Search教員情報検索
教員名、研究内容等でキーワード検索できます。

杉本 亮すぎもと りょう

プロフィール

教員画像

生年月日
所属 海洋生物資源学部 / 海洋生物資源学科
職名 准教授
研究室 海洋生物資源臨海研究センター研究員室2号室 (内線 0770-52-7305)
E-mail sugiryo (末尾に「@fpu.ac.jp」をつけてください)
ウェブサイト https://sugiryo.jimdofree.com
最終学歴 京都大学大学院農学研究科博士後期課程終了
所属学会 日本海洋学会
日本海洋学会 沿岸海洋研究会
水産海洋学会
日本陸水学会
日本惑星地球科学連合(JpGU)
米国陸水海洋学会(ASLO)
米国地球物理学連合(AGU)
職歴 2008.6 京都大学大学院農学研究科 研究員
2008.8 京都大学フィールド科学教育研究センター 教務補佐員
2009.4 福井県立大学 助教
2015.4 福井県立大学 講師
2017.4 現職

研究活動

専門 生物地球化学、海洋生物環境学
研究活動の紹介 大気圏・水圏・地圏の境界領域としての海洋生態系の機能と構造を研究しています。現在は主に、地下水湧出が沿岸生態系に及ぼす影響評価と評価手法の開発、越境汚染等による大気からの窒素降下物の増大が水圏環境に及ぼす影響の評価などを、国内外の大学や総合地球環境学研究所等の研究者と協力して行っています。
キーワード 水環境 沿岸生態系 物質循環 森里海連環 海底湧水 越境汚染 安定&放射性同位体

主な著書・論文

著書
・杉本 亮, 本田尚美 (2018) 沿岸海域における水と水産資源のつながり.地熱資源をめぐる 水・エネルギー・食料ネクサス. (編集:馬場健司, 増原直樹, 遠藤愛子), 近代科学社, 143-151.
・Honda H, Sugimoto R, Kobayashi S (2018) Submarine groundwater discharge and its influence on primary production in Japanese coasts: Case study in Obama Bay. Water-Energy-Food Nexus. Human-Environmental Security in the Asia-Pacific Ring of Fire.(Edited by Endo A, Oh T.), Springer, 101-115.
・杉本亮, 大河内允基, 山崎大輔(2017)沿岸海域に湧き出す地下水を可視化する方法. 水産学シリーズ185: 地下水・湧水を介した陸ー海のつながりと人間社会.(編集:小路淳, 杉本亮, 富永 修),恒星社厚生閣, 38-53.


