Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

加藤 裕美かとう ゆみ

プロフィール

教員画像

生年月日
所属 学術教養センター
職名 准教授
研究室 経済学部棟306号室 (内線 2306)
E-mail kato (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト https://researchmap.jp/read0132728/
最終学歴 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 東南アジア地域研究専攻 博士課程 修了(2011年)
所属学会 日本文化人類学会
東南アジア学会
日本マレーシア学会
International Union of Anthropological and Ethnological Sciences
International Society for Hunter Gatherer Research
International Society of Ethnobiology
職歴 2008年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC)
2010年4月 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2012年9月 早稲田大学 アジア太平洋研究センター 助手
2013年4月 京都大学 白眉センター 助教
2013年4月 京都大学東南アジア地域研究所 連携助教
2018年4月 京都大学東南アジア地域研究所 連携准教授
2018年4月 現職

研究活動

専門 文化人類学、東南アジア地域研究、狩猟採集民研究、マイノリティ研究
研究活動の紹介 マレーシア、ボルネオ島における人と自然の関係について文化人類学的な研究をしている。これまでの研究は、グローバルな森林開発や市場経済化のなかで、「狩猟採集民」と呼ばれてきた人々がどのように生業活動や社会関係、生活圏を変化させ、また読み換えて対応しているのかを明らかにしてきた。現在は主に以下の3点の研究テーマに取り組んでいる。
 1点目に、ボルネオにおいて「狩猟採集民」と呼ばれてきた、エスニック・マイノリティーのアイデンティティに関する研究である。人々の日常生活において、他者、あるいは他民族集団とどのように関係性を構築しているのかに関心がある。また、それを通じた自己イメージの形成について理解したいと考えている。
 2点目に野生動物の狩猟をとおした、人と動物との関係に着目した研究である。これまで、狩猟民Sihanにおける、狩猟を中心とした生業や、動物の認識について研究をしてきた。それらの研究に加えて、現在は、ボルネオ島におけるプランテーションの拡大などの生態環境の変化と、都市への移動など社会環境の変化、それらと人々の狩猟活動の関係について研究を行っている。この研究はボルネオ島の複数の地域、民族集団を対象とし、生態学者と共同研究を行っている。
 3点目にアブラヤシ栽培小農とインドネシア人労働者の関係についての研究である。これまで、インドネシア人労働者はプランテーションの中で生活をし、在地社会において他者として存在してきた。しかし、アブラヤシ小農がインドネシア人を雇うことによって、関係はより親密になってきている。お互い他者として存在してきたインドネシア人と在地の人々が、どのようにお互いを理解しているのかを考えていきたいと思っている。
キーワード 文化人類学、東南アジア、マレーシア、インドネシア、狩猟、人と動物の関係、在日外国人

主な著書・論文

〔著書〕
1. 加藤裕美 2019.「狩猟」信田敏宏編『東南アジア文化事典』丸善出版:東京p.130-131
2. 加藤裕美 2019.「サラワク州の民族」信田敏宏編『東南アジア文化事典』丸善出版:東京p.262-263
3. Kato, Y., Langub, J., Abdullah, R. A., Samejima, H., Soda, R., Uchibori, M., Okuno, K., Ishikawa, N. 2019. ”Multiethnic society of central Sarawak: An ethnographic analysis. N. Ishikawa and R. Soda (eds.) Anthropogenic tropical forests: human–nature interfaces on the plantation frontier, Springer, pp. 85-109.
4. Kato, Y., Samejima, H 2019. The effects of landscape and livelihood transitions on hunting in Sarawak. N. Ishikawa and R. Soda (eds.) Anthropogenic tropical forests: human–nature interfaces on the plantation frontier, Springer, pp. 277-313.
5. Kato, Y., Soda, R. 2019. The Impact of RSPO Certification on Oil Palm Smallholdings in Sarawak N. Ishikawa and R. Soda (eds.) Anthropogenic Tropical Forests: Human–Nature Interfaces on the Plantation Frontier, Springer, pp. 337-356.
6. Soda, R., Ishikawa, N., Kato, Y. 2019. From river to road? Changing living patterns and land use of inland indigenous peoples in Sarawak. N. Ishikawa and R. Soda (eds.) Anthropogenic Tropical Forests: Human–Nature Interfaces on the Plantation Frontier, Springer, pp. 315-335.
7. Soda, R., Kato, Y. 2019. The Autonomy and Sustainability of Small-Scale Oil Palm Farming in Sarawak. N. Ishikawa and R. Soda (eds.) Anthropogenic Tropical Forests: Human–Nature Interfaces on the Plantation Frontier, Springer, pp. 357-374.
8. 加藤裕美 2018「食べられる肉/食べられない肉:ボルネオ・シハンにおける食肉概念の曖昧さと多義性」野林厚志編『肉食行為の研究』平凡社. Pp. 62-89. 2018年3月.
9. 加藤裕美 2017「ブルネイ」『サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで』平凡社 pp. 252-253. 2017年8月.
10. 加藤裕美 2017.「森のキャンプ・定住村・町をまたぐ狩猟採集民-ボルネオ、シハンの現代的遊動性」池谷和信編『狩猟採集民から見た地球環境史-自然・隣人・文明との共生』東京大学出版会. Pp.270-283.
11. Kato, Y. 2014. Changes in resource use and subsistence activities under the plantation expansion in Sarawak, Malaysia. Sakai, S. and Umetsu, S. (eds.) Social-Ecological System in Transition (Global Environmental Series). Springer: Tokyo. Pp. 179-194. 2014年8月22日.
12. Takano, T., K., Nakagawa, M., Itioka, T., Kishimoto-Yamada, K., Yamashita, S., Tanaka, O., Fukuda, D., Nagamasu, H., Ichikawa, M., Kato Y., Momose, K., Nakashizuka, T., Sakai, S. 2014. The extent of biodiversity recovery during reforestation after swidden cultivation and the impacts of land-use changes on the biodiversity of a tropical rainforests region in Borneo. Sakai, S. and Umetsu, S. (eds.) Social-Ecological System in Transition (Global Environmental Series). Springer: Tokyo. Pp.27-50. 2014年8月.
13. 加藤裕美、鮫島弘光 2013.「動物をめぐる知:変わりゆく熱帯林の下で」市川昌広・祖田亮次・内藤大輔編『ボルネオの「里」の環境学-変貌する熱帯林と先住民の知』京都:昭和堂. pp.127-163. 2013年3月.
14. 加藤裕美 2008.「サラワク・シハン人の森林産物利用―狩猟や採集にこだわる生計のたてかた」 秋道智彌・市川昌広編.『東南アジアの森で何が起こっているのか―熱帯雨林とモンスーン林からの報告』京都:人文書院. pp. 90-110. 2008年3月.

