経済学部 北川太一教授著『いまJAの存在価値を考える 「農協批判」を問う』刊行


2010年9月22日 ニュース , 企業・研究者の方 , 卒業生の方 , 在学生の方 , 地域の方 , 学内業務連絡 , 学術・研究情報

本学経済学部の北川太一教授が、下記のとおり単著を出版しましたので、お知らせします。kitagawa tyosyo1.JPG

タイトル
『いまJAの存在価値を考える「農協批判」を問う』

著者
福井県立大学経済学部教授 北川太一

出版社
家の光協会 B6版 95ページ
ISBN978-4-259-52166-0 C0061
定価600円(税別)

著書概要
近年、JA(農業協同組合)に対して、独禁法適用除外や信用・共済事業の分離、一人一票制の見直しや准組合員制度の廃止を強く要請する動き(農協批判)が見られる。
本書は、今一度、JAが協同組合としての原点を見つめ直し、「市場原理主義」を超える役割を発揮していくための方途について、くらしや地域などの視点から考察したものである。

 

Contact このページのお問い合わせ先

経営企画部 経営戦略課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6011
E-mail : so-kikaku@fpu.ac.jp