる学部と、新たに2学科・2学部の創設を構想しています。地域連携本部では、これらの教員、そして職員はもとより、県民の皆さんの力もお借りしながら、共に地域課題の解決に取り組んでまいります。


共同研究や受託研究に関する相談はもちろん、事業への協力や教員との橋渡しなど、いつでも地域連携本部にご相談ください。地域連携本部が大学と地域との懸け橋となり、県民の皆さんの期待に応えることができるよう、これからも様々な活動を進めてまいります。

 

組織体制

 ・ 本 部 長  (1名) ・・・ 副学長〔理事〕
 ・ 副本部長(2名) ・・・ 事務局長〔理事(経営)〕、地域経済研究所長
 ・ 本部委員(6名) ・・・ 経済学部長、生物資源学部長、海洋生物資源学部長、看護福祉学部長、
                 学術教養センター長、恐竜学研究所長
 ・ 学外コーディネーター ・・・ 福井銀行地域創生チーム(非常勤)
 ・ 事 務 局 ・・・ 連携・研究推進課 (地域経済研究所に外部相談窓口〔オフィス〕を設置)

002

Contact このページのお問い合わせ先

福井県立大学
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6011
E-mail : mtadmin@fpu.ac.jp