〔論文〕
1. Kato, Y. Samejima, H., Ichikawa, M. 2017. Trans-river migration of the Iban and the Bekatan to the Tatau River Basin in Bintulu, Ngingit 10: 3-11. 2017年12月.
2. 加藤裕美 2017「サラワクのロングハウス社会におけるインドネシア人移住者との共住」マレーシア研究6: 71-85. 2017年10月.
3. Kato, Y. 2017. Percepsions of Iban in the Sihan ethnoscape, Ngingit 9: 49-58. 2017年7月
4. Kato, Y. 2016. Resilience and flexibility: history of hunter-gatherers’ relationships with their neighbors in Borneo. Senri Ethnological Studies 94: 177-200. 2016年12月
5. Sakai, S., Choy, Y. K., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Takano, T., K., Ichikawa, M., Samejima, H., Kato, Y., Soda, R., Ushio, M., Saizen, I., Nakashizuka, T., Itioka, T. 2016. Social and ecological factors associated with the use of non-timber forest products by people in rural Borneo. Biological Conservation 204 (B) :340–349. 2016年10月
6. Soda, R., Kato, Y., Hon, J. 2016. The diversity of small-scale oil palm cultivation in Sarawak, Malaysia. Geographical Journal 182(4):353-363. 2016年12月
7. Sakai, S., Choy, Y. K., Koizumi, M., Kishimoto-Y, K., Kato, Y., Takano, T. K., Soda, R., Samejima, H., Nakashizuka, T., Itioka, T., Ichikawa, M. 2014. Geographical variation in the Lives of Local People and Socio-Economic Environments in Sarawak. Center for Ecological Studies. 2014年11月.Pp.1-94.
8. Kato, Y. 2013. How do land use changes affect people’s subsistence activities? : A case study in Belaga District. S. Sakai, R. Ishii, N. Yamamura (eds.) Collapse and Restoration of Ecosystem Networks with Human Activity. Research Institute for Humanity and Nature. Pp. 241-250. 2013年2月)
9. Sakai, S., Choy, Y.K., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Ichikawa, M., Kato, Y., Takano, T. K., Itioka, T., Soda, R., Samejima, H., Nakashizuka, T. 2013. Changes in the lives of indigenous people and their environments in Sarawak. S. Sakai, R. Ishii, N. Yamamura (eds.) Collapse and Restoration of Ecosystem Networks with Human Activity. Research Institute for Humanity and Nature. Pp.211-215. 2013年2月
10. Hon, J., Sakai. S., Choy, Y. K., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Ichikawa. M., Kato, Y., Takano, T.K., Itioka, T., Soda, R., Samejima, H. 2013. Distribution and trend of animal abundance in the Rajang and Baram regions, Sarawak, based on questionnaire survey. S. Sakai, R. Ishii, N. Yamamura (eds.) Collapse and Restoration of Ecosystem Networks with Human Activity. Research Institute for Humanity and Nature. Pp.190-197. 2013年2月
11. 加藤裕美、祖田亮次 2012「マレーシア・サラワク州における小農アブラヤシ栽培の動向」地理学論集87 (2): 26-34. 2012年12月.
12. Kato, Y. 2008. Oral history of Sihan mobility and their relation with neighboring ethnic groups. “Engaging Malaysian Modernity: 50 Years and Beyond” The Proceedings of 6th International Malaysian Studies Conference. Malaysian Social Science Association. pp. 1-13. 2008年8月.
13. Kato, Y. 2008. Ethnohistory of Sihan subsistence and their concern with sedentarisation. “Borneo on the Move: Continuity and Change” The Proceedings of BRC 9th Biennial International Conference. Borneo Research Council. pp. 31-38. 2008年7月.
14. Kato, Y. 2008. Significance of ecosystem services for the livelihood of local people in Sarawak. M. Ichikawa, T. Nakashizuka (eds.) Sustainability and Biodiversity Assessment on Forest Utilization Options. Research Institute for Humanity and Nature. pp.348-351. 2008年3月.
15. Kato, Y. 2006. Use of forest resources for food and income in a Borneo hunter-gatherer community. The Proceedings of Kyoto Symposium "Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies: Perspectives from Asia and Africa", 21st Century COE Program, ASAFAS& CSEAS, Kyoto University. pp. 253-256. 2006年11月.
16. Kato, Y. 2006. Transformation of hunting-gathering activities and the strategy to market economy: a case of Sihan community in Belaga district, Sarawak. The proceedings of Borneo in the New Century Conference. Borneo Research Council. pp.1-10. 2006年7月.

〔学位論文〕
博士論文
加藤裕美 2011「マレーシア・サラワクにおける狩猟採集民社会の変化と持続‐シハン人の事例研究」京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科. 2011年11月.
修士論文
加藤裕美 2006「熱帯雨林における定住狩猟採集民の生計戦略-ボルネオ・シハン社会における食物資源の獲得と消費」京都大学大学院人間・環境学研究科. 2006年3月.

〔報告書・短報〕
1. 加藤裕美 2019 「福井在住インドネシア人のネットワーク」『日本文化人類学会北陸人類学研究会ニューズレター28』Pp.19-23. 2019年3月.
2. 加藤裕美 2016 「当事者の視点から世界を読み解く楽しさ」『京都大学白眉センターだより』11 pp.11. 2016年3月.
3. 加藤裕美 2016「シハンと言霊」西本希呼編『科学で旅する世界-フィールドワークの現場から』梶茂樹教授退官記念集. Pp75-77. 株式会社春日.2016年3月. (ISBN 978-4-908678-02-8).
4. Kato, Y., Samejima, H. 2014 Research report on wildlife habitat and hunting: From the Miri-Bintulu road to Samarakan. Equatorial Biomass Society 11: 19-21. 2014年10月.
5. Kato, Y. 2014 Exploring human-nature relationships: The effects of resource development on local livelihoods in Tropical Asia. Research Activities: Special Features with ASEAN and Beyond 4(2): 23 2014年9月.
6. 加藤裕美 2014「ラタン資源へのアクセスの変化とラタン加工品についての知識・技術の形成」『熱帯バイオマス社会』21: 7-9. 2014年8月.
7. Kato, Y., Samejima, H., Ichikawa, M. 2014 A Report on Longhouse Communities in the Anap River Basin: Based on Household Surveys. Equatorial Biomass Society 10: 13-20. 2014年8月.
8. 加藤裕美 2014「ボルネオの狩猟採集民研究の動向:第10回国際狩猟採集社会会議に参加して」『熱帯バイオマス社会』17: 12-13. 2014年3月.
9. 加藤裕美 鮫島弘光、市川昌広 2014「アナップ川流域の村落調査の報告:イバンとブカタンの移住史を中心に」『熱帯バイオマス社会』17: 1-7. 2014年3月.
10. 加藤裕美、鮫島弘光 2014「プランテーション化の進むランドスケープにおける人々の狩猟活動」『熱帯バイオマス社会』16: 1-10. 2014年3月.
11. Kato, Y., Samejima, H., Soda, R., Uchibori, M, Okuno, K., Ishikawa, N. 2013. Ethnoscape of riverine society in Bintulu Division. Equatorial Biomass Society 8: 1-14. 2014年2月.
12. 加藤裕美、鮫島弘光 2013「野生動物の生息状況と人々の狩猟調査I: ミリ-ビンツル道路からサマラカンを中心に」『熱帯バイオマス社会』11: 12-14. 2013年5月.
13. 加藤裕美、鮫島弘光 2013「野生動物の生息状況と人々の狩猟調査II: タタウ川・カクス川を中心に」『熱帯バイオマス社会』11: 15-17. 2013年5月.
14. 加藤裕美、鮫島弘光、祖田亮次、内堀基光、奥野克己、石川登 2013「ビンツル省における流域社会のエスノスケープ」『熱帯バイオマス社会』11: 1-11. 2013年5月.
15. 加藤裕美 2012 「UNIMAS主催小農アブラヤシ栽培に関するセミナー報告」『熱帯バイオマス社会』10: 9. 2012年12月.
16. Kato, Y., Soda, R. 2012. Oil Palm Smallholding by Longhouse Villagers in Inland Area Sarawak. Equatorial Biomass Society 5: 1-5.2012年10月.
17. Soda, R. and Kato, Y. 2012. Potentiality of oil palm smallholdings in rural communities in Sarawak, Malaysia. Equatorial Biomass Society 4: 7. 2012年9月.
18. 加藤裕美、祖田亮次 2012「内陸先住民による小農的オイルパーム生産」『熱帯バイオマス社会』7: 1-5. 2012年1月.
19. 加藤裕美 2012「ボルネオ民族誌研究会報告」『熱帯バイオマス社会』7: 9. 2012年1月.
20. 加藤裕美 2011 Indonesian migrant workers: with particular reference in the oil palm plantation industries in Sabah, Malaysia (Riwanto Tirtrosudarmo氏講演報告) 『熱帯バイオマス社会』4:6-7. 2011年2月.
21. 加藤裕美 2010 「ボルネオのヒゲイノシシと猟師」『BIOSTORY』生き物文化誌学会. 14号. Pp. 60-61. 2010年12月.
22. 加藤裕美 2010 「開発や近代化による人間活動の変化と野生動物への影響―マレーシア、サラワク州を事例として」『熱帯地域の生態資源と人間活動の動態』松香堂 pp.24-32. 2010年10月.
23. 加藤裕美 2010 「熱帯地域の生態資源と人間活動の動態について」『熱帯地域の生態資源と人間活動の動態』松香堂 pp.3-6. 2010年10月.
24. 加藤裕美 2009 「マレーシア先住民社会における生計維持システムの多様性と社会ネットワークの構築」.『東南アジア学会会報』第91 号. Pp.16-17. 2009年11月.
25. 加藤裕美 2008「ボルネオ島・シハンにおける資源へのアクセスと狩猟活動の変容」『生態人類学会ニューズレター』生態人類学会 13号 pp.19-21. 2008年1月.
26. 加藤裕美 2007 「ボルネオの豊かな動物世界」『アジア・アフリカ地域研究』京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科. 7-1号. pp.127-132. 2007年9月.
27. 加藤裕美 2006 「森林資源の利用をめぐる狩猟採集民の市場経済への対応-ボルネオ・シハン社会の生存戦略」『文化人類学研究』7: 191. 2006年12月.
28. 加藤裕美 2006 「サラワクにおける定住狩猟採集民の生計戦略」『JAMS News マレーシア研究会会報』 No.35 p.13. 2006年7月.
29. 加藤裕美 2006 「ボルネオ・シハンにおける食物摂取とマーケットへの対応」『生態人類学ニューズレター』12号. pp.18-20. 2006年12月.
30. 加藤裕美 2006 「中国雲南省ハニ族の駆鬼(チー・グエ)」『野外調査研究所年報11』(野外調査研究所)pp.15-16. 2006年11月.
31. 加藤裕美 2005 「雲南の棚田と民俗を訪ねて」『野外研ニュース』(野外調査研究所)7号pp.10-11. 2005年7月.
32. 加藤裕美 2004 「IV 人生儀礼 5葬送儀礼」、「IV人生儀礼 6墓制」『三富の民俗-山梨県東山梨郡三富村-』早稲田大学民俗調査団2002年度調査報告書. pp.43-52. 2004年5月.
33. 加藤裕美 2003 「I 総説」、「II 生産生業」『西保中村上の民俗-山梨県東山梨郡牧丘町-』早稲田大学民俗調査団2001年度調査報告書. pp.5-26. 2003年5月.                  

