Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

河部 壮一郎かわべ そういちろう

プロフィール

生年月日
所属 恐竜学研究所
職名 准教授
研究室 交流センター102号室 (内線 6002)
E-mail kawabe (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト
最終学歴 東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻 博士課程
所属学会 日本古生物学会
日本哺乳類学会
化石研究会
職歴 2013年から2016年 岐阜県博物館
2016年から2018年 福井県立恐竜博物館
2018年から 現職

研究活動

専門 脊椎動物の比較形態学
研究活動の紹介 鳥類、爬虫類、哺乳類における脳や内耳形態の幾何学的解析
キーワード 脳 内耳 CTスキャン

主な著書・論文

Kawabe, S., Tsunekawa, N., Kudo, K., Tirawattanawanich, C., Akishinonomiya, F., Endo, H., 2017. Morphological variation in brain through domestication of fowl. Journal of Anatomy 231 (2): 287–297.
(家禽化に伴う脳の形態変異について)

Kawabe, S., Matsuda, S., Tsunekawa, N., Endo, H., 2015. Ontogenetic shape change in the chicken brain: implications for paleontology. PLOS ONE 10 (6): e0129939.
(ニワトリにおける個体発生に伴う脳形状の変化:古生物学との関連について)

Kawabe, S., Ando, T., Endo, H., 2014. Enigmatic affinity in the brain morphology between plotopterids and penguins, with comprehensive comparison among water birds. Zoological Journal of the Linnean Society 170 (3): 467–493.
(プロトプテルム類とペンギン類における脳形態の類似生:水鳥類における脳形態の比較)

Kawabe, S., Shimokawa, T., Miki, H., Matsuda, S., Endo, H., 2013. Variation in avian brain shape: relationship with size and orbital shape. Journal of Anatomy 223 (5): 495–508.
(鳥類における脳形状の変異:サイズと眼窩形状との関係について)

Kawabe, S., Shimokawa, T., Miki, H., Okamoto, T., Matsuda, S., Itou, T., Koie, H., Kitagawa, M., Sakai, T., Hosojima, M., Endo, H., 2013. Relationship between brain volume and brain width in mammals and birds. Paleontological Research 17: 282–293.
(哺乳類と鳥類における脳の体積と幅との関係について)

Kawabe, S., Shimokawa, T., Miki, H., Okamoto, T., Matsuda, S., 2009. A simple and accurate method for estimating the brain volume of birds: possible application in paleoneurology. Brain Behavior and Evolution 74 (4): 295–301.
(鳥類における脳体積を推定する単純かつ正確な手法:古神経学への応用について)

主な社会・地域活動

教育活動

担当科目 恐竜学 地球生命史学 地学概論
オフィスアワー 月曜、金曜の16時から
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど 形態学 解剖学 古生物 博物館

その他

2009年 日本古生物学会2009年年会 優秀ポスター賞
2013年 東京大学大学院理学系研究科 研究奨励賞
2013年 日本古生物学会 論文賞
2015年 第15回日本地質学会四国支部総会・講演会 優秀ポスター賞
2017年 日本古生物学会第166回例会 優秀ポスター賞