看護学専攻

教育目標

  • 看護学の教育および実践の場における重要課題を明確にし、その課題を高い次元で達成するために、改革を推進する能力を育成する。
  • 質の高い看護を提供するために、対象の人権を重要視する倫理観と卓越した臨床実践能力を有した看護職を育成する。
  • 看護の発展に資するために、新しい看護援助の開発ができる研究能力を育成する。
  • 多様な文化的背景を持った人々の生活や医療問題を理解し、さまざまな地域において保健医療活動ができる能力を育成する。
  • あらゆる人々に最良のケアを提供するために、保健・医療・福祉分野の専門職と協働し、リーダーシップを発揮できる能力を育成する。

特色

院生研究報告会IMG_0017_1.JPG

本研究科には「論文コース」と「CNSコース(成人慢性看護学)」があります。
論文コースは、修士論文を作成する過程を通して、研究者・教育者・指導者の能力を育成します。
成人慢性看護学CNSコースでは、卓越した看護実践能力と総合的な調整能力を有する専門看護師を育成します。
専門看護師とは、複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して、水準の高い看護ケアを効率よく提供するための特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた者をいいます。実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究の6つの役割を果たすことにより、保健医療福祉や看護学の発展に貢献します。

院生学習支援制度

院生が職業を有している等の事情により、2年では履修が困難な場合、2年分の授業料で3年または4年かけて履修することができる「長期履修制度」があります。その他にもフィールドワーク研修旅費の助成やティーチング・アシスタントなどがあります。

研究分野

基礎看護学

  • 指導教員:大久保清子教授
  • 基礎看護学では、看護学および関連学問領域の諸理論をふまえて、看護の対象である人間への理解を深めるとともに健康と環境との相互浸透関係について考究します。また、学生それぞれの問題意識を明確にし、観察、調査、実験等の方法を用いて論理的に思考し研究する能力の育成を目指します。

成人看護学

  • 指導教員:有田広美教授
  • 成人看護学では、慢性病が個人および家族の健康や生活に及ぼす影響とそれに対する反応・療養行動特性を理解し、慢性病を持ちながら質の高い生活をするという視点を持ち看護援助を実践できる能力と研究を推進する能力を有する人材を育成します。
    成人看護学では、論文コースとCNSコースがあります。CNSコースを受験する場合は、実務経験が5年以上あり、そのうち通算3年以上は専門分野の実務経験が必要となります。

老年看護学

  • 指導教員:寺島喜代子教授
  • 老年看護学では、人生の最終ステージにある高齢者の健康、生活力のアセスメントをする能力を高め、高齢者の持てる能力を生かした質の高いケアの創生を考えていきます。また、多職種、多施設、多制度を活用しながら生活せざるを得ない高齢者の人生をより豊かにする社会の在り方、地域社会の在り方、地域社会の力を作り出す、結び付けることを考えていきます。

母子看護学

  • 指導教員:(母性看護学)大川洋子教授、(小児看護学)齋藤正一教授、赤川晴美准教授
  • 母子看護学研究領域は、母性看護学と小児看護学の両分野から研究に取り組みます。次世代が健康であることはいつの時代においても誰しもが希求する願いです。そのためには女性の生涯と子どもの成長・発達、子どもを育てる家族、それらを取り巻く社会環境によって時代に応じた看護を創造していく能力が求められます。研究は、最新の専門知識に基づいて、母子および家族の健康問題や予防、さらには母子を取り巻く多様化した社会環境を広く見据えた看護の役割と新たな知見を探求します。研究にあたっては科学的思考に基づいた研究方法を学びます。

精神看護学

  • 指導教員:村松仁教授
  • 精神看護学においては、コミュニティの変動に伴う精神保健に関わる問題への介入、また臨床看護における質の向上と精神障がい者の地域生活支援に伴うシステムづくりが求められています。精神科リハビリテーションや精神障がい者の自立支援、健康なコミュニティづくりに関する研究に取り組んでいきませんか。

地域看護学

  • 指導教員:中谷芳美教授
  • 地域看護学では、地域看護学(公衆衛生看護、在宅看護)に関する概念・理論を理解し、地域・家庭で生活している個人・家族・特定集団・地域全体のニーズや健康課題を支援する効果的な看護活動について探究します。研究能力を身につけることで、より質の高い公衆衛生看護活動、在宅看護活動ができる看護職の育成をめざします。

Contact このページのお問い合わせ先

教育・学生支援部 教育推進課
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 
TEL : 0776-61-6000 FAX : 0776-61-6012
E-mail : kyouiku@fpu.ac.jp