〔学会発表〕
1. Kato, Y. 2019年8月31日Interaction of Sihan with other ethnic groups in Belaga town, Malaysia. International Union of Anthropological and Ethnological Sciences 2019 Inter-Congress. 2019年8月27日~31日Poznan University, Poznan, Poland.
2. Kato, Y. 2018年8月8日Trend and factors of wildlife trade in Malaysia and Indonesia. 16th Congress of International Society of Ethnobiology. 2018年8月7日~10日Hanger Convention Center, Belem, Brazil.
3. 酒井章子、Choy Yee Keong、岸本圭子、高野(竹中)宏平、市川昌広、西前出、鮫島弘光、加藤裕美、祖田亮次、潮雅之、中静透、市岡孝朗 2018年6月9日 土地被覆図と質問票調査からみたマレーシア・サラワク州の村落の森林の40年. 第28 回日本熱帯生態学会(静岡大学)(ポスター)
4. Kato, Y. 2017年4月18日Women’s Lifestyle Change and Transmission of Knowledge: Rattan Handcraft in Borneo. Annual Research Meeting of Hakubi Center. Shiran-kaikan, Kyoto.(ポスター発表)
5. Sakai, S., Choy, Y. K., Kishimoto-Yamada, K., Takano, T., K., Ichikawa, M., Samejima, H., Kato, Y., Soda, R., Ushio, M., Saizen, I., Nakashizuka, T., Itioka, T. 2017年3月14日. Urbanization, population change and forest cover in rural Borneo. The 64th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan. Waseda University, Tokyo, Japan.
6. 加藤裕美 2016年11月27日 サラワクにおけるインドネシア人労働者の需要と現地化. 日本マレーシア学会第25回研究大会. 京都大学稲盛財団記念館.
7. Kato, Y. 2016年9月21日Inter-ethnic relation of Sihan with neighboring ethnic groups. The 13th International Borneo Research Council Conference. 2016年9月19日~21日Mulawarman University, Samarinda.
8. Kato, Y. 2016年8月2日Spiritual relation between animals and Sihan hunters in Borneo, Malaysia. 15th Congress of International Society of Ethnobiology. 2016年8月1日~7日Makerere University, Uganda.
9. Kato, Y. 2016年5月6日Unsettled life and contemporary mobility of Sihan hunter-gatherers in Malaysian Borneo. Inter-Congress of International Union of Anthropological and Ethnological Sciences. 2016年5月4日~9日Dubrovnik Palace Hotel, Croatia.
10. Kato, Y. 2016. Border between edible and inedible animals. Annual Research Meeting of Hakubi Center. Shiran-kaikan, Kyoto. 2016年4月19日(ポスター発表)
11. Kato, Y. 2015年9月8日Hunting for subsistence? : Sihan’s hunting practice between tradition and modern way of life. 11th Conference on Hunting and Gathering Societies. 2015年9月7日~11日University of Vienna, Vienna.
12. 加藤裕美 2015年5月30日 マレーシアにおけるインドネシア人移住労働者の多元的結合と共同性の創出. 日本文化人類学会第49回研究大会. 分科会「多元的結合と下からの共生-アジアにおける移民・難民の視点から」. 大阪国際交流センター. 2015年5月30日-31日.
13. Sakai, S., Choy, Y. K., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Takano, T., K., Ichikawa, M., Samejima, H., Kato, Y., Soda, R., Ushio, M., Saizen, I., Nakashizuka, T., Itioka, T. 2015年5月28日. Variation in the use of ecosystem services by local people in Borneo: Social and ecological factors. Japan Geoscience Union Meeting 2015. Makuhari Messe International Conference Hall. Chiba, Japan.
14. Kato, Y. 2015年4月16日 Application of Knowledge to New Environment: Anthropological View. Annual Research Meeting of Hakubi Center. Shiran-kaikan, Kyoto.(ポスター発表)
15. 鮫島弘光、Jason Hon、加藤裕美 2015年3月18日-22日 サラワクにおけるランドスケープの変容は狩猟を介した生態系サービスの供給にどのような変化をもたらしているのか. 第62回日本生態学会大会. 鹿児島大学.
16. 酒井章子、Choy Yee Keong、小泉都、岸本圭子、高野(竹中)宏平、市川昌広、鮫島弘光、加藤裕美、祖田亮次、潮雅之、西前出、中静透、市岡孝朗 2015年3月18日-22日 何が生態系サービスの利用を左右するのか?マレーシア・サラワク州での大規模聞き取り調査から.  第62回日本生態学会大会. 鹿児島大学.
17. Kato, Y. 2014年12月3日~7日Transformation of Practical Knowledge for Wild Animals: View from Sihan in Borneo. 113th Annual Meeting of American Anthropological Association. Washington DC, USA.
18. Soda, R., Kato, Y., Hon, J. 2014年12月4日. Latest Trends in Small-scale Oil Palm Farming in Sarawak, Malaysia. International Seminar of Human Nature Interactions of the Riverine Societies in Sarawak - A Transdisciplinary Approach. University Malaysia Sarawak.
19. Samejima, H., Hon, J., Kato, Y. 2014年12月4日. Medium to Large Ground-dwelling Mammals around Settlement Areas and Hunting Activity by the Locals in Bintulu Division, Sarawak. International Seminar of Human Nature Interactions of the Riverine Societies in Sarawak - A Transdisciplinary Approach University Malaysia Sarawak.
20. Soda, R. and Kato, Y. 2014年10月20日. Thirty years of forest development and the responses of indigenous people in Sarawak, Malaysia. UZH University Research Priority Programme “Global Chang and Biodiversity.” University of Zurich, Zurich, Switzerland.
21. Kato, Y. 2014年7月20日~7月24日Rattan use and knowledge among women in Sarawak, Malaysia. 51st Annual Meeting of the Association for Tropical Biology and Conservation. Cairns, Australia.
22. Kato, Y. 2014年5月15日~18日Rethinking wildness: Knowledge and practices related to animals among hunters in Borneo. Inter-Congress of International Union of Anthropological and Ethnological Sciences. Makuhari Messe, Chiba, Japan.
23. Kato, Y. 2014年4月22日 Effect of plantation development on local people’s subsistence activities in Malaysia. Annual Report Meeting of Hakubi Center for Advanced Research. Shiran-kaikan, Kyoto University. (Poster)
24. Sakai, S., Keong, C, Y., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Ichikawa, M., Kato, Y., Takano, T, Kohei, Itioka, T., Soda, R., Samejima, H., Saizen, I., Nakashizuka, T. 2014年3月19日~21日 Changes in utilization of ecosystem services by local people: cause and consequences. 2014 Global land project open science meeting. Berlin, Germany. (Poster)
25. Kato, Y. 2013年8月5日~10日Acquiring new knowledge and techniques: hunting in forest and plantations. 17th World Congress of the International Union of Anthropological and Ethnological Sciences. University of Manchester, Manchester.
26. Kato, Y. 2013年6月25日~28日Resilience and flexibility: history of hunter-gatherers’ relationships with their neighbors in Borneo. 10th Conference on Hunting and Gathering Societies. University of Liverpool. Liverpool.
27. 高野宏平、市岡孝朗、中川弥智子、岸本圭子、山下聡、徳本雄史、福田大介、鴨井環、加藤裕美、永益英敏、市川昌広、百瀬邦泰、中静透、酒井章子 2013年3月 ボルネオ島における焼き畑後の森林遷移と生物多様性の回復過程。日本生態学会第60回全国大会。静岡(ポスター)
28. Soda, R., Kato, Y. 2012年12月5日 Impacts of oil palm smallholdings on rural-urban household economy: a case in Bintulu, Sarawak. International Seminar on “The Last Oil palm Frontier: Oil palm Smallholders and the Emerging Socio-economic Landscape of Rural Sarawak” Institute of East Asian Studies, University Malaysia Sarawak.
29. Kato, Y. 2012年10月24日 Interaction of human activities and ecological resources: Focusing on the change of people’s living environment in Malaysia. RIHN 7th International Symposium “Complexification and Simplification: Ecosystems, human health and lifestyle in Asia” Research Institute for Humanity and Nature.
30. Takano, T, K., Itioka, T., Nakagawa, M., Kishimoto-Yamada, K., Yamashita, S., Tanaka, O., Tokumoto, H., Fukuda, D., Kamoi, T., Kato Y., Nagamasu, H., Ichikawa, M., Momose, K., Nakashizuka, T., Sakai, S. 2012年10月24日~2012年10月26日 Land use change and loss of biodiversity in Malaysian Borneo. RIHN 7th International Symposium "Complexification and Simplification: Ecosystems, human health and lifestyle in Asia". Research Institute for Humanity and Nature.
31. Soda, R., Kato, Y. 2012年6月29日 Potentiality of oil palm smallholdings in rural communities in Bintulu, Sarawak. International Seminar on Riverine Society. Universiti Malaysia Sarawak, Kuching, Malaisya.
32. Kato, Y., Soda, R. 2012年6月25日~27日Socio-economic impacts of oil palm industry on rural communities in Sarawak, Malaysia. The 11th Borneo Research Council Conference. Universiti Brunei Darussalam, Bandar Seri Begawan.
33. 加藤裕美 2012年6月23日~24日「シハンにみる人と自然の関係のダイナミズム―マイノリティの視点からの一考察」第46回文化人類学会研究大会分科会『熱帯林と社会―サラワク民族誌研究の可能性』. 広島大学東広島キャンパス.
34. Kato, Y. 2011年12月8日 Dynamics of human activities and its impact on ecological resources in Malaysia. RIHN-NTU Biodiversity Colloquium. National Taiwan University.
35. 加藤裕美 2011年6月11日~12日「マレーシアにおける狩猟採集民の都市化と遊動生活の連続性」第45回文化人類学会研究大会発表要旨集p. 166. 法政大学市ヶ谷キャンパス.
36. Kato, Y. 2010年9月29日 Living in a Plantation: Rural Development and Ethnic Minority in Sarawak. Exchange Lecture on Culture and Society in Southeast Asia, University Malaysia Sabah.
37. 加藤裕美 2010年6月12日~13日「プランテーション開発と共に生きる―マレーシアにおける森林開発と在地コミュニティの対応」第44回文化人類学会研究大会. 発表要旨集 p.145. 立教大学新座キャンパス.
38. Kato, Y. 2010年3月29日~31日Utilization of rattans and transmission of knowledge for handicraft production. "Sarawak Biological Resources Forum. Pallman Hotel, Kuching, Malaysia.
39. Kato, Y. 2009年9月3日Relationship between wild animals and indigenous community in Malaysia: The important relation with bearded pig (Sus Barbatus). International workshop on the dynamics of ecological resource and human activity in tropical area: cases from Asia and Africa. Cameroun Ecological Millennium Museum.
40. Kato, Y. 2009年8月27日 Role of wild animals among the indigenous community in Borneo : The importance of bearded pig (Sus Barbatus) and its use. International workshop on The dynamics of ecological resource and human activity in tropical area: cases from Asia and Africa. JSPS Nairobi Research Station.
41. 加藤裕美 2009年6月6日~7日「マレーシア先住民社会における生計維持システムの多様性と社会ネットワークの構築」東南アジア学会第81回研究大会. 京都大学稲盛記念会館.
42. Kato, Y. 2009年2月20日 Life of the Sihan ethnic minority in Sarawak. invited lecture by Japanese association in Kuching. Azam Complex Kuching, Malaysia.
43. Kato, Y. 2009年2月18日 A “surviving ethnic minority” ? : One year experience of field research with the Sihan. Social Science Research Seminar Series. Universiti Malaysia Sarawak, Malaysia.
44. Kato, Y. 2008年8月5日~7日 Oral history of Sihan mobility and their relation with neighboring ethnic groups. The 6th International Malaysian Studies Conference “Engaging Malaysian Modernity: 50 Years and Beyond”. Crowne Plaza Hotel, Sarawak, Malaysia.
45. Kato, Y. 2008年7月29日~31日 Ethnohistory of Sihan subsistence and their concern with sedentarisation. Borneo Research Council 9th Biennial International Conference “Borneo on the Move: Continuity and Change”. Universiti Malaysia Sabah, Malaysia.
46. Ichikawa, M. , Kato, Y., Samejima, H., Koizumi, M. 2007年10月30日~31日 Indigenous knowledge and techniques in forest resource uses in Borneo. The 2nd RIHN International Symposium”Asian Green Belt: Its past, present and the future”. Mielparque Kyoto.
47. 加藤裕美 2007年6月16日~17日 「サラワク・シハン社会における野生動物の利用と市場経済への対応」 第17回日本熱帯生態学会年次大会講演要旨集 p.70. 高知大学.
48.加藤裕美 2007年6月2日~3日 「イノシシ猟をめぐる肉の経済性と分配-市場経済下におけるボルネオ・シハン社会の狩猟採集活動より」 文化人類学会第41回研究大会・分科会「狩猟採集民の生業文化の変容」. 発表要旨集 p.260. 名古屋大学.
49. 加藤裕美 2007年3月17日~18日 「ボルネオ島・シハンにおける資源へのアクセスと狩猟活動の変容」 第12回生態人類学会. 北九州大学.
50. Kato, Y. 2006年11月11日~12日 The use of forest resources for food and income in a Borneo hunter-gatherer community. Kyoto Symposium “Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies: Perspectives from Asia and Africa”. Kyoto University Clock Tower Centennial Hall.
51. Kato, Y. 2006年11月5日~9日 Use of forest resources and local biodiversity for food and cash income: Livelihood strategies in the Sihan Community, Sarawak, Eastern-Malaysia. The 10th International Congress of Ethnobiology. Dusit Hotel Chiang Rai, Thailand.
52. Kato, Y. 2006年7月31日~8月1日 Transformation of hunting-gathering activities and the strategy to market economy: a case of Sihan community in Belaga district, Sarawak. The 8th Borneo Research Council Conference 2006. Holiday Inn Hotel Kuching, Malaysia.
53. 加藤裕美 2006年7月15日「森林資源の利用をめぐる狩猟採集民の市場経済への対応-ボルネオ・シハン社会の生存戦略-」第9回早稲田大学文化人類学会. 早稲田大学文学部34号館.
54. 加藤裕美 2006年6月3日~4日「サラワク・シハンにおける野生動物への知識と利用の変化」日本文化人類学会第40回研究大会・分科会「民俗知識の諸相:アジア・アフリカ地域における民族生物学研究の展開」. 要旨集p.46.東京大学駒場キャンパス13号館.
55. 加藤裕美 2006年3月21日~3月22日「ボルネオ・シハン社会における食物摂取とマーケットへの対応」第11回生態人類学会. 千葉大学文学部.
56. 加藤裕美 2005年6月11日~6月13日「食材採集から見る地域住民による森林および森林産物利用-サラワク・シハンによる事例-」第15回日本熱帯生態学会記念大会講演要旨集p.46. 京都大学百周年時計台館.


〔研究会発表〕
1. 加藤裕美 2019年8月3日「ボルネオ島の森林開発と少数民族の生活変容」2019年度第2回学術教養センター研究会. 福井県立大学.
2 加藤裕美 2018年10月26日「マレーシアの狩猟採集民シハンの社会性」北陸人類学研究会第148回例会. Fスクエア(福井駅前).
3. 加藤裕美 2017年10月6日「インドネシア人のマレーシアへの越境と現地家族の形成」第2回「ミクロヒストリーから照射する越境・葛藤の共生の動態に関する比較研究」研究会. 六甲道勤労市民センター.
4. 加藤裕美 2014年5月19日「ラタン資源へのアクセスの変化とラタン工芸品についての知識・技術の形成」ラタン研究会. 京都大学東南アジア研究所東棟会議室.
5. 加藤裕美 2014年4月27日「何が遊動で何が定住か:ボルネオ・シハンの事例から考える」第7回「熱帯の『狩猟採集民』に関する環境史的研究―アジア・アフリカ・南アメリカの比較」共同研究会. 国立民族学博物館.
6. 加藤裕美、祖田亮次、Jason Hon 2014年4月19日「マレーシア・サラワクにおけるアブラヤシ小農の土地利用形態と近年の動向」第41回アブラヤシ研究会 京都大学稲盛財団記念館.
7. 祖田亮次、加藤裕美 2014年4月19日「アブラヤシ小農と土地利用/認識の変化と都市‐農村関係」第41回アブラヤシ研究会 京都大学稲盛財団記念館.
8. 鮫島弘光、加藤裕美 2014年4月19日「アブラヤシプランテーション拡大下での動物と人々の狩猟活動」第41回アブラヤシ研究会 京都大学稲盛財団記念館.
9. Kato, Y. 2014年2月18日Resilience of ‘hunter-gatherers’ socio-culture under the large-scale plantation development in Tropical Asia. 65th Hakubi Seminar. Kyoto University.
10. 加藤裕美 2014年1月24日「『野生性』の再考:マレーシア・ボルネオにおける動物に対する知識と実践」第63回東南アジアの社会と文化研究会. 京都大学総合研究2号館.
11. 加藤裕美 2013年12月8日「multi ‘ethno’ status of Riverine Society」平成25年度『東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究』全体研究集会. 京都大学東南アジア研究所.
12. 加藤裕美 2013年7月21日「ボルネオ狩猟採集民研究の動向」第5回「熱帯の『狩猟採集民』に関する環境史的研究―アジア・アフリカ・南アメリカの比較」共同研究会. 国立民族学博物館.
13. 加藤裕美 2013年5月18日「食べられる肉、食べられない肉-肉食概念のあいまいさと多義性」第3回「肉食行為の研究」共同研究会. 国立民族学博物館.
14. 加藤裕美 2013年4月28日「近くて遠い隣人-ボルネオのシハンにみる隣人との境界性」第3回「熱帯の『狩猟採集民』に関する環境史的研究―アジア・アフリカ・南アメリカの比較」共同研究会. 国立民族学博物館.
15. 加藤裕美 2013年3月30日「マレーシア・サラワクにおける狩猟採集民社会の変化と持続‐シハン人の事例研究」日本文化人類学会近畿地区懇談会博士論文発表会. 国立民族学博物館.
16. 加藤裕美、鮫島弘光 2013年1月27日「異なるランドスケープにおける人々の狩猟活動」平成24年度『東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究』全体研究集会. 京都大学東南アジア研究所.
17. 祖田亮次、加藤裕美 2013年1月27日「小農アブラヤシ栽培の可能性:マレーシア・サラワク州の事例より」平成25年度『東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究』全体研究集会. 京都大学東南アジア研究所.
18. 祖田亮次、加藤裕美 2012年12月15日「マレーシア・サラワク先住民社会におけるアブラヤシ栽培の動向―小農‐企業関係、RSPO認証、都市‐農村関係」」第31回アブラヤシ研究会. 同志社大学今出川キャンパス.
19. 加藤裕美 2012年12月3日「東南アジアにおける持続的な環境開発と先住民社会」第11回WIAPS研究会. 早稲田大学アジア太平洋研究センター.
20. 加藤裕美 2012年11月23日「ボルネオの狩猟民における『肉食行為』―社会・文化的視点」第1回「肉食行為の研究」共同研究会. 国立民族学博物館.
21. 加藤裕美 2012年11月9日「ボルネオの狩猟採集民シハンの資源利用と民族間関係」第1回「熱帯の『狩猟採集民』に関する環境史的研究―アジア・アフリカ・南アメリカの比較」共同研究会. 国立民族学博物館.
22. 鮫島弘光、加藤裕美 2012年10月31日「狩猟調査経過報告」異分野融合研究会.京都大学東南アジア研究所.
23. Kato, Y., Samejima, H. 2012年7月18日Wildlife and People’s hunting activity under Current Landscape in Sarawak. Research Seminar on “Planted Forests in Equatorial Southeast Asia: Human-nature Interactions in High Biomass Society”. Kyoto University.
24. 加藤裕美 2012年4月21日「食からみるボルネオの人と動物:人々の狩猟規制と禁猟政策」第66回民族自然誌研究会. 京都大学総合研究2号館.
25. 加藤裕美 2012年2月6日「熱帯雨林の動物と人:イノシシとプランテーション」ワークショップ『熱帯雨林から観える人間世界:ボルネオ島の諸相』総合地球環境学研究所.
26. Kato, Y., Samejima, H., Ichikawa, M., Soda, R., 2012年1月28日 Alternatives of Local People’s Subsistence Activity in Kemena and Anap River Basin. Annual Meeting on “Planted Forests in Equatorial Southeast Asia: Human-nature Interactions in High Biomass Society”. Kyoto University.
27. Soda, R., Kato, Y. 2012年1月28日 Oil Palm Smallholder in Tubau, Bintulu. Annual Meeting on “Planted Forests in Equatorial Southeast Asia: Human-nature Interactions in High Biomass Society”. Kyoto University.
28. 加藤裕美 2011年11月12日「マレーシア・サラワクにおける狩猟採集民社会の変化と持続‐シハン人の事例研究」科研(基盤S)『東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究』(代表・石川登)研究会. 京都大学東南アジア研究所.
29. 加藤裕美 2011年11月5日「狩猟採集社会の変化と持続‐マレーシア・サラワクの事例研究より」日本文化人類学会次世代育成セミナー. 京都大学稲盛記念館.
30. 加藤裕美 2011年10月24日「森林開発と村落における生業選択の関係」総合地球環境学研究所プロジェクト3-5「人間活動化の生態系ネットワークの崩壊と再生」全体会議. 総合地球環境学研究所.
31. 加藤裕美 2011年10月7日「マレーシア・サラワクにおける狩猟採集民社会の変化と持続‐シハン人の事例研究‐」京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士論文公聴会. 京都大学総合研究2号館.
32. Kato, Y. 2011年1月20日 Socio-Economic Impact of Plantation to the Local Community. UNIMAS-Kyoto Seminar “Planted Forests in Equatorial Southeast Asia: Human-nature Interactions in High Biomass Society”. CSEAS, Kyoto University.
33. Kato, Y. 2011年1月14日 Socio-Economic Impact of Plantation to the Local Community. Project Launch Workshop “Planted Forests in Equatorial Southeast Asia: Human-nature Interactions in High Biomass Society”. CSEAS, Kyoto University.
34. 加藤裕美 2010年11月12日「森林開発と地域社会の生業活動への影響―木材伐採とプランテーション開発を比較して」総合地球環境学研究所プロジェクト3-5「人間活動化の生態系ネットワークの崩壊と再生」全体会議. 総合地球環境学研究所.
35. 加藤裕美 2010年11月6日「木材伐採とプランテーション開発―サラワク・シハン人の対応より」第3回サラワク研究会. 総合地球環境学研究所.
36. 加藤裕美 2010年10月19日「東南アジアにおける大規模森林開発と地域社会への影響」第162回地球研談話会セミナー. 総合地球環境学研究所.
37. 加藤裕美 2010年10月13日「マレーシアにおける野生動物と人々の狩猟活動―開発や近代化の影響に着目して」第2回ASAFAS Graduate Student Conference. 京都大学総合研究2号館.
38. Kato, Y. 2010年7月10日 Resistance and Resilience of Local Community to the Oil Palm Plantation in Sarawak. 11th Oil Palm Research Seminar. Inamori hall, Kyoto University.
39. 加藤裕美 2010年6月25日「サラワクの森林開発と地域社会―商業伐採とプランテーションを比較して」第26回山村プロジェクトセミナー. 総合地球環境学研究所.
40. 加藤裕美 2009年10月10日「サラワクにおける森林開発と先住民の資源分配ネットワーク」第2回サラワク研究会『サラワクの森林開発をめぐる先住民の諸相』.総合地球環境学研究所.
41. 加藤裕美 2009年7月25日「ヒゲイノシシによって結ばれる社会 ―ボルネオにおける動物の分類、利用と技術―」民族自然誌研究会第56回定例会.京大会館.
42. 加藤裕美 2009年5月9日「マレーシア先住民社会における多様性と平等性―生業経済と社会ネットワークの分析より」東南アジア学会関西地区例会5月. 京都大学稲盛記念会館.
43. 加藤裕美 2007年10月25日「マレーシア・サラワク州における狩猟採集社会の開発と再編」第14回関西マレー世界研究会. 京都大学地域研究統合情報センター.
44. 加藤裕美 2007年10月6日「サラワク・シハンにおける森林産物利用」地球研合同ワークショップ『熱帯・亜熱帯林の世界―東南アジアの森で何が起こったか』総合地球環境学研究所.
45. 加藤裕美 2006年11月21日「サラワク・シハン社会における森林資源の利用価値-食物・現金収入としての利用に着目して-」総合地球環境学研究所プロジェクト2-2「持続的森林利用オプションの評価と将来像」全体会議. KKRびわこ.
46. 加藤裕美 2006年7月20日「熱帯雨林の資源をめぐる狩猟採集民社会の変容」第4回関西マレー世界研究会. 京都大学地域研究統合情報センター.
47. 加藤裕美 2006年3月18日「熱帯雨林における定住狩猟採集民の生計戦略-サラワク・シハン社会における食物資源の獲得と消費-」日本文化人類学会近畿地区懇談会修士論文発表会. 京都大学大学院人間・環境学研究科.
48. 加藤裕美 2006年3月11日「サラワクにおける定住狩猟採集民の生計戦略」2005年度第2回日本マレーシア研究会関西例会. 京都大学大学院教育学研究科.
49. 加藤裕美 2005年12月10日「ボルネオ島先住民Sihanとその自然利用-野生動植物の利用に着目して-」ボルネオ島先住民の自然環境利用研究会. 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所.
50. 加藤裕美 2005年12月6日「サラワク内陸部の狩猟民シハンによる野生動植物利用」総合地球環境学研究所プロジェクト2-2「持続的森林利用オプションの評価と将来像」全体会議. KKRびわこ.
51. 加藤裕美 2005年11月28日「狩猟採集民にとっての“獲得”と“消費”」第6回民族生物学研究会. 京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科.
52. 加藤裕美 2005年7月15日「食材採集から見る先住狩猟採集民の森林利用-サラワク州・シハンにおける事例-」2005年度第2回日本マレーシア研究会関東例会. 東京大学総合文化研究科.
53. 加藤裕美 2004年12月1日「ラジャン川上流シハン人の植物利用」総合地球環境学研究所プロジェクト2-2「持続的森林利用オプションの評価と将来像」全体会議. KKRびわこ.

主な社会・地域活動

〔公開講座〕
1. 加藤裕美 「マレーシアの熱帯雨林と少数民族の文化」福井県立大学公開講座『ケンダイワールドツアー』2019年11月5日.
2. 加藤裕美 「観光事業をどのように進めるべきか」福井県立大学公開講座『観光学の基本』第7回. ホテルエコノ福井.2018年7月27日(パネルディスカッサント)
3. 加藤裕美 「様々な形のエコツーリズム」福井県立大学公開講座『観光学の基本』第5回. ホテルエコノ福井.2018年7月13日.
4. 加藤裕美 「Explore Malaysia」"World Culture Explore Week" World Cafe, Fukui Prefectural University. 2018年6月25日.         
5. 加藤裕美「カルチャーツーリズムの魅力」福井県立大学公開講座『観光学の基本』第4回. ホテルエコノ福井.2018年6月22日.
6. 加藤裕美「熱帯の植物と人々の暮らし」第5回東北大学植物園公開講演.東北大学植物園講演室.2012年9月22日
7. 加藤裕美 Life of the Sihan ethnic minority in Sarawak. invited lecture by Japanese association in Kuching. Azam Complex Kuching, Malaysia.2009年2月20日.                      

〔メディア出演〕
2018年12月23日「世界駆けユニーク研究」福井新聞(研究紹介)
2018年6月30日 FBC福井放送ラジオ「ようこそ県立大学へ」出演                     
2014年7月1日 朝日新聞 京都版 教育2014 (京大「改革」の行方:)「金の卵」国内外から(研究紹介)

教育活動

担当科目 東南アジアの文化と社会、東南アジアの言語と文化(マレー語)、外国語特講B(インドネシア語)、観光学、宗教学、比較文化論、研究の世界、教養の最前線C(人類学)、導入ゼミ(初めての東南アジア)、教養ゼミ(東南アジア入門)、学術ゼミ(文化人類学)
オフィスアワー
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど 多文化共生、マイノリティ、狩猟、マレーシア、インドネシア、東南アジア、在日外国人

その他

学位:博士(地域研究)京都大学 2011年

〔競争的資金等の研究課題〕
1.「ボルネオの原生林保護と先住民コミュニティの自律的生存が両立する持続的管理の条件」日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)(研究分担者)研究期間: 2019年4月 - 2024年3月 代表者: 金沢謙太郎
2.「マレーシアにおける定住した狩猟採集民が現代的社会問題を克服するための実証的研究」日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究.研究期間: 2019年4月 - 2023年3月 代表者: 加藤裕美
3.「観光の文化資本と異文化交流」福井県立大学: 戦略的課題研究推進支援(研究分担者)研究期間: 2018年4月 - 2019年3月 代表者: 山崎茂雄
4.「福井在住ディアスポラの応用人類学的研究:コミュニティの創生とネットワークに着目して」福井県立大学: 学術教養センター競争的資金(Z枠)研究期間: 2018年4月 - 2020年3月 代表者: 加藤裕美
5.「小さな循環から生まれる資源利用による里山の問題解決手法」福井県立大学: 学術教養センター競争的資金(Z枠)(研究分担者)研究期間: 2018年4月 - 2020年3月 代表者: 石丸香苗
6.「グローバル化における『狩猟採集民』と『農耕民』関係の再考」科学研究費補助金若手(B)研究期間: 2015年4月 - 2019年3月 代表者: 加藤裕美
7.「ミクロヒストリーから照射する越境・葛藤と共生の動態に関する比較研究」京都大学地域統合情報センター: 共同研究(共同研究メンバー)研究期間: 2017年4月 - 2019年3月 代表者: 王柳蘭
8.「ボルネオ熱帯林における生態系サービスの変化要因:大規模社会学調査データによる検討」科学研究費補助金基盤研究(C) (研究協力者)研究期間: 2013年4月 - 2016年3月 代表者: 酒井章子
9.「肉食行為の研究」国立民族学博物館: 共同研究 (共同研究員)研究期間: 2012年10月 - 2015年3月 代表者: 野林厚志
10.「熱帯の「狩猟採集民」に関する環境史的研究―アジア・アフリカ・南アメリカの比較から」国立民族学博物館: 共同研究 (共同研究員)研究期間: 2012年10月 - 2015年3月 代表者: 池谷和信
11.「東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究」科学研究費補助金基盤研究(S) (研究協力者)研究期間: 2010年4月 - 2015年3月 代表者: 石川登
12. 「熱帯型プランテーション開発と地域住民の生存基盤安定」京都大学: 次世代研究者育成支援事業(白眉プロジェクト)研究期間: 2013年4月 - 2018年3月 代表者: 加藤裕美
13.「在来生業を考慮した開発プロジェクトの実現可能性―マレーシア先住民社会の事例研究」日本学術振興会: 特別研究員(PD)研究奨励費.研究期間: 2010年4月 - 2013年3月 代表者: 加藤裕美
14.「人間活動下の生態系ネットワークの崩壊と再生」総合地球環境学研究所: 研究プロジェクト(プロジェクトメンバー)研究期間: 2009年4月 - 2013年3月 代表者: 山村則男/酒井章子
15.「熱帯地域の生態資源と人間活動の動態」京都大学: 大学院教育改革支援プログラム院生発案共同研究.研究期間: 2009年4月 - 2010年3月.
16.「熱帯雨林伐採の展開によるマレーシア狩猟採集社会の再編と社会的ネットワークの構築」日本学術振興会: 特別研究員(DC)研究奨励費.研究期間: 2008年4月 - 2010年3月 代表者: 加藤裕美
17.「森林破壊によるマレーシア狩猟採集民社会の再編」財団法人 松下幸之助記念財団: 日本人留学助成金 「松下アジアスカラシップ」 (07-009).研究期間: 2007年10月 - 2008年3月 代表者: 加藤裕美
18.「熱帯雨林の生態資源をめぐる少数民族の共存戦略- サラワクにおける定住狩猟採集民シハン社会の生計維持機構」松下国際財団: 研究助成(06-006)研究期間: 2006年7月 - 2007年3月 代表者: 加藤裕美
19.「持続的森林利用オプションの評価と将来像」総合地球環境学研究所年: 研究プロジェクト(プロジェクトメンバー)研究期間: 2003年10月 - 2007年3月 代表者: 中静透/市川昌広