Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

今井拓哉いまいたくや

プロフィール

生年月日
所属 恐竜学研究所
職名 助教
研究室 (内線 )
E-mail t_imai (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト
最終学歴 博士(理学)
所属学会 日本古生物学会
Society of Vertebrate Paleontology
職歴 福井県立恐竜博物館(併任)

研究活動

専門 恐竜を始めとする絶滅爬虫類・鳥類の繁殖
中生代の原始的な鳥類
タフォノミー
研究活動の紹介 福井県勝山市や山口県下関市など、国内各地で発見された前期白亜紀の卵化石を研究しています。また、中国南部やタイ東北部の前期白亜紀の地層でも発掘を行い、現地で発見される卵化石を調査しています。これら前期白亜紀の卵化石を調べ、より後の時代の卵化石や現生動物の卵と比較することにより、恐竜を始めとする絶滅卵生動物の繁殖の進化を理解しようとしています。さらに、高精度X線CTスキャナなどの機器を利用し、化石や現生の卵を3Dモデル化し、様々なシミュレーションを試みています。
 また、福井県勝山市で鳥類の化石が発見されたことをきっかけに、前期白亜紀の非常に原始的な鳥類の分類や系統関係の理解にも取り組んでいます。国内での前期白亜紀の鳥類化石の産出例は非常に少なく、更なる化石を求めて毎年発掘を行っています。
 一方、タフォノミーと呼ばれる、生物が死んでから化石として発見されるまでのプロセスにも興味を持っています。現在では、福井県勝山市の北谷層で発見される恐竜などタフォノミーを理解することで、そのプロセスをさかのぼって当時の環境を復元することを目指しています。
キーワード 前期白亜紀 恐竜 鳥類 卵化石 繁殖 タフォノミー

主な著書・論文

Imai, T., and Y. Azuma. 2014. The oldest known avian eggshell, Plagioolithus fukuiensis, from the Lower Cretaceous (upper Barremian) Kitadani Formation, Fukui, Japan. Historical Biology 27:1090–1097.
Imai, T., D. Varricchio, J. Cahoon, and K. Plymesser. 2015. Sedimentological analyses of eggshell transport and deposition: implication and application to eggshell taphonomy. Palaios 30:435–445.
Azuma, Y., X.Xu, M. Shibata, S. Kawabe, K. Miyata, and T Imai. 2016. A bizarre theropod from the Early Cretaceous of Japan highlighting mosaic evolution among coelurosaurians. Scientific Reports 6:20478.
Imai, T., P. Jintasakul, Y. Azuma, Y. Noda, and D. Chokchaloemwong. 2016. First confirmed fossil turtle eggshells (oogenus Testudoolithus) from the lower cretaceous of Thailand. Memoir of the Fukui Prefectural Dinosaur Museum 15:1–6.
今井拓哉, 河部壮一郎. 2016. 福井で羽毛恐竜発見!日本の太古の翼のなぞを探る. Birder 2016年12月号:30–31. 文一総合出版.
今井拓哉. 2018. 下関市の恐竜卵化石~日本と世界における重要性~. 下関市立考古博物館研究紀要 22:1–12.
.Imai, T., Y. Tsukiji, and Y. Azuma. 2018. Description of bird Tracks from the Kitadani Formation (Aptian), Katsuyama, Fukui, Japan with Three-dimensional Imaging Techniques. Memoir of the Fukui Prefectural Dinosaur Museum 17: 1–8.
Jackson, F. D., W. Zheng, T. Imai, R. Jackson, and Jin X. Fossil eggs associated with a neoceratopsian (Mosaiceratops azumai) from the Upper Cretaceous Xiaguan Formation, Henan Province, China. Cretaceous Research 91:457–467.

主な社会・地域活動

社会活動
International Symposium on Asian Dinosaurs 2014 in Fukui. スタッフ.
日本古生物学会2016年年会実行委員会事務局. 局員
アジア恐竜協会 事務局員

教育活動
日本古生物学会2016年年会普及講演「恐竜卵研究について」. 講師. 2016.6.
徳島県立博物館連携博物館講座「福井で発見された恐竜の骨を観察しよう!」. 講師. 2016.8.
岡山理科大学付属高等学校SSH科学講演会「福井発!最新恐竜研究情報」. 講師. 2017.2.
名古屋市科学館講座「恐竜の卵 ~恐竜誕生に秘められた謎~」. 講師. 2017.12.
大阪市立自然史博物館恐竜の卵展講演会「「恐竜の卵」の深イイ話」. 講師. 2018. 4.
エンゼルランドふくいコミュラボ・コラボ「恐竜の脳を科学する」. 講師. 2018. 4.
白山手取川ジオパーク推進協議会「日本の恐竜時代の卵化石 ~手取層群から見つかる恐竜の巣作りの証拠~」. 講師. 2018.10.
放送大学福井学習センター平成29年度面接授業「恐竜の研究」. 講師. 2018.1.
放送大学福井学習センター平成30年度面接授業「恐竜を探求する」. 講師. 2019.1.

招待講演
Imai, T., and Y. Azuma. 2017. Review of fossil dinosaur eggs and eggshells from Japan: with remark on the recently-discovered specimens from Shimonoseki, Yamaguchi, western Japan. International Symposium on Dinosaur Egg Research and Exhibition. Zhejiang, China.
Imai, T. 2016. Learning from small pieces of eggshells. Dinosaur Reproduction(日本古生物学会2016年年会国際シンポジウム). 福井.
今井拓哉. 2017. 下関における恐竜卵化石発見の意義~恐竜卵化石研究の最前線~. 「発見!恐竜卵化石」開催記念講演会・ミニシンポジウム. 山口.
今井拓哉. 2018. 恐竜の繁殖. 放送大学福井学習センター開設20周年記念公開シンポジウム:福井県恐竜発掘研究の検証. 福井.

教育活動

担当科目 恐竜学 地学概論
オフィスアワー
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど 絶滅卵生羊膜類の繁殖 前期白亜紀の鳥類の分類 脊椎動物のタフォノミー

その他