原著論文(査読あり)※2010年以降
・Nakajima T, Sugimoto R, Tominaga O, Takeuchi M, Honda H, Shoji J, Taniguchi M (2018) Fresh and recirculated submarine groundwater discharge evaluated by geochemical tracers and seepage meter at two contrasting sites in the Seto Inland Sea, Japan. Hydrology 5, 61; doi:10.3390/hydrology5040061.
・Burnett K, Wada C, Taniguchi M, Sugimoto R, Tahara D (2018) Evaluating tradeoffs between groundwater pumping for snow-melting and nearshore fishery productivity in Obama City, Japan. Water 10, 1556; doi:10.3390/w10111556.
・小林志保、生田健吾、杉本亮、本田尚美、山田誠、富永修、小路淳、谷口真人 (2018) 山形県釜磯海岸における海底湧水の定量化と栄養塩環境への影響評価.水産学会誌, doi.org/10.2331/suisan.18-00020.
・Kobayashi S, Sugimoto R, Honda H, Miyata Y, Tahara D, Tominaga O, Shoji J, Yamada M, Nakada S, Taniguchi M (2017) High-resolution mapping and time-series measurements of 222Rn and biogeochemical properties related to submarine groundwater discharge along the coast of Obama Bay, a semi-enclosed sea in Japan. Progress in Earth and Planetary Science 4:6.
・Sugimoto R, Kitagawa K, Nishi S, Honda H, Yamada M, Kobayashi S, Shoji J, Ohsawa S, Taniguchi M, Tominaga O (2017) Phytoplankton primary productivity around submarine groundwater discharge in nearshore coasts. Marine Ecology Progress Series 563, 25-33.
・Sugimoto R, Tsuboi T (2017) Seasonal and annual fluxes of atmospheric nitrogen deposition and riverine nitrogen export in two adjacent contrasting rivers in central Japan facing the Sea of Japan. Journal of Hydrology: Regional Studies 11, 117-125.
・Utsunomiya T, Hata M, Sugimoto R, Honda H, Kobayashi S, Miyata Y, Yamada M, Tominaga O, Shoji J, Taniguchi M (2017) Higher species richness and abundance of fish and benthic invertebrates around submarine groundwater discharge in Obama Bay, Japan. Journal of Hydrology: Regional Studies 11, 139-146.
・Hata M, Sugimoto R, Hori M, Tomiyama T, Shoji J (2016) Occurrence, distribution and feeding habits of juvenile marbled sole Pleuronectes yokohamae around an area with submarine groundwater seepage on a tidal mud flat in southwestern Japan. Journal of Sea Research 111, 47-53.
・Sugimoto R, Kasai A (2016) Key biogeochemical processes evaluated by the stable nitrogen isotopes of dissolved inorganic nitrogen in the Yodo River estuary, Japan: Significance of estuarine nutrient recycling as a possible source for coastal production. Biogeochemistry 128, 1-17.
・Sugimoto R, Honda H, Kobayashi S, Takao Y, Tahara D, Tominaga O, Taniguchi M (2016) Seasonal changes in submarine groundwater discharge and associated nutrient transport into tideless semi-enclosed embayment (Obama Bay, Japan). Estuaries and Coasts 39, 13-26.
・本田尚美, 杉本亮, 小林志保, 田原大輔, 富永修 (2016) 小浜湾における一次生産過程の時空間変化.水産海洋研究 80, 269-282.
・山田誠, 小路淳, 寺本瞬, 大沢信二, 三島壮智, 杉本亮, 本田尚美, 谷口真人 (2016) 夏季の大分県日出町沿岸部におけるドローンを用いた海底湧水の探索.水文科学会誌 46, 29-38.
・杉本亮, 本田尚美, 鈴木智代, 落合伸也, 谷口真人, 長尾誠也 (2014) 夏季の七尾湾西湾における地下水流出が底層水中の栄養塩濃度に及ぼす影響. 水産海洋研究 78, 114-119.
・Sugimoto R, Sato T, Yoshida T, Tominaga O (2014) Using stable nitrogen isotopes to evaluate the relative importance of external and internal nitrogen loadings on phytoplankton production in a shallow eutrophic lake (Lake Mikata, Japan). Limnology and Oceanography 59, 37-47.
・杉本亮, 笠井亮秀, 佐藤専寿, 富永修 (2013) 安定同位体比を利用した河口・沿岸域における懸濁態有機物の挙動と物質循環解析. 沿岸海洋研究 51, 19-28.
・佐藤専寿, 杉本亮, 富永修 (2013) 安定同位体比およびC/N比から評価した小浜湾における堆積有機物の起源. 水産海洋研究 77, 1-9.
・Sugimoto R, Kasai A, Fujita K, Sakaguchi K, Mizuno T (2011) Assessment of nitrogen loading from the Kiso-Sansen Rivers into Ise Bay using stable isotopes. Journal of Oceanography 67, 231-240.
・Sugimoto R, Kasai A, Miyajima T, Fujita K (2010) Modeling phytoplankton production in Ise Bay, Japan: Use of nitrogen isotopes to identify dissolved inorganic nitrogen sources. Estuarine, Coastal and Shelf Science 86, 476-492.

主な社会・地域活動

・三方五湖自然再生協議会委員、同農法部会 副部会長(H23-)
・水産海洋学会 若手・女性・地域活性化委員(H28-)
・日本海洋学会 沿岸海洋研究会 事業部委員(H30-)
・日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同 FE・WCRP合同分科会Future Earth Coasts小委員会委員(H30-)

教育活動

担当科目 山川里海連関学, 保全生態学実習, 生物学実験など
オフィスアワー
相談・講演・共同研究等に応じられるテーマなど ・水圏の環境問題(富栄養化や貧酸素化の問題)
・山川里海のつながり(水循環や窒素・リンなどの生元素を介した連環)
・海底地下水湧出に関する研究
・安定同位体比を用いた研究(同位体分別などの基礎研究から食物網構造解析・生態系数値モデルへの応用研究まで)

その他

学位:博士(農学)(京都大学)
受賞:水産海洋学会論文賞(2007年度、共著者)、日本海洋学会奨励論文賞(2009年度)、水産海洋学会論文賞(2010年度、共著者)、水産海洋学会奨励賞(2012年度)