海洋生物資源学部

学部長挨拶

横山学部長

海洋生物資源学部長/博士(農学)
横山 芳博 (よこやま よしひろ)
 

海洋や水生生物の様々な謎に挑む!

 栄養豊富な水産物(海洋生物資源)は世界的にも人気があり、世界中で様々な水産物に対する漁獲圧が高まっています。人の活動に伴って、海洋環境が変化もしているようです。それらの結果、魚介類は減少傾向にあると考えられています。今後も海洋生物資源を持続可能なレベルで利用するためには、その再生産の場である海洋環境を正確に理解する必要があります。また、再生産の特性を含めて海洋生物そのものを深く 知ることも重要です。
 しかし、海水温や潮流の変動理由など、身近な海洋環境に関しても謎が多くあります。海の生物に関しても、よく知られた魚でも生態が不明のものは多く、未発見の海洋生物も多くいると考えられています。資源量が多くても有効な利用方法が分からない生物もいます。海洋生物資源に関する謎を解き明かすのはとても楽しいことです。ぜひ一緒にこれらの謎解きに取り組みましょう。
 

海洋生物資源学部では

 若狭湾に面した小浜キャンパスを拠点とする、日本海側唯一の水産・海洋系の学部です。海洋生物資源の持続的な利用を目指して、海の生態系における多様な生物と環境因子との関係や生物生産の仕組み、さらに「食」を中心とした海洋生物資源の利用加工やそれらの消費流通過程に関する教育・研究に取り組んでいます。

海洋生物資源学科のページへ

海洋生物資源学部を構成する5つの教育研究領域

 教育研究領域

卒業生voice
片山南さん

片山 南 さん
勤務先/株式会社平田不動産 売買部
2013年度卒

豊かな学生生活は小浜だからこそ そんな小浜に恩返しを

現在は、小浜に拠点を置き、隣接する市町の不動産も取り扱う地元密着の不動産会社で、売買物件の仲介業務や事務を担当しています。ご来店いただいたお客様に店頭でのご案内はもちろん、ご要望があれば現地でのご案内も行っています。家はその方の拠点となる場所なので一筋縄では行かないこともありますが、お客様に「大変な中ありがとう」と言っていただけた時は、本当に嬉しくなります。また、県大の海洋生物資源学部生は2年時に永平寺から小浜キャンパスへ引っ越すので、後輩となる学生さんたちのお手伝いができることも楽しみの一つとなっています。
 学生生活を豊かに過ごさせてくれた小浜への恩返しがしたいと思い、今の会社への就職を決めました。人の温かみ、人と人との関わりの深さは、まさに小浜の魅力です。同じ県外出身者で福井に残る人が少ないのが寂しいですが、県外から小浜に移住する方に向けて、実体験を交えて紹介・アドバイスできるので安心感を与えられていると思います。
 大学時代は授業での学びだけでなく、地元の漁師さんたちと関わる機会もあり、「県外者なのに受け入れてくれている」と感じる場面が多くありました。大学進学だけを単なる目的とするのではなく、卒業後の生活も視野に入れて過ごすと自分の可能性や選択肢が広がると思います。ぜひ、学生生活を過ごす場所にも興味関心を持って、大学を選んでください。

Profile

愛知県出身。幼い頃より生物図鑑や水族館が好きで、海洋生物を学ぶため県大に進学。大学生活を送りながら地域の人々の温かさに触れ、小浜に残ることを決意。